シリアスレンジャー / 2007年02月14日(水)
朝っぱらからどうも。
昨日はバイトで疲れて8時頃寝て今起きました。
久しぶりにリアルな嫌な夢見ました。
忘れたいけど何か忘れちゃいけないような気がするから忘れないうちに書いとこうと思います。


私には9月頃まで好きな人がいました。
つか同じ野球部だったんだけど;
もちろん私は野球部のマネージャーだし部内での恋愛は禁止っだたから自分の中で制御して気持ちを忘れるようにしてました。

それが高2の春の話

自分の中でその気持ちを忘れたつもりだったのに、バレンタインに部員全員に配ってる時とか妙にその人の時だけドキドキしたり;
今思えば全然気持ちを忘れることなんて出来なかったんだと思う。


高3の夏
私たちは引退して、3年生は受験生となり、夏休み中は誰とも連絡し合うこともなく、ひたすら勉強し続けた。

そして2学期の始まる9月
学校に行くと友達が大勢すごい勢いで詰め寄ってきて、発された言葉
「葵!あの噂本当!?」

「あたしショックで泣きそうになったんだけど!!」

「え?何?うわさって何」(←柚木)

「○○(←柚木の好きだった部員)と●チャンが付き合ったって話!!」

「…は?」(←柚木)

実際引退してから誰とも連絡を取っていなかった私はそんなこと知るはずもなかった

「えー?ないでしょー。だって○○だよー?」(柚木)

柚木の好きだった部員の○○はモテるくせに野球一筋で現役時代からどんなに可愛くていい子に告られても「今は野球にしか興味ないから」って言って断ると有名でした。

柚木はそんな彼にどこか安心していたんだと思います。

「あー!!」

「何?どした?」

「柚木!!あれ!!」

友達の指指す方を向くと廊下で楽しそうに話す彼と●チャン

「やっぱ付き合ってたんだー・・・」

「うわー○○君に彼女できるなんてショックー・・・」

「皆の王子様なのにねー」

「柚木どうしたー?」

「え?あ、うん。ごめん。いやービックリだねー」(柚木)




その時私はなぜかすごく微妙な心境だった。
仲良く話す2人の姿を見て「もう夢も見てらんないな」と思った。
元々忘れたつもりでいたからそこまでショックを受けることもなかった。

それでも2人で楽しそうにしている姿を見るたびに少し泣きそうになったりした。
でも、誰にも言わずに耐えてきた気持ちを人に知られてはいけないと必死に泣かないようにしていたのは今でも鮮明に覚えてる。


それから2週間後、学校で模試のある日。
科目によって受ける教室が違うため、彼とも会うことなく過ごしていた。



お昼休みまでは。




お昼休み、食堂で友達とご飯を食べて、試験場所の教室に帰ろうと廊下をゲラゲラ笑いながら歩いてる時だった。
タメの元野球部員達が廊下で遊んでいるのを横目に、気にせず友達と談笑して歩いていると○○がいきなり柚木と友達の間を割るようにして入ってきた。

「あのさ、ちょっと話あるんだけど」(彼)
「…え?あ、私?」(柚木)
「うん。ちょっといいかな」(彼)
「え、うん…。ごめん先行ってて」(柚木)
「あ、うん。」(友達)





「何?」(柚木)
「ここじゃちょっと。向こうの空いてる教室行こ」(彼)
「あ、うん。」(柚木)


彼の言う話が何なのか全く予想もできない私は混乱しつつも彼に従うことしか出来なかった。
教室に入ると、やたら至近距離で向き合った。
と言っても柚木のが身長低いため彼を見上げる形になった。

「あのさ」
「あ、うん」
「単刀直入に言うんだけど」
「何?」
「●に(彼の彼女)何か色々言ってるみたいだけど、そうゆうの止めてくんない?」
「…は?」

私は彼にいきなり言われた身に覚えもない言葉に呆然とした。
「柚木が気にいらないのはしょうがないけど、言いたいことあるなら俺に言ってよ」
私は訳がわからず、鈍くなった頭を一生懸命使ってその時の状況を理解しようとした
「私言ってない。それって誰が言ってたの?」(柚木)
働かない頭を使って最初に言った言葉がこれだった。
今思うと我ながらバカなことを聞いたなと思う。
「それは言えない」
「私、そんなこと言ってな…ぃ」
彼から少し外していた視線を戻すと睨み付ける様に私を見る彼がいた。
その瞬間、身に覚えもないことを言われ、イラついていた私は泣きそうになった。
「それでも、俺はそう聞いたから」
その言葉で「ああ、彼女に聞いたんだ」という無駄な確信と「私は信じられていないんだ」という嫌な考えが浮かんだ。
ここは絶対誤解を解かなきゃと思っていた私は、「泣いたら駄目だ」と思い俯いた。
「う、ん…。わかった…。」(柚木)
「じゃあそうゆうことだから」(彼)
彼はそういい残して教室を出て行った。
1人になった瞬間我慢していた涙が一気に出てきた。
でも頭の中で「早くしないと模試始まっちゃう」とゆう考えが浮かび早足で俯きながら教室を出た。
その時騒いでいた野球部員達が一瞬静かになったけど、泣いてる所なんか見られたくない私はそのまま小走りで試験場所まで行った。




