越川がヘルマンミヤマクワガタ

August 04 [Thu], 2016, 15:52
新卒や既卒で介護士としての就職先が決まらず困っている話を聞きますが、もしかすると、年齢制限によって落とされているかもしれません。求人広告や求人サイトには年齢制限の記載がない場合がほとんどですが、実際には介護施設側が採用年齢をあらかじめ決めている場合もあります。

中でも30代から介護士を始めた、という方の場合は厳しいケースが多いです。
看護士と介護士、発音は当然同じですが、それぞれ漢字表記にすると、この二つになります。

昔は看護士と書くと男性を、女性を表すのは看護婦という風にはっきりと分けられていたのです。でも、2001年に法律が変わったことを契機として、男女とも使える「介護士」としてひとくくりにされることになったのです。
どういった場合に、介護士がもっとも仕事のやりがいを感じるかといいますと、回復して退院した患者さんが、わざわざ改めて、介護施設まで足を運び、挨拶をしにきてくれた時でしょうか。



それから、患者さんの家族の人たちに感謝の気持ちを伝えてもらった時なども、介護士になって良かった、と実感します。よく知られている通り、仕事自体は本当に大変なので、充実感とかやりがいを感じなくなったなら、きっと辞職しようと願ってしまうでしょう。
介護士と言えば、勤務時間中はとにかく仕事に追われることが多いのですが、必要とされる度合いがとても高いですし、大きなやりがいを得られる仕事の一つです。


病棟のある介護施設では当然、24時間体制ですから、介護士も介護施設に24時間いることになり、業務は日勤と夜勤という形に人員を交代させながら業務につくことになります。


夜勤のある仕事ではどうしても、生活リズムを上手にコントロールできなければ睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。



少々手間もあるのですが、利点が多い介護士の能力評価については、実行している介護施設がほとんどのようです。

個人ごとの能力を測定し、評価をつけられるよう、評価基準を独自に作って利用している所もあるそうです。
そして、この能力評価を月に一度の定例にしている所もあり、一年に一度だけということもあります。介護士は、こうして定期的な評価を受けることで、今の自分がどんな段階にあるかを知ると同時に、不足していることが何かを知ることができ、自分の仕事に正しい評価を得られる喜びもあり、現場では好評のようです。夜勤でどうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤のみの職場に転職するのも良いでしょう。重要なポイントとして、今までの夜勤手当といった割増賃金が入らなくなるので、どうやっても夜勤のある介護士と比較して結果的に給料が減ることがあります。今後の人生設計や体調を考えて、年収が下がっても、転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。



どこの介護機関でも介護士は不足していることが多いため、介護士の転職は比較的かんたんです。
まず履歴書を、転職を希望する介護機関に提出して書類選考を受け、これに合格した後、面接という流れになるのがふつうです。

この面接において、自分がこれまで勤めてきた職場における経験や持っている技能について質疑応答を織り交ぜつつ、話すことになるでしょう。しかし、介護士としての能力と同様に、性格的な部分や、職場にスムーズに適応できそうか、という面もしっかり見られています。

技能や知識のみならず、人としての良い面をみてもらうことができれば、上出来です。
数年ほど、介護士として働いているのですが、気がついたことと言えば、介護士は喫煙者である割合がとても高く、また、飲酒の習慣を持つ人も多いようです。喫煙者が肩身の狭い思いをするような世の中になってきて、少しずつ介護士の世界でも喫煙する人は減ってきたようですが、他業種と比べれば、まだかなり喫煙率は高いようです。そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、介護士たちの飲み方、酔い方は阿鼻叫喚とは言いませんが、そこに白衣の天使はいません。


あまりにも普段からストレスをため込んでいるからだと、自分でもわかりますので、こんなことで発散できるのなら、ぜひそうして欲しいと願うのでした。
介護士の資格を取得するには一般的に二つの方法があります。


それは、看護専門学校に行く方法と看護大学に行く方法です。学習内容にそう変わりはありませんが違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した介護士の方が有利で、貰えるお金の面でも、専門卒よりやや良いでしょう。
対する看護専門学校の場合のメリットは、大学よりも安い学費で済み、実習に多くの時間を割き、そういった経験を生かして即戦力になれるというところです。

