ニキビを気にしているからといって洗顔をやりすぎると、実際

June 17 [Fri], 2016, 20:16

ヨーグルトがニキビには良くないとのように言われたり、逆に良いと言われたりとしますが、その手の情報の真偽は定かではございません。







特定の食品だけに頼っているのではなく、日頃からバランスの良い食事を心がければ、ニキビを予防することへと繋がると考えています。







ニキビというのは、若い子たちが使う言葉で、20歳を過ぎた人はニキビと言ってはいけないなんてよく聞きます。







この前、久々に鼻の頭にでっかいニキビがあったので、主人に、「ニキビ作っちゃった」というと、笑いながら、「まだニキビなんて言ってるの?」と、バカにされてしまいました。







ニキビというのは、すごく悩むものです。







ニキビができる時期は、たいてい思春期になりますから、ものすごく気にしていた人も多いと思われます。







ニキビはできる前に予防も大事ですが、薬で治すことも出来ます。







薬屋へと行き、薬剤師の方に相談すると、合う薬をすすめてくれます。







ニキビは誰でも出来るだけ早く解消させたいものです。







早めにニキビを改善させていくためにも、とにかく手で触れないようにするのが大切です。







雑菌が付いて汚い手で触ってしまうと、ニキビを悪化させてしまいますし、いじりすぎると肌が傷つくことになってしまいます。







寒くなってくると、乾燥を気遣って色々と皮膚のお手入れをしますが、それが反対に吹き出物の数が多くなるきっかけになっているように感じるときがあります。







いつもは利用しないような基礎化粧品などを利用することがお肌を刺激することになり、毛穴や炎症を生じさせて、冬でも吹き出物が出来てしまうケースがあるそうです。







ニキビがひどくなった時には、洗顔石鹸を使ってピーリングをしています。







初めてピーリングを行ってみた時には、肌がわずかにヒリヒリとしました。







それで、ちょっぴり怖くなってすぐに止めることにしたのですが、肌が正常になったら、そんなヒリヒリ感は消えて、キレイにニキビが改善できました。







それ以来、ニキビを見つけるとピーリングで治しています。







毎月、生理が来る頃になるとニキビになる女性はかなりいると思います。







嫌なニキビができてしまう理由として、ホルモンバランスの崩れ、肌が敏感になってしまうのと、特に生理が来るまえにはどうしても甘いものが無性に食べたくなったりするので、ニキビになることが少なくないのでしょう。







どうしてニキビができるのかという理由のひとつに、乾燥があげられます。







原因は肌の余分な油脂なんじゃないの?と疑問に感じている人も少なくないでしょう。







もちろん、余分な油脂がせいで毛穴が詰まるのも原因のひとつとなっているのは事実ですが、そう思って過剰に油脂を落としすぎてしまうと、今度は肌が乾燥しすぎて、それがニキビができる元凶となってしまいます。







ニキビは何度も繰り返しできやすい肌トラブルとなります。







改善したからといってバランスの悪い食生活や不摂生を繰り返していると、すぐ再発をしてしまいます。







ニキビができないよう予防するには、お肌を清潔に保つようにし、暴飲暴食といった生活をせず、睡眠をたっぷりと取っていくことが大事だと思います。







ニキビを気にしているからといって洗顔をやりすぎると、実際には必要な油脂まで落としてしまい、かえって逆効果になります。







どれだけ多くても洗顔は一日に二回程度にしましょう。







大事なのは洗顔料をしっかり泡立て、肌に直に手を触れずに、あくまで泡で洗顔をすること、さらに洗顔後は即保湿を行うことです。







毎日洗顔などで綺麗な状態にしていても、いつのまにかニキビができたということは誰にでも起きることでしょう。







ニキビを防ぐには、顔を洗って清潔を心がけるのは最低限ですが、偏りのない食事や質の良い睡眠といった体調の管理も大切になります。







アクネ菌がニキビの原因なので、メイク用のスポンジやフェイスタオルなどを他の人と共有で使用していたり、肌が直に触ってそのまま洗わないで放っておくと、他の人のニキビがうつる可能性も少なくありません。







また、自分のニキビを触った手で、顔の他の部分に触れると、ニキビがその場所に増えてしまうことがあります。







ひどいニキビに悩まされているからといって顔を洗いすぎてしまうと、必要となる油脂も落としてしまい、ニキビがひどくなる場合もあります。







どんなに多く洗っても顔を洗う回数は一日二度までにしておきましょう。







大切なのは十分に洗顔料を泡立て、お肌には直接手を触れずに、泡を使って顔を洗うということ、顔を洗った後にはすぐ保湿をすることです。







母親がすごくニキビ肌で、私も中学時代からニキビに悩み、二十歳を越えた現在でも、すぐにニキビができてしまうので、顔面のお手入れは意識してやっています。







また、三歳になる娘もすでに鼻周辺の毛穴に角質がつまり始めています。







不憫なことに必ずニキビ肌になりそうです。







遺伝は恐ろしいなと思いました。







実際、ニキビは、ものすごく悩みます。







ニキビの出始める頃というのはたいてい思春期ですから、気になってかなり悩んだ人もたくさんいたのではないかと思います。







ニキビはできる前に予防も大事ですが、お薬で改善していくこともできます。







ドラッグストアへと行き、薬剤師に相談をしたりすると、自分に合う薬を教えてくれます。







顔以外で、意外にもニキビができやすいのは背中だったのです。







背中は自分で見えないので、背中にニキビができてしまっても、気づけない場合があります。







しかし、背中のニキビでもケアをしっかりしなければ跡になってしまうかもしれません、気をつけましょう。







ニキビと食事は切っても切れないほどかかわっています。







食生活を見直すことはニキビが減ることにもつながります。







野菜中心のメニューで食事を採り、ビタミンやミネラルを意識して摂取しましょう。







野菜には食物繊維が豊富に含まれているので、便秘解消の見地から言っても、ニキビには効果があります。







角栓によって毛穴がふさがることが、ニキビの原因のひとつになります。







気になり、つい角栓を指で押しつぶして出してしまいますと、そこがニキビ跡になる原因となってしまいます。







角栓ができてしまわないように、また、悪くさせない為には、肌の保湿をしっかりすること、毛穴に余分な皮脂を溜め込まないようにすることが、大切なのです。







この時期は乾燥を心配して色々と皮膚のお手入れを行いますが、そのようにすることが逆に吹き出物の数が多くなる引き金になっているように思うことが時々あります。







通常は使わないような基礎化粧品などを使うことが素肌への刺激になり、毛穴のつまりや炎症を引き起こして、冬でも吹き出物が出来てしまうケースがあるそうです。







少し前、連続して徹夜をしてニキビだらけになりました。







私はすぐニキビができる方なので、わずかでも肌に負担を掛けるとニキビが発生するのです。







だから、たとえ忙しい時でも、できる限り早く寝てしっかりと睡眠時間をとるように気を配っています。







睡眠不足がニキビの最も大きな原因だと思います。








http://www.pokapoka-hidamari.com/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eb4bha8
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eb4bha8/index1_0.rdf