結局座って試験を受けているにも関わらず、先ほどのことが頭から放れず、ずっと俯いて声を殺して泣いていた。
隣の人はもしかしたら気づくかもしれないけど全く知らない人だし、他の人たちにバレなければいいと思った。
それでも私の様子がおかしいと気づいた試験監督の先生が「トイレ行く?」と言ってきて、一刻も早く誰もいない所に行きたかった私は即頷いて、試験会場を出た。
300人以上いる教室の前の方の席で受けていたため、後ろに出口があることがとても憎らしかった。
俯いて早足で歩いても、視界の隅の方に泣いてる私を見て心配そうな顔や何事かと驚く部員達の顔が映ったが、そのまま足早に教室から出た。




その後結局試験も受けられず、泣きまくって、色々考えた。




全試験が終了するチャイムが鳴った時、目を真っ赤に腫らしつつも泣き止んだ私は彼が試験を受けている教室の前にいた。
生徒が出口から出てくるのを見ながら、私は彼が出てくるのを待った。
しばらくして、彼が他の野球部員達と談笑しながら出てきた。
他の部員は泣きはらした私を見て「お前どうした?」と聞いてきたがあえて無視をして彼に向かって話しがあると言った。
場の雰囲気を察した他の部員達は彼と私を残して去っていった。
「何?」(彼)
「さっきのことなんだけど。○○が私のこと信じてくれないならしょうがないけど、私本当にそんなこと言ってないから。」
この時私は彼の目を見ながらいつも以上にキッパリと強く言った。
いきなりの私の登場に驚きながら彼は呆然としていた。
「…うん。わかった。」(彼)
「うん。じゃあ、それだけだから」
最後まで表情を崩さず、強く言えた自分に拍手を送りたい気持ちを抑えつつ友達の待つ教室まで歩いた。





彼が私に強く言えないということはわかっていた。
元々人柄がよく、優しい彼が女の私に怒鳴りつけることすらありえないことなのだ。
そんな彼が私に対して怒りをぶつけてきたのは彼女のためだった。
彼女を守るいい彼氏。
傍から見ればそうなのだが、私にとっては悔しくもあった。
3年間ずっと一緒に頑張ってきた仲間だったのに、ここ1・2ヶ月で仲良くなっただけの彼女を信じたのだから。
結局仲間だと思っていたのは私だけだったのかと思った。
何がマネージャーだと思った。
私の2年間半はなんだったんだろうと思った。
2年間半休まず毎朝始発に乗って部員達より早く学校に行って、泥だらけになって、手がボロボロになるまで仕事して。


見返りのない愛情を与える


それがマネージャーなんだとはわかっていた。
それでも部員達のお母さんやお父さんから家でいっつも「マネージャーはすげぇよ。俺あんなこと絶対出来ない」って言ってるわよーと聞くこともあり、私達の愛情は伝わっているんだと思った。
面と向かって言われたことはなかったけど、そう思ってくれていたことが何よりも嬉しかった。


それでも引退してみればこれだ。
もう駄目だと思って諦めた。


その事件から今日まで、彼とは必要以上に話すこともない。
それでも彼からアドレスの変更のメールが来るのは彼なりの心遣いなんだと思うことにしている。
最近はよく、視線を感じると思い視線の先を辿ると彼がコッチを見ていて目が合うとお互い逸らしてしまうけど;
気まずい関係にはあるが、彼に対して特別な感情を抱くことはなくなった。
そんなこんなで最近は妄想やら空想やらに溺れる毎日。
彼のことなんか頭にも浮かばない。
平凡で有意義な毎日を送っていた。


