寺田とスパニッシュ・マスティフ

May 27 [Fri], 2016, 13:36
それと同時に体は『連携して動く』ことを覚えて、その動作がよりスムーズに効率よく行うことができるよう学習していきます。つまり文字通り【体で覚える】のです。
SIXPAD(シックスパッド)は腹筋を鍛えることができるabs fit(アブスフィット)と、腕や太ももや脇腹を鍛えることができる body fit(ボディフィット)の2種類が発売されています。
Electrical Msucle Stimulation【電気的筋肉刺激】の頭文字をとってEMSです。
しかしSIXPAD(シックスパッド)のEMSでは筋肉と筋肉、筋肉と筋膜、筋肉と神経の、それぞれの連携動作は強化されません。筋肉をつけるときに重要なこととしてあげられるのが、筋トレの最後に行う筋肉の追い込みです。
EMSは脳からの電気信号ではなく、器具によって信号を発生させ筋肉の収縮を起こさせるのです。終わりになってくると徐々にパワーダウンしていって、クールダウンしてくれます!今まで持っていたEMS機器は、パッドが本体と細い線で繋ぐもので、よく線がぐちゃぐちゃになって、そのうち使うのがイヤになっていました。つまり、普通の筋トレをした後に最後の追い込みとしてSIXPAD(シックスパッド)を使えば、効率的に筋肉を鍛えることができるというわけです。とてもいいEMS機器ができました!昔、アブトロニックという装着するだけで筋トレが出来るベルトが売られていましたが、あのタイプをさらに改良・改善したものと思ってくださって結構です。

ただ、アブトロニックは悪い製品ではないのですが、当時の技術では最大限の効果を出すことが出来ず、また「振動が強い」「装着したが重い」といった課題も出ていました。

勝手に筋肉が動いてくれたら、勝手に運動してることになるので便利じゃない?とつくられたのが、EMSマシンという健康器具ですね。
筋肉が収縮運動をしますのでトレーニングになります。
これは、自分で動かそうがEMSで動かそうが、筋肉の収縮運動に違いはありません 。ロナウドの替わりにあの割れまくった腹筋など肉体美を晒し『SIXPAD』をつける姿はシュールだ、海外でも「ああこれが日本だ」「イケメンだね」「こんな白いか?」「ちょっとスタローンぼくないか?」など余り似ていないとの意見が多数。ロナウドは「みんなが情熱を持って取り組んでくれた、似てるかな?似てる筈だよ」と心使いを感じるコメントを寄せている。
低周波数を与えることによって筋肉を刺激し、装着するだけで筋肉トレーニングを行ったのと同じ効果を得られるため、いま非常に話題になっている筋トレグッズです。

ウォーキングは健康・ダイエットにとって効果的なトレーニングですが、どうしても「筋力をつける」「お腹を引き締める」といった効果が弱いです。

そこで、SIXPAD公式でも紹介されている『SIXPADをお腹に装着しながらウォーキングをする』という組み合わせ方式によって、ウォーキングの健康効果とSIXPADの筋トレ効果両方を得ることが出来ます。

sixpadで鍛えるのは、筋肉のうちでも速筋(そっきん)と言う部分なのだとか。

SIXPADとウォーキングの組み合わせは、一度の運動で有酸素運動と筋トレを組み合わせられるベストな運動と言えます。通常、筋肉は脳の指令によって活動をしますが、SIXPADは装着部分に電気信号を与えて、身体を動かすことなく筋肉を鍛えることが出来ます。主な特長として、お腹周りや二の腕、ふくらはぎ、太ももなど、男性&女性問わず、気になる部位を効率的に鍛え、引き締まったボディへと導きます。



この感覚的なことに関しては、体験してもらうのが一番早いです。こういった細かい部分にもこだわれているのを感じるのが嬉しいですよね!ソフトシリコンを採用しているので、触り心地も気持ちいいし、柔らかいため身体にフィットしやすい!この製品は、従来のEMSトレーニング機器とは全く違う、世界最高峰の技術と理論やノウハウを詰め込んだアイテムになります!腹筋専用のAds Fit(アブズフィット)の専用ケースのサイズ自体の大きさを比較すると、A4の紙より小さいです。撮影では今回の「SIXPAD」の魅力を引き出すためその鍛え上げられた肉体美を存分に披露いただき、「SIXPAD」によって刺激された筋肉が動く様にスタッフからは思わず感嘆の声が漏れました。

昨日にくらべて、今日がどうということはないんですが、結局、この実感できない日々の積み重ねが、いつのまにか64日経ってみると、開始前からこんなに変わっていたという感じです。


