ミコトの生田目

September 07 [Wed], 2016, 13:50
実は、オリゴ糖は乳酸菌の増殖を助ける成分としてクローズアップされています。オリゴ糖を摂取した乳酸菌は活発になり、おなかの悪玉菌が増えるのを抑え、内臓環境を整調してくれます。乳酸菌とオリゴ糖は双方とも腸の機能を良くしたり、健康を維持したりするにはなくてはならない成分であるといえます。

便が出なくなると、体にとって不要なものが体の外に出ないため、口が臭います。


どのように毎食後歯ブラシをして、歯間ブラシ、マウスウォッシュを使用して口内のケアをしても、口臭は腸から胃を通過して不要なものを出そうとし、口臭を引き起こすのです。

このような状態の時、便秘が改善されると、口臭もあわせて改善されると言われています。

結構、ヨーグルトは便秘解消効果があるといわれますが、私が経験したのは、たくさん食べないと、あまり効果がない気がします。毎日1パック位食べて、お通じがようやくあるぐらいです。ヨーグルトを好む人はいいですが、好きではない人も、ジャムなどを入れて、可能な限り摂取すると効果アリです。


少し前に、インフルエンザになってしまって病院を受診しました。



どのくらいの潜伏期間なのかはっきりしませんが、インフルエンザにかかっている人と接触の機会があって感染してしまったのだろうと思われます。



3日間発熱し続け辛い思いをしました。高熱が出続けるインフルエンザは、通常ひくような風邪より苦しい思いをしますね。

息子がインフルエンザにならないための接種に伺いました。注射の瞬間は怖くて凝視できないのに、娘は6歳なのに、注射の針をじっと見て注射針を注入されています。予防注射の後は怖かったーと口にしていました。

必要以上に怖いんじゃないかな?と感じましたが、あまり話せませんでした。ツボで聞くことが多いのは、おへそから両側に指に2本分程度離れたところに天枢(てんすう)です。


他にも、おへその下5cmくらいのところにある腹結(ふっけつ)というツボも効果があります。
手首にも支溝と外関(がいかん)というつぼがございます。便秘の種類それぞれで効果的なツボは違うので、自身に適したツボを押すと改善につながるでしょう。
インフルエンザに感染したことがわかると学校の出席が5日間できなくなります。


インフルエンザに感染したとしても、発熱は数日で治まるので、登校する意欲がわいてしまうかもしれません。熱が下がったあとでも体内にウィルスはまだ残っており、他の人にうつしてしまうこともありえます。なので、お休み期間は守ることが感染を防ぐのに必要なことです。夜中に高熱になって、40℃ほどまで上がって健康を害したので、翌日受受診しました。


先生はインフルエンザが検査できますよとすすめられました。万が一、インフルエンザだったら、それに効能のあるお薬を処方してもらえるので、チェックしたいと念じました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:イッソウ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ebi0swmwlwj8es/index1_0.rdf