そしてなぜか今、その夢を見た。
その夢の中で、私の目の前で話す●チャンと友達
●チャン「一時は嫉妬からくる嫌がらせもあったけど今はもうなくなったし幸せなんだー」
友達「そうなんだーよかったねー」
アハハと笑いながらも私を横目で見てくる●チャンに私はイラっときた
柚木「言いたいことあるなら言えば?」
友達「柚木?」
●チャン「そっちこそ言いたいことあれば言えばよかったじゃん!!」
柚木「意味わかんないんだけど」
●チャン「そっちが意味わかんないよ!!なにが『私はマネージャーだから、野球やってる○○を影で支えられればそれでいい』だよ!!笑わせんな!!」

プチンときた私は近くにある机を思いっきり蹴っ飛ばした。
そこでなぜか私の目の前から●チャンが消えていた。
柚木「あーうぜぇ!!」
イライラしながらドカッと椅子に座った私の斜め前に悲しそうに私を見る○○がいた。



そこで目が覚めました。
起きれば私は泣いていて、やけにリアルな夢のせいであの時のことを思い出し、大泣きしました。

どうして今日いきなりそんな夢を見たのかわかりません。
もしかしたら全然忘れられていないのかもしれないし、ただ偶然見てしまったのかも知れない。
ただ見た日がバレンタインデーというのがどうも引っかかります。
嫌がらせですか神様。
去年は100人を超える男子部員達にチョコをあげたのに今年は誰一人としてあげません。
もちろん学校がないんで、友達にあげる予定もなく今年は楽です。
お父さんに買ったチョコをあげて結局私が食べるという予定は組まれていますが。(ぁ

どっちにしろこの夢にどんな夢があるかはわかりません。
夢の最後に悲しそうに私を見る彼がどういう意味を表していたのかもわかりません。
それでも私がこの夢を見て思ったことは、卒業式までに普通に彼と話せるようになればいいなということです。
皆がどう思っていようと私にとって彼らは大事な仲間だから、仲直りしたいです。
 
   
今なんじぃ('A`)10:12/ 記事URL(ノv`$)
黒ヤギサnタラ読マズニタベター【0】
警戒レンジャー / 2007年01月24日(水)
バイト終わったー('Д`)



今日はバイトあたし以外いなくて死んだ('`)



普通にありえないだろ!!



バイト1人に任せて店長帰るってどう思う!?



閉店時間になったらレジ上げて、品上げもして、戸締りして・・・



普通にありえないから。マジで。



あ、ちなみに近所の個人経営のスーパーでバイトしてますbb



1分位で行けるんでグータラなあたしはそこにしました(・∀・){アハン



まぁ2月いっぱいまでやるつもりだったけど、あんな理不尽なバイトもうやめてやらぁ(怒



2月は学校ナイし、旅行とかいろんな所行って遊ぶし、派遣登録して適当にバイトします。



気力と体力だけが取り柄だし、1日働いたってどうってことないぜ(ノ∀`)σ・°・。






まぁバイトのことはいいとして・・・



あたし何年かぶりに身の危険を感じました(マジで



学校からの帰り道



あたしは部活を引退してからというもの、



仲のいいギャルグループ6人と帰ってるんだけど(あたしはギャルじゃないよ)



【やたらテンション高いし、面白いし、可愛いし(関係ない)で



なぜかものすごい意気投合してしまいいつの間にかこのグループに停滞】



  ↑



(普段あたしはグループに所属しないでいろんなグループの人と仲良くしてた)



そのグループの中心人物の女が最近やたら絡んでくるのさ('`)



そしたら今日駅のホームで



「やばい。あたし葵のこと好きかもしれない・・・」



と切なそうな顔して言ったのです



(・∀・)(・∀・)(・∀・)(・∀・)(・∀・)(・∀・)(・∀・)(・∀・)(・∀・)(・∀・)(・∀・)(・∀・)(・∀・)



え(・∀・)



「え!?ちょっまじキモぃから!!あたしそおゆう趣味ないから!!」



と他の子の隣へと急いで避難;



あまりにもいきなりでとても切なそうに言ったから皆も本気にして、



キモぃから!とかお前まじ大丈夫かよ!とか言って爆笑。(駅のホームの視線集中)



結局何だかんだで「お姉ちゃんみたいで好き」ということが判明し、ホッとしました(・∀・)



でもまじであれは心臓に悪かった



あたし男だったらたぶんコロッといっちゃったかもなぁ・・・



まじ顔だけはいいしね!!



即効家持ち帰ります(下品



何だかんだで皆あたしのこと好きでいてくれてるもいたいなんで安心です(・∀・)



卒業旅行はこのグループでどっか行きます!






だから2月は他のグループと遊びまくる!!!!