「SIXPAD」は、独自のEMS(電気的筋肉刺激)テクノロジーにより、効率的に筋肉を鍛え、美しいボディラインを作り上げるウエアラブルトレーニングギアです。
イメージキャラクターのクリスティアーノ・ロナウド選手が製品開発段階から参加し、彼のトレーニングメソッドを取り込んだ本製品は、薄型・軽量・コードレスという手軽さで、いつでもどこでも持ち運べ、効率的に美しい肉体をつくり上げます。音もないし、痛みも感じません。太ももに貼った方は、腕のようにビクビクすることはありませんでした。
これまでのEMS機器では、50〜60、70Hzほどの周波数を使っていたのですお腹はじめ、ウェストや太もも、二の腕につけてスイッチを入れるだけ、というEMS筋トレ機器、SIX pad。


その効果や痛みはあるのか、気になる方も多いと思います。裏側に電気を通す、6枚のジェルパッドを貼って、お腹に貼って、スイッチを押す。そして、貼っていた箇所が、熱くなってきます。



そのうち、不思議な振動を感じます。



私の場合、腕にかすかに電流がきているのかな、という程度でした。SIXPAD(シックスパッド)は身体のどの部分を鍛えられるのか?SIXPADにはABS(アブス)と呼ばれる腹筋専門に鍛えるEMSとBODY(ボディ)と呼ばれる、二の腕やウエスト回り、ふくらはぎ、太ももの速筋を鍛えるEMSがあります。自分の目的によって購入を考えるといいのですが、私は腹筋を鍛えるアブスの刺激が忘れられないのでさっそく購入してしまいました!SIXPADを購入したら、あまりの軽さや薄さに、出張先や旅行先にまでもっていってしまう人も出てくることと思います。ただ、私は外では筋トレはしないし、さすがに旅行先にまでSIXPADは持っていこうとは思わないと思います(笑)歯磨きしているときとか、ぼ〜っとテレビを見ているときとか、本を読んでいるときに使用します。
EMSの刺激が気になって集中することができないと思うかもしれませんが、意外と集中できるので大丈夫です(笑)ビックリしたのが1日1回しか使用してはいけないということ!逆に言えば、1日1回だけのSIXPADの効果があるように作られているということ。1日に何回もエクササイズをするのは疲れますが、1日1回だけ、さらにお腹に貼って押すだけなら、めんどくさがりの私でも長く続けられるなと思いました。SIXPADの良かったところは、装着が簡単にできて、電源の入れ方もかんたん♪大げさではなく、SIXPADを素早く装着してトレーニングを始めることができます。SIXPADを身に着けることができたら、+(プラス)のボタンを2秒間長押しすると電源が入ります。
逆に-(マイナス)のボタンを2秒長押しすると途中でも止めることができます。



電源が入ったら、プラスのボタンでレベルを上げることができるので、レベルを上げていきます。。レベルは1から15段階あります。残念ながら、何レベルかは表示がないので、自分でプラスボタンを何回押したか覚えていないとダメなようです。

プラスボタンをどれだけ押したかわかりませんが、体がビクッとするほど効いているのがわかります。今回アブスSIXPAD、ボディーSIXPADのどちらも使用したのですが、どちらともレベルを上げ過ぎると体がビクッとするほど刺激があります(でも痛くありません)だから、通勤のときはレベル3ぐらいで軽いしておいて、エクササイズ感覚で使った方がいいなぁと思いました。逆に家で使う時は、レベル10以上で汗をかくぐらいにがっつりとやりたいと思いました。
MTGさんから7月7日に販売したSIXPADですが、誰よりも早く体験できたので、その感想を書きたいと思います。まず、シックスパッドですがテレビのCMや雑誌に載っている通り、EMSという低周波を利用した筋トレ器具です。

今までの某〇〇社のEMSは痛いという口コミや、あまり効果がなかったという口コミに比べて、SIXPADは20Hzという低周波(低周波は本当はものすごく痛い!)にかかわらず、痛くないんです。シックスパッドを見て、触って驚いたのが、とにかく薄くて軽いんです。

おそらくA4のノートよりバッグに収まりやすいと思います。

これなら、出勤中にEMSで筋トレをしながら、会社ではバッグにいれて、また家に帰る最中にEMSで筋トレをしながら帰ってもOKです。



SIXPAD(シックスパッド)は、なんで痛くない理由は何なのか。

EMSの器具は、色々な会社から出ていて、中には痛くないEMSもあります。

ただ、痛くないEMSというのは、あまり実感のないEMSということが多かったようです。

EMSのトレーニング効果の高い低周波の大きさというのがあって、低周波が小さければ小さいほどエクササイズの効果が高いと言われています。
ただし、低周波にすればすれるほど、その低周波が痛いそうです。
だから、80HzのEMSは痛くないけど、あまり効果がない。



