最高の化粧のりかも
2008.11.27 [Thu] 11:12

今日は、エバメールの口コミサイトで見つけた、私が個人的に共感できる感想をご紹介しましょう。きっとあなたにも参考になると思いますよ。

>>エバメール・トライアルセットの詳細


さて、口コミサイト・・・というのはズバリ楽天市場の購入者レビューのこと。ここの口コミはほんとにすごいですね。試しにエバメール以外の美容液や化粧品などの感想をチェックしてみると、ほんっとにみんな使って感じたそのままの感想をストレートに投稿しているんですね。

そこで、改めてエバメールの感想をチェックしてみたんだけど、もう、2700件以上の感想が投稿されているんですね〜。さすがは楽天市場の殿堂入りするだけのことはあります。もう、何年売れ続けているんだろう・・・って思うほどのロングセラーですね。

さすがにここまでロングセラーになるには、すくなくとも品質が高くないと無理なんでしょうね〜。どこかの、メーカーが販売している皮膚が再生する・・・って商品は過去すごく売れたみたいだけど、今や“あの美容液は今・・・”って感じの状態ですからね。

その点を考えてみると、エバメールはやっぱりいいです。割と商品のネガティブな部分を見てしまう私が使っても塗った後におもわず「あ〜、これいいわ〜・・」って言葉が出ちゃうくらいですから・・・。

もう、しばらくはエバメールのお世話になりそうな予感がしますね。


使用量が決め手かな・・
2008.11.26 [Wed] 14:53

私の愛用品エバメールですが、使用量を間違うと大変な目に遭います。これはエバメールに限ったことではありませんが、保湿系のゲルクリームではよくあることらしいですね。アットコスメなどの口コミサイトを見ても、“モロモロが出ちゃった・・・”という投稿がよく出てきます。

まぁ、私も初めて使ったときはモロモロが出ちゃったんだけど、これは単純に使う量の問題。多く塗っちゃえばそういう事態になっちゃうんですね。でも、今現在はというと、そんな事態になることは全くありません。

自分の肌にピッタリと合う分量が解りさえすれば、エバメールほど保湿効果の高いクリームは私の経験上、今のところは存在しません。もしかしたら、他にいい美容液などがあるのかもしれないけど、今のところは一番感動したのはエバメールくらいかな・・。

過去、某メーカーの潤い○○・・っていう高価なものを使ってたことがあるけど、それよりもいいです。潤い○○もエバメールに退けを取らないほどの品質だし、確かにお肌に良かったんだけど、コストパフォーマンスを考えると、果たして値段分の効果があったかどうか・・・・でした。

とにかく、このエバメール今冬は乗り越えられそうです。お風呂上がりに使うと翌朝もお肌がプルプルとして、触ってみたくなるほど・・・人によってはおもわず鏡で自分の顔を何度もチェックしたくなるほどかもしれません。

ただし、乾燥肌じゃない方にはこの感動体験を実感できないかもしれないことをお断りしておきますが・・・。

では、この辺で。

エバメールに決めました。
2008.11.25 [Tue] 16:21

いや〜、最近めっきり寒くなり、お肌が乾燥しやすい季節になってきましたが、あなたのお肌の調子は如何でしょうか?カサついたり、粉を吹いたりしていませんか?

私はというと、ここ最近はテレビや雑誌ですっかりと有名になってしまったエバメール化粧品を使い始めたことがきっかけなのか、すっごく調子が良い感じです。元々は別のメーカーさん(有名な・・)の保湿クリームを使ってたんだけど、保湿の持続時間に難ありで、不満があったんです。この当時からすでにエバメールは口コミでも話題になり始めてたんだけど、新しい商品に変えるのって割と勇気がいるんですよね。

だって、割と高めの値段だし、もし使ってみて余計に相性が悪いものだったらどうしよう・・・って。

でも、極度の乾燥肌ですし、毎年粉を吹いているくらいだから、口コミサイトでも評価が高いのなら一度くらいは試してみたい・・・そう思って、思いきってエバメールのゲルクリームを注文してみたんです。

で、届いたエバメールのゲルクリームを使ってみると、私の期待と想像のレベルを上回るほどの相性の良さでした。特に保湿の持続力といい、全身にも使える点といい、これまで私が使った保湿ケア用品としてはダントツのものでした。

ただ、やっぱり、ここには個人々のお肌のタイプが違うように、相性も違ってくると思います。どんなに好いものでも、合う合わないってのはありますからね。でももし、私と同じく粉を吹くくらいの乾燥肌に悩まれているなら、エバメールを試してみる価値はありますね。

少なくとも、ダイ○ーで手に入るようなモノとは大違いであることは確かです。私の太鼓判付きですから・・。

では、また次回の記事で・・。