お金貯めなきゃなぁ・・・

 
   
今なんじぃ('A`)22:07/ 記事URL(ノv`$)
黒ヤギサnタラ読マズニタベター【0】
第88回全国高校野球選手権千葉大会 開会式 / 2006年07月08日(土)
ついにきました

第88回全国高校野球選手権千葉大会 開会式 当日


今日はメンバーに入れなかった3年生も一緒に皆で千葉マリンスタジアムに行きました

全然実感わかなかったけどマリンについた瞬間からドキドキした

見渡す限り球児ばっか!!

すごい熱気で頭クラクラした(ぇ

この中から1つの学校しか甲子園への切符を手に入れられないんだなぁ・・・

考えれば考えるほどスゴイことなんだなって思った('A`)

球場入ってなんとか1塁側に座る場所確保(*'`)ノ

でもこれが完全なるミス

うちゎ抽選番号最後の方だったから3塁側に行った方が見えたですよ('A`)

なにやってんだか・・・

 
 つづきぃぃぃヽ(*´∀`)ノアヘ  
今なんじぃ('A`)23:39/ 記事URL(ノv`$)
黒ヤギサnタラ読マズニタベター【2】
のっとたぃとる / 2006年05月30日(火)
最近自分の進路について色々悩んでる
最初はこれから先もずっと野球に携わってたいとかそぉゆぅのに関わる仕事したいとか考えてた
でも最近それだけじゃダメなのかもしれないとか考えたりして
色んな大学の学科調べた
ここに行けばいいんじゃないかっておもったりするけど
果たしてそれが本当に自分が行きたいところなのかわからない
それが自分の意思なのかもわからない



3日前に学校で模試があった


志望校調査書書いて1時間位自由な時間あってみんな席移動してしゃべったりしてた

あたしも適当な所の大学かいて1人で黙々と夏の大会用の鶴折ってた

そンな時思いついたこと

『あの人の調査書見てみよう』

うちの野球部は皆青学とか東海大とかそれなりに野球が有名な所狙ってて

あの人も2年の時は東海大志望だった

その影響であたしも東海大行きたいとか考えてた

それで他の志望大学はどこなんだろうという好奇心からあの人がいないのを見計らって勝手に見た

すごい楽しみでドキドキしてたのにそれを見た瞬間目が熱くなった

第一希望【東北福祉大学】

その大学の名前を見て思い出すことは私が高1でりょゥが高3の時の冬

大好きでしょうがなかったりょゥが野球をやるために行った大学

離れ離れになるのが嫌だったけど野球頑張ってほしかったから強がって行かせてしまった大学

あの大学にさえいかなければ私は今も幸せでいられたのかもしれない

名前すらもゥ聞きたくなかった

見たくなかった

そンな私にとって最悪な思い出しかない大学に

あの人も行こうとしてる

もちろん野球のために










あの大学は何で私の大切なもの全部奪うンだろゥ

大好きだった人もうばわれて

それから誰も好きになれなかった私

そんな私にやっとできた好きな人

その人まで奪うんですか?

絶対やだよ

行かないでなんで言えない

私が一方的に好きなだけだから

でも行ってほしくない

何でいっつもこぅなっちゃぅんだろ

私からもぅ何もとらないで

贅沢言わない

ただ傍にいるだけでいいから

これ以上何も望まないから
 
 つづきぃぃぃヽ(*´∀`)ノアヘ  
今なんじぃ('A`)23:14/ 記事URL(ノv`$)
黒ヤギサnタラ読マズニタベター【0】
卒アル写真撮影(ノv`$) / 2006年05月29日(月)
どぅもぇびでスヽ(*´∀`)ノ

今日高校の卒業あるばむの写真撮影いたしますた(○ノv`)

皆朝からそわA・・・

教室中が鏡見てたり化粧したり作り笑いしたりでかなり面白かったゎ【ぶh

とゆぅ自分もその仲間ですが【げh

つk

絶対ちゃnと写ってやろうと思って頑張って化粧したのに

普段学校で化粧しないからあnま調子のnないように頑張ったのに

同じクラスの野球部のせいですべて台無しでス【死

まぁこれ以上ゎ口には出さないけど

σ(・ε・●)的にしょっく満点でス('A`)

アアアぁぁぁァァぁァアアぁああァア亜ぁぁぁアア亜アあぁ

あたしゎあいつらにとってただのからかい道具にしかすぎなぃのよ.゜゜(ノД`)あ゛〜ん

何あのわけわからnテーマソング

とりあえず不意打ちビンタ食らわしといたんで今回は大目にみてやりまする(ノi`)

 
   