30HzのEMSは、効果は高いけど、すごく痛いというメリットもデメリットもあるものだったそうです。

今回のSIXPADの低周波は20Hzなのに、全然痛くありませんでした!SIXPADに使われている低周波は、CMMパルスという波形をだそうで、この低周波の波形にすると20Hzにしても痛くないそうです。
悪い評判の書き込みに限って、嘘でも関係なく信用される傾向になるのがこれまた見る側の情報リテラシーのなさを象徴しているのかなっとも思います。
やっぱり、腹筋が割れることばかりを意識しすぎているからでしょうけども、お腹全体をしっかりアプローチすることで、お腹周り全体のプニプニ退治が効率化するわけですから、もっと攻めの気持ちで、お腹の横も意識しなくちゃですね。


もちろん、お腹周りのプニプニが減ってきたとか、そういうのは、なんとなく自分で実感しやすかったですけど、そこは僕にしてみたら第一目標ではないので、特別気にしてなかったわけですけどね。

SIXPAD(シックスパッド) BodyFit(ボディフィット)は、AbsFit(アブズフィット)に比べて、パッドは少ないですが、一つのパッドが大きい分、刺激がつよいので、低レベルで設定して使用しています。ともあれ、本当に、もう一分張りで腹筋が割れそうなので、心折れずにこのままSIXPAD(シックスパッド)生活をまい進していきたいと思います。本当によく効いて吊りそうなくらい良い感じの刺激をいつも貰っています。腹筋にしろ、お腹のクビレにしろ、このSIXPAD(シックスパッド) AbsFit(アブズフィット)とSIXPAD(シックスパッド)BodyFit(ボディフィット)のコンビネーションは欠かせないなっと思います。



SIXPAD(シックスパッド) BodyFit(ボディフィット)は、パッドは二つだけですが、パッドが6個ついた腹筋専用のAbsFit(アブズフィット)より、一つのパッドが大きい分、その刺激は、同じレベルでもかなり強いです。
駄目なものを駄目というのは、健全だと思いますし、僕もユーザとして手に入れて損したと思うものとかは、ボロッカスに言う方ですから、良い・悪い関係なく、そういう素直な意見であれば、非常に価値があると思うんです。明らかに使っていないだろうと思われる人のいい加減な情報とか、意図的に悪評を垂れ流すような情報って、いただけません。
シックスパッドのアマゾンレビューの書き込みで指摘もありましたが公式ショップであれば模造品をうっかり正規品と勘違いして購入してしまったりしません。販売間もない商品ですが、クリスティアーノ・ロナウド選手が来日して開発の段階から関わってきた商品であると出演先のTV番組などで紹介したせいか、販売サイト品切れ状態で公式サイトですら出荷が遅れているようです。

二の腕のプルプルといえば、ファッション的に露出する機会が多い傾向のある女性の方が何とかしたいと思われている人が多いかもです。なるべくシックスパッドの運動効果について中立的な目線で、判断したいのでユーチューブなどの動画サイトで、女性・男性それぞれがSIXPAD Abs Fit(シックスパッドアブズフィット)を利用している動画を幾つも見てまわってみましたので、その見解も含めて考察してみます。



パッドを貼り付けている二の腕の部分だけでなく、腕全体がSIXPAD(シックスパッド)の電気刺激に併せて、つられて動いてしまうくらいよく筋肉が動きます。

電源がボタン電池なので電池代がかかります。

これも1ヶ月程の交換頻度のようです。使用しているボタン電池は100円均一でも買えるタイプなので気になる値段ではないです。マイナス点はそれぐらいだと思います、ダイエットサプリなども買い続けるので、それよりは安くずっと続けていけますし、何より簡単で続けやすく、体重を落とすだけでなく筋肉を鍛えることができるのでリバウンドしにくい非常におすすめのダイエット商品です。
男性でもレベル5くらいで終わった後、腕がだるいた〜いくらい効くんじゃないかと思います。

SIXPAD(シックスパッド)が届いた7月7日の発売日から使用して3週間が経ち、久しぶりに体重計に乗ると63.7Kgあった体重が60.1Kgになっていました。
マイナス3.6Kgです。(※効果には個人差があります)出力レベルは、人によって違いますが、目安として腕や足はレベル5ぐらい、お腹はレベル12ぐらいです。SIXPAD(シックスパッド)の出力レベルを強くすると下層の筋肉にまで届くので深部の筋肉まで鍛えることができます。SIXPAD(シックスパッド)の出力レベルが低すぎると筋肉が動きませんので、まずは筋肉が動き出す出力レベルから始めるといいです。慣れたら少しづつ出力レベルを上げていく感じです。

ちょっと裏技的な話ですが、男性で腕を太くしたい!!という人は、このSIXPAD(シックスパッド)BodyFit(ボディフィット)と併せて、狭い手幅で腕立て伏せも行うとより効果的ですよ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Souta
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eattiuqlyru5re/index1_0.rdf