競馬と文化

May 17 [Thu], 2012, 17:37
競馬は単なるギャンブルとしてだけではなく音楽や文学、絵画や彫刻などの創作活動の主題として取り上げられたり、社会制度にも入り込んで一連の馬事文化を形成してきた。

特にイギリスでは活躍した名馬の肖像画も多く残されており、その姿を現代に伝えている。

日本では寺山修司らによる競馬を主題とした文芸作品もある一方、競馬漫画や競馬ゲームといったサブカルチャー作品も多く発表されている。

娯楽が多様化するに従って競馬に対する大衆の関心は薄まっていったが、時折現れるアイドルホース(大衆的な人気を得る馬)によって大衆的な関心が再燃することがある。

日本での代表的な例に、20世紀のハイセイコーやオグリキャップ、21世紀初頭のディープインパクトなどがいる。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:umauma
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eatnails/index1_0.rdf