介護施設で介護士として働いていた知人は、病気になってしまって、その療養のためにしばらく介護士を辞めていました。

しかし、完治させた後は、復職して昔と変わらず介護士として勤務しているのです。多少のブランクでも、役に立つ資格があったら早々に復帰できますね。再就職に苦労した経験があるので、資格を取っておけばよかったと思っています。あなたは「介護士」と聞くとどのような印象を受けますか?別名「白衣の天使」ということからも大体の場合には、好意的な印象を与える仕事であると思います。とは言え、介護士がどのように働いているかを考慮してみると、収入はそこそこあるとはいっても、その実は、夜勤や長時間残業の毎日を送っている介護士も多数いるのです。



たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、介護士が実際どのような働きをしているのかを知ってほしいと思います。なぜ介護士をやるのかといわれたときに、とても現実的な理由としてお給料を多くもらえるということがあると思います。例えば、一年目の給料で見てみても同じくらいの年の、企業に就職した人たちと比べて、高めだといえるでしょう。しかしながら、給料を多くもらうということは、それだけ自分の知識や技術を磨いて、少しずつでも患者さんに対して還元していく使命があります。
昔の介護士といえば、女性が担うものというイメージがありました。ですが、近年は介護士の名称が一般的に使われている事からも分かるように、男性が働くことも珍しくありません。


介護士に求められる能力を考えてみると、介護士に関する変化は、時代の流れとして自然なものだと言えます。

母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった要素も、介護士にとって大事なポイントになっています。働き方を色々と変えることも可能な介護士ですが、それでも、殆どの人は介護機関で働いているわけです。介護士といえば介護施設で働くもの、というイメージがありますが他でも、介護士の仕事は色々あります。職場となるのは、介護施設、保育園、大きな企業内などです。こういった所で介護士として働く人は大勢いて、人気のあるところなどは、採用されることが難しい場合もある、ということです。

つまり介護士であれば、介護施設ではなくても介護士として仕事ができる場所はたくさん有ります。



自身の生活が変わっていくのに合わせて最もやりやすい仕事をするため転職をしていくということが可能です。数年前までは介護士というのは女性の職業と思われがちでしたが、近年では徐々に男性介護士も増加しています。


実際の看護の現場では、患者を移動させる時や入浴介助等、力仕事も少なからずあるので男性介護士の活躍する場面は多々あります。お給料に関していうと女性とは変わらないのですが、出産や育児のために休職するということがありませんから、その分より職業的な高みを目指していけるということです。昼夜を問わず介護施設で働き患者の状態を見る必要のある介護士は絶対に夜勤が必要になる職業です。夜勤といっても、どのような時間帯になるのか気になりますよね。それは、勤める介護施設が2交代勤務か3交代勤務かによって変わります。
2交代勤務の場合、勤務時間が17時間近くなります。一方の3交代勤務では時間的に過密なスケジュールが組まれてしまうケースも珍しくありません。


就職しようとしている介護施設がどのような勤務形態なのか調べておきましょう。


他業種と比べると、かなり高給取りの部類に入る介護士ですが、もっと収入を得たいと考えて、Wワークに挑む人もいます。一般的なほかの職業とは違って、ツアーナースやイベントナース、健康診断、人間ドッグのサポートというようなその日その時の単発ものから、短期の仕事も多くありますので、休みの日を利用しての副業というのは、比較的行ないやすいのです。ただ、本業の介護機関において休みをきちんと取らせるためにも、Wワークを禁じているところはありますし、何と言っても、介護士の仕事そのものが大変な激務なので、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。正社員として働く介護士もいれば、パート勤務を選ぶ介護士もいます。正社員の場合は月給制で、もしパートなら、給料の支払いは時給計算になるでしょう。



では、パート介護士の時給はいくらくらいか見てみると夜勤なし、日勤のみだと1300円から1800円といったところが普通のようです。単にパートの時給としてみるとかなり高額だと思える人もいるでしょうけれど、介護士として、人命にかかわる業務をこなし、日々、厳しい環境に身を置いていることを考えると、どうしても安く感じてしまいます。海外で介護に携わる者として何かできる事がないのかと思案している介護士の方もいるでしょう。実際に、海外において日本の介護士を求める声も増えていて、病気で苦しんでいる人を救うことの出来る介護士が必要になっています。

海外で介護士とし働くためには、患者とやりとりをするうえで英語が必要不可欠なのです。



介護士として海外で働きたい場合、英語をしっかりと学ぶべきでしょう。
入院設備のある介護施設に介護士として勤務するときには、基本的に夜勤は必ず付いてきますので、子持ちの介護士からするとかなりの悩みどころとなっている場合が多いです。

未就学児であれば、24時間いつでも預かってくれるような保育所を探したり、介護施設に託児室があるのなら、そちらを使うということもできます。
それでも、子供が小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。ですから、パートで働く形に変えていくという介護士も少なからずいます。
介護士の仕事と言っても多岐に渡りますが、中でも注射や採血は介護士の代表的な仕事ではないでしょうか。
注射されるのが好き、なんていうタイプは稀なタイプだと思いますが、注射されるなら痛みが少ないようにお願いしたいですよね。とはいえ、注射をするのも個人の技術の如何によってしまいますから、介護士によって上手い下手があるのは当然で、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。
この辺りは運としか言いようがありませんね。
オン、オフの期間を調整できて、興味があってしてみたい、という仕事をかなり自由に選択可能、というのが介護士という資格を、派遣という形の労働で生かすことを選んだことによる、なかなか得難い利点かもしれません。


仕事は、単発のものや短期のもの、長期で働ける方歓迎、というものもあって自分の条件に合わせて選ぶと良いですから、介護士の仕事を探しているのであれば望めば派遣で働くこともできる、ということも考慮に入れて職を探すのも一つの手です。思い返してみると、私が介護士になりたいと思ったのはまだ中学生の頃に、職業体験というものがあったのですが、介護施設を訪問し、そこでの介護士さんの働きぶりを見て感動したのがきっかけです。



大人になったら、こういった職業で働いていきたいというように思い続けてそこから看護学校へ進み、介護士になることが出来ました。

大変なこともあるのですが、充実した日々を過ごしています。

入院できるような大きい介護施設の介護士の仕事内容は、外来勤務と病棟勤務で大きく違ってきます。

なので、病棟勤務の経験しかないのであれば、別の仕事先に移ったとしても、慣れている病棟勤務になりやすいようです。


そして、もし何か得意な技能があることを、採用される際に伝えておけば、考慮され、それを活かせる場所で働けるようになるはずです。そうなるとつまり、夜勤をぜひ希望したいということなら、ほぼ病棟勤務ということになるでしょう。行なう業務の難易度などによっては給金が変わることを頭に入れつつも、希望する点を相手にしっかり伝えるのが、双方にとって有益なことです。

介護士は他人の健康や時には生命に関わる仕事であり、緊張の糸を切らすことがなかなかできず、これが続くとどうしても自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。



ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、メンタルの部分にもかなりのプレッシャーがあるということです。ストレスを和らげ、自らをケアする手段を知り、実行しているかということも、介護士というハードな仕事を続けていくためには重要視した方が良いようです。看護の仕事を行なう上で、特に大事で外せない業務として、業務の引き継ぎを行なう必要があり、これが申し送りです。入院患者さんの状態、変化、医師の指示など、看護の業務に必要な諸々について勤務終わりの人が勤務始めの人に報告説明する決まりです申し送りでは、大事な情報がもれなく相手に伝わり、理解してもらえるように、簡素に正確に話すようにします。

あまり時間をかけず、要領よくこなすということもとても大事なことです。仕事そのものがかなりの激務、というのはその通りなのですが、介護士をしている人の寿命がとても短い、というようなことはありません。



ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、寝不足や疲労から体調を悪くしたり、ストレスを溜めたりすることは多いようです。ところで介護士であるからには、それなりに介護についても学んできて、詳しくもなりますから、医師の患者に下す診断内容を推測してみたり、そのうち、自身の身体や健康のことなども異常を察知したり、勘が働いたりするようになる人もいます。



交代制勤務や夜勤の仕事、煩雑な業務に外見のチェックまで多くの仕事がある介護士ですが、特別に気を配る必要がある仕事が、申し送りです。入院中の患者さんについての状態を全て理解して、きちんと交代する介護士に伝える必要があります。



伝言程度で終わるケースもよくありますが、病状や処置に関する情報については間違いがないよう、慎重になる必要があります。

医師も介護士も主に病気の人と接する仕事ですが、この二つの異なる点といえばなんでしょう。
大きく言うと、お医者さんは患者さんの診察を行い、適切な治療を行い、健康を維持するためのアドバイスをしたり適切な薬を出すことが主な業務とされます。対する介護士の仕事は、医師に指示されたときに、医師が診療を行う際に、その補助をすることや患者さんのケアをするということが中心です。
近年、日本においてはインドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、聞いたことのある方も多いと思いますが、いわゆる外国人介護士候補生の受け入れを実施中です。



けれども、候補生は日本語で出題される介護士国家試験を受験して、もし、3年以内に受からなかった場合、自分の国に帰らなければなりません。


就労中に日本語を学び、また、国家試験に受かり介護士となるために勉強までしなければならないということで、大変シビアであるようです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルヒ
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eaticliesvirgd/index1_0.rdf