角松敏生でQさん(Qちゃん)

June 16 [Thu], 2016, 11:22
そもそも、インフルエンザは風邪と異質なもの耳にします。

その症状は、1日から5日程度の潜伏期間を経過して、すぐに高熱となり、その状態が3日から7日続きます。型によって、筋肉痛、腹痛や下痢など少々違いが見られます。時として、肺炎を併発したり、更に脳炎や心不全を起こすケースもあることにより、恐ろしくもある感染症です。



乳酸菌を取り入れると様々な効果があります。まず、腸内にいる善玉菌を増殖させて悪玉菌を抑え、内臓の環境をいい環境へと変えていきます。

その結果として、免疫の力が向上し、沢山の健康に対する良い効果が得られます。他にもアトピー性皮膚炎に対しても良い効果があったり、インフルエンザ等の感染症予防にも効果が期待できます。

乳酸菌はからだの健康をより良い状態にする効果が高いと言われています。


乳酸菌と言って考えられるのはカルピスです。

幼いころから、毎日飲用していました。


なぜかというと乳酸菌が含有されているからです。

私に毎朝、お母さんが出してくれました。そのため、私は便秘で苦しんだことがないのです。
きっと、カルピスを飲み続けていたので丈夫な体になりました。

乳酸菌が身体に良いものだということはわりと知られた事実ですが、実は有効ではない説もあります。この説も事実かもしれません。なぜかというと、当然、体質は個人差というものがありますし、乳酸菌はあくまでも菌であり、即効性が期待できる治療薬ではないからです。自分に合うかどうか確認してから判断するのがよいです。



便秘に効く食料品は、乳酸菌が含まれた、発酵食品といわれています。



ひどい便秘の方は、便が固く腸内に溜まった状態になってしまいがちです。


この状態を改善することで、、うんちを出やすくするため、初めに 水分と食物繊維を摂りながら、乳酸菌で腸内を整えるのがいいでしょう。腸内環境を整えていると肌の調子がよくなると聞いて、実際、ヨーグルト同様に味噌や納豆なども乳酸菌を含む食品らしいのです。「乳」とついていることから、てっきり乳酸菌は乳製品からしか摂れないと思い込んでいました。

何となくちょっと照れくさいです。屁による臭いに悩んでいる方は乳酸菌をとるといいのではないでしょうか。おならによる臭いの原因は腸内の悪玉菌にあるとされているのです。
ということで、腸の善玉菌を増やすことで、悪玉菌の増加を防止する効果があるといわれている乳酸菌を継続して摂取することでおならの臭いを相当、減らせます。近年は毎年のように冬になればインフルエンザが大流行しています。

年々予防注射を実施する人も増えていますが、都市部ではかなりの人数が感染しています。実際の感染の原因は色々考えられますが、特に電車や街中、仕事先など、大人数と空間を共にする場所で感染をしているのだと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:咲月
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ebesqneitrmmuo/index1_0.rdf