今なんじぃ('A`)23:00/ 記事URL(ノv`$)
黒ヤギサnタラ読マズニタベター【0】
初パーマ / 2006年05月19日(金)
どぅもぇびでス('`)p
今日ゎぉ友らちのありしゃしゃンと今ちまたで人気らしぃ美容院にいまスヽ(゚v`)ノ
うきゃきゃ ⌒(n'A`)n

今パーマちゅう
どきどきです ⌒(n'A`)n

明日また結果報告しまぁす
ヾ('v`@%)ノ
 
   
今なんじぃ('A`)18:58/ 記事URL(ノv`$)
黒ヤギサnタラ読マズニタベター【0】
幸せ不幸せ / 2006年05月18日(木)
久々にPCで更新bb

どゥもぇびでス('A`)

今日でテスト4日前でス

やヴぁぃでス

何もやってませン

ってゆゥか今はテスト勉強なんかよりダイエットに夢中でス【素

半身浴したりストレッチしたり筋トレしたり・・・

ダイエットブログ作ろうとしたり

何でこんなに焦ってるかって?

テスト終わったら卒アルの写真撮るらしぃでス【死

まずぃ

非常にまずぃ

 
 つづきぃぃぃヽ(*´∀`)ノアヘ  
今なんじぃ('A`)23:07/ 記事URL(ノv`$)
黒ヤギサnタラ読マズニタベター【0】
もやA 続き / 2006年05月17日(水)
【俺もうお前のこと一生迎えに行けない】最初ゎ笑うことしかできなかった。りょゥゎずっと黙ってた。その時りょゥがすごく憎いと思った。憎くてすごぃムカついてでも凄ぃ大好きで、もぅどうすればぃぃかわかんなくなって泣いた。それでもずっとりょゥゎ黙ってた。もぅ終わりだって思って泣きながら笑ってバィバィした。あの時嫌って言ったら何か変わっていたのかもしれなぃとか後悔したりしていた。過去の自分にムカついてしかたがなかった。奴と付き合ってあたしゎ素直になれたし初めて人前で泣いた。奴がいつもあたしに言ってくれた言葉。
 
 つづきぃぃぃヽ(*´∀`)ノアヘ  
今なんじぃ('A`)22:06/ 記事URL(ノv`$)
黒ヤギサnタラ読マズニタベター【0】
もゃA('`)p / 2006年05月17日(水)
気分でめったに出ない家の電話出たら元彼の母親からの電話だった。最近せっかく忘れてたのに何だよとか思ったらりょゥくン家に帰ってきてるらしぃ。そンでよかったら家遊びに来てって…。なんだそれって感じだね。別れてから1年4ヶ月ゎたつのに今更会えない。てか会ったら泣きそうだからやだ。
りょゥくンと初めて会ったのは中Aの時。その時りょゥくンゎ高校@年で県内でも有名な野球部だった。その時から付き合ってあたしが高@でりょゥくンが高Bの時別れた。大学野球の道を進むため東北の方の大学に行くために別れた。
 
 つづきぃぃぃヽ(*´∀`)ノアヘ  
今なんじぃ('A`)21:38/ 記事URL(ノv`$)
黒ヤギサnタラ読マズニタベター【0】
遠くて近い人 / 2006年05月15日(月)
まぢやばぃ。

部活終わって電車がくるまで時間あったから同じマネの子と2人で暇潰しに本屋
に行ったンすょ。
そんでスポーツ雑誌コーナーに行って高校野球の本を読みあさってた。
同じ歳なのにこんな有名になっててすごぃねなどと同じマネの子と言ってた時。
あるものを見て頭の中真っ白になった。
あの人の記事が載ってた。
あの人ってのゎあたしの好きな人。
すごぃ小さかったけどそれを見て自分のことのよぅに嬉しくて思わずニヤつぃて
しまった【ぇ
内容についてゎ詳しくここでゎ書けないけど、それをみてこの人が将来日本の野
球会を支えていく人なんだって考えたらすごぃ遠い存在の人なんだって思った。
雑誌に載って嬉しぃヶド、それと同時に不安と切なさがある。
このままドラフトとか引っ掛かって手も足も出ない存在になっちゃったらとか、
雑誌にもっと一杯出て女の子のファンがもっと増えるんだとか色々考えてしまぅ

もちろんドラフトに引っ掛かったらすごぃ嬉しいとか前ゎ思ってた。
でも実際に雑誌とかに載っちゃう凄い嫌な気分になった。
ますますあたしなんか好きでいる資格すらなぃなって思った。
近くにいるけどすごぃ遠い人。

 
   
今なんじぃ('A`)23:06/ 記事URL(ノv`$)
黒ヤギサnタラ読マズニタベター【0】
  | 前へ  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.