ウッチャンがBell

August 16 [Wed], 2017, 7:39
現在、比較的若い世代で咳が続く結核(けっかく)に抗えるだけの免疫、すなわち抵抗力の無い人々が増えていることや、自己判断のせいで診断が遅れることが素因のアウトブレイク・院内感染の発生頻度が高くなっているようです。
むねやけが特徴の逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことに加えてタバコを吸う事・アルコールの常飲・体重過多などのライフスタイルの悪化、ストレス等により、ことさら日本人に多い疾患なのです。
演奏会やライブなどの開催される場所や踊るための広場などに設置された特大スピーカーの近くで爆音を浴び続けて難聴になってしまうことを「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と言っているのです。
2005/02/01以降新しくトクホ(特定保健用食品・とくていほけんようしょくひん)の入れ物に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった注意喚起のフレーズの印字が各メーカーに義務付けられている。
お酒に含まれるアルコールを分解する特徴のあるナイアシンは、辛い宿酔に効果的です。苦しい二日酔いの大元とされている酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という化学物質の分解に携わっているのです。
不整脈である期外収縮の場合、特に病気ではなくても症状が現れることがあるのでさほど深刻な重病ではないにしても、発作が数回次々と起こるケースは危ないのです。
内臓脂肪が多いことによる肥満があり、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の摂取などによる「高血圧」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」のうち2個以上に相当するような健康状態のことを、メタボ(メタボリックシンドローム)と呼ぶのです。
UV-B波は、UV-A波に比べると波長が短く、オゾン層を通る際にその一部分が吸収されるものの、地上に届いたUV-B波は皮膚の表皮の内側で細胞のDNA(遺伝情報)を壊したりして、肌にとって悪い影響をもたらしています。
グラスファイバーで作られたギプスは、大変強靭で重くない上に耐久性があって、なんと濡れてもふやけないという長所があり、今の日本のギプスの中でも王道なのは間違いありません。
吐血と喀血はいずれも口腔からの出血に変わりはありませんが、喀血というものは喉から肺を繋いでいる気道(きどう)から出血する症状で、吐血は十二指腸より上部にある消化管から血が出る状態を表しています。
緊張性頭痛はデスクワークなどでの肩凝りや首凝りから生じる最も多いタイプの頭痛で、「頭をギューっと締め付けられるような頭痛」「ドーンと重苦しいような酷い痛さ」と言い表されます。
チェルノブイリ原子力発電所の事故に関する数十年に及ぶ被害者の追跡調査の結果をみると、成人と比較して体の小さい子どものほうが風に流されてきた放射能の深刻な影響を受容しやすくなっていることは明らかです。
トコトリエノールの作用の中では酸化を防ぐ働きが一番有名ではありますが、他にも肌をきれいに保つ作用や、血清コレステロールの産出を抑えたりするということが知られています。
スギ花粉症などの病状(水っ洟、鼻づまり、くしゃみ等)のせいで夜よく眠れないと、それが災いして慢性的な睡眠不足となり、次の日起きてからの行動性にダメージを及ぼすことがあります。
暴飲暴食、肥満、運動不足、遺伝、仕事などのストレス、加齢といった様々な原因が揃うと、インスリン分泌が鈍化したり、働きが悪くなったりして血糖値が高くなる2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病します。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:日葵
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる