には、日本通信のMicro SIM(VAIO Phone専用の音声通話+デー

March 28 [Sat], 2015, 19:09

iphone6ケース


iphone6ケース


iphone6ケース


真っ黒なボディー、丸くなった鼻先、なんとも愛らしいデザインの「TOUCH DOG」。さわると、「ぷにゅっ」とやわらかい鼻先には、導電性のあるシリコン樹脂が使われていて

、まるで指で操作するようにiPhoneやiPadに入力できるタッチペンだ。カフェなどで、テーブルに出して置いておけば、周りの人の視線と一緒にペットの視線も集められそ

う!?

■iPhoneのデザイン性を隠さずに補強できるカバー
シャネルiphone6ケース
 男心をくすぐりそうなメカニックなデザインの「Radius」は、iPhone6とiPhone6Plus専用のカバー。アップル製品の美しいデザインや質感を隠したくないという人にオスス

メだ。従来より大きくなったiPhone6だが、これを付けておけば、手の小さい女性でもひっかかって持ちやすくなるという。外でマップアプリの確認をしていても、これなら落

とす心配も少なくなりそうだ。

■商品名:アイフォン6 ケース ヴィトンブランド携帯モノグラム革革メタルロゴ★ 4.7インチ★iphone6携帯ケース


■対応機種:iphone6 iPhone6Plus


■ご注意: ※パソコンの環境によっては写真の色味が実際の商品と少し異なる場合があります。ご了承下さい。


※携帯本体は付属いたしません。 ※サードパーティ製品


※只今は送料無料



 今、流行のウェアラブル端末のひとつ「UP」は、腕につけているだけで寝る?食べる?動くなどの生活リズムを記録する。iPhoneなどのスマートフォンと同期させれば、デー

タを分析してくれるので、生活の見直しに役立つアイテムだ。洗練されたデザインだから、ビジネス?プライベートなシーンで身につけていてもOKだ。腕輪タイプはちょっとイ

ヤという人には、コンパクトなクリップタイプの「UP move」がオススメ。
新品gucci iphone6 ケース
 新生活がスタートするシーズンに、「新しく出会う人とちょっと差をつけたい」と思うあなた。オシャレなiPhoneグッズでライフスタイルをちょっとグレードアップしてみ

よう!ユーザー視点の辛口評価で知られる戸田覚氏が、半年にわたって使い続けているiPhone 6 Plusの満足している点と後悔している点をレポートする。

【詳細画像または表】
シャネルiphoneケース コピー
 iPhone 6シリーズが登場したのが昨年の9月。いまだに「6と6 Plusのどちらを選んだらいいだろう」という声は少なくない。僕は発売日にiPhone 6 Plusを購入したのだが、

よく売れているのは「6」のようだ。そこで今回は、実際にiPhone 6 Plusを半年ほど使い続けた結果、満足している点と後悔した点を紹介していこうと思う。

 のっけから余談で恐縮だが、iPhone 6 Plusの購入と同時に、アップル製の革製ケースを装着した。iPhone 5sに装着した赤の革ケースが汚くなり過ぎた反省から、iPhone 6

Plus用は茶色を選んだ。黒でもよかったのだが、ゴールドの本体カラーには茶色が合うと思ったからだ。予想通り、革は汚れてきて、エイジングが仕上がってきた。

 これを汚らしいと見るか、味と思うかは、それぞれの判断だろう。知人から「いい色になりましたね」と言われたこともある。だが、正直に言ってしまうと個人的にはちょ

っと汚らしいと思う。そろそろ新しいケースに買い換えようかと思案中だ。

 「6 Plus」は、「6」に比べるとケースの選択肢が少ないのは残念だ。本来はケースなしで使いたいのだが、仕事柄、本体を撮影することが多いので傷を付けられない。今回

は、実際に使っている様子をご覧いただきたいのでケースに入れた状態で撮影していく。

 さて、注目したポイントは以下の3つだ。
iPhone6 エルメス
●iPhone 6 Plusは本体が大き過ぎる?

 半年間使い続けた今でも、iPhone 6 Plusは手にしっくりこない。感覚的に握りづらい大きさなのだ。とはいえ、今となっては、本体が大き過ぎるという感じはしない。逆に

、iPhone 5sあたりの画面を見ると小さ過ぎて使う気になれないほど6 Plusの大画面に慣れてしまった。

 僕は画面の大きな「GALAXY Note Edge」も利用しているので、日常的に2台の巨大なスマートフォンを持ち歩いていることになる。しかし、どちらも問題なくポケットに収ま

るので、困ることはまずない。さすがにシャツの胸ポケットに入れる気にはならないが、ジャケットの内ポケットやデニムの尻ポケットなら余裕だ。
6Plusケースシャネル
 入手当初の記事でも触れたように、片手でのフリック入力は非常に厳しい。ATOKのように画面の脇に寄せられる日本語入力システムを使えば多少改善できそうだが、大き過

ぎて持ちづらいことには間違いない。

 逆に、フルキーボードによるローマ字入力なら、画面が大きくて快適だ。どちらにしろ、僕がスマートフォンで長文を入力することはまずない。出先でも常にパソコンやタ

ブレットがあるので、そちらを使うからだ。iPhone単体で使うことが多く、フリック入力を利用している方には、本体の小さいiPhone 6をおすすめする。
グッチ iPhone 6ケース
 また手書きアプリを使う際には、画面の大きさをとてもありがたく感じる。例えば、2文字ずつ手書きできるメモアプリの「手書きメモ帳」なら、紙のメモに近い速度で書き

込める。
 携帯電話業界では、世界最大のイベントとなるMobile World Congress(以下、MWC)。その年の業界全体の動向を占う上で見逃すことのできない重要なイベントだ。今年も

スペイン?バルセロナで、3月2日から4日間にわたって開催された。
人気ブランド携帯カバー
 昨年のMWCは、中国メーカーを中心に主に新興国に向け、低価格スマートフォンを提供するための取り組みが大きな盛り上がりを見せていた。それに対し、今年は何が盛り上

がっていただろうか。現地での取材を振り返ってみたい。

 最も注目が集まるであろうスマートフォンに関しては、各社とも引き続き力は入れていたものの、競争軸は、フラグシップ端末からミドルクラス端末へ移っているという印

象が強かった。実際、このイベントに合わせてフラッグシップモデルを発表したのはサムスン電子とHTCのみ。ソニーモバイルコミュニケーションズやLGエレクトロニクス、ノ

キアの携帯電話事業を引き継いだマイクロソフトらが発表したのは、いずれもミドルクラスの端末であり、このクラスにおける大手メーカーの競争が激しくなっていることが

分かる。

 中国メーカーの元気の良さも継続しているが、注力しているのは、やはりミドルクラスの端末のようだ。ZTEは5インチディスプレーとオクタコアCPUを備えたミドルクラスの

新機種「Blade S6」を発表。SIMフリーモデルとして日本市場向けに投入するとしている。またレノボは、ドルビーのサラウンド技術「Dolby Atmos」を搭載した「A7000」や、

1600万画素カメラを搭載し、デザイン面でもカメラを意識した「Vibe Shot」を発表。いずれも日本への投入は不明だが、特徴ある機種を豊富に揃えているのが分かる。

 iPhoneなどハイエンドモデルが主体の日本で、こうしたミドルクラス端末の動向が市場に直接大きな影響を及ぼすわけではない。だが、こうした中から、ZTEのようにMVNO向

けとして日本市場に端末を投入する向きが増えてくる可能性もあるので、日本通信とVAIOは3月12日、両社の協業によるAndroidスマートフォン「VAIO Phone」を発表した。製

造元は日本通信、VAIOはデザイン中心に監修を行った。2015年3月20日に発売する。
アイフォン6シャネル
【そのほか、VAIO Phoneの画像多数】

 携帯通信網を持たずに移動通信サービスを提供するMVNOの老舗として格安のSIMやスマホに取り組んできた日本通信と、ソニーから離れて2014年7月1日に新会社として生まれ

変わったPCメーカーのVAIO。2014年12月25日に両社がVAIOブランドスマートフォンの投入を予告した際は大きな反響を呼んだが、それから2カ月半がたち、ついにその姿が明ら

かになった。

 VAIO Phoneの価格と販売方法については、24回分割払いと一括購入の2種類を用意。24回分割払いの場合は音声通話+上限のない高速定額プランを合わせて月額3980円、音声

通話+データ通信容量1Gバイトのライトプランを合わせて月額2980円、端末一括購入は5万1000円となる(いずれもbマーケットの税別価格)。

 格安スマホと比べると高めの価格設定だが、iPhoneやXperiaのハイエンド層と、ローエンド層の間に位置するミドルレンジ層を狙うという。そう考えると、この価格帯にな

るのだろう。もちろん、VAIO PhoneはSIMロックフリー端末だ(ただし、付属のMicro SIMはVAIO Phone専用のもので、他端末で使えない)。
人気iphone6ケース
 2015年1月30日に行われた日本通信の決算発表会では、VAIOスマホの外箱だけが公開され、散々じらされてきただけに、“箱の中身”への期待が膨らんでいる方も少なくない

だろう。まずは「デザイン」にこだわったというVAIO Phoneのボディをじっくりご覧いただきたい。

●ついに“箱の中身”が明らかに

 VAIOロゴを大きく配した黒い外箱をいよいよ開封。撮影したVAIO Phoneの箱には、スマホ本体、マニュアル類、ACアダプタ、USBケーブルが入っていた。このほか実際の製品

には、日本通信のMicro SIM(VAIO Phone専用の音