オオクイナとBell

June 13 [Wed], 2018, 10:02
手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。


考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが自然な流れです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、特に手術後は、異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことで早めの対応をしていきましょう。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。
治療後、一見した感じでは、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優位に立ちます。



さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというのが痛いところです。


いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医でないとできないなら、国外までも探しにいくというのもありえます。インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。インプラント治療で、失った歯を取り戻すためにはそう簡単に断念せず、できるだけ幅広く情報収集することに努めましょう。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。

歯科医の腕と設備次第で、かなり困難なケースでも治療可能になっています。通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことを勧めます。保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。トータルで30万円から40万円と考えてください。
相場は地域によって異なります。歯科医院の規模や、歯科医の評判も費用の差になってきますので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療に取りかかることをすすめます。歯科医院決定に大事なのはインプラント治療経験者の口コミです。高い費用も、一括払いには限りません。

分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。一口にインプラント治療といっても、3ステップあると考えてください。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。



三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。


長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
確定申告の一項目として、医療費控除は収入から医療費を控除されます。


確定申告をするときの注意点として医療機関で必ず発行している領収書が医療費を払った唯一の証明ですからもらったものはしっかり取っておいて暦年で申告することになるので、保管しておいてください。



人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

埋入手術後はどの患者さんも違和感を生じるのが当たり前の反応です。


数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにここはぐっと我慢してください。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。大至急歯科医にかかってください。歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療後も快適な状態を維持するために不断のケアが求められます。



毎日丁寧にブラッシングすることによる完璧なプラークコントロールが必要で、定期的な検診を欠かさず継続する必要はずっと続きます。どんな堅牢なインプラントでも、ケアが十分でないと歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。


インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。
虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば上から冠のような形のクラウンをかぶせる治療ができます。

根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯もありますが、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サクヤ
読者になる
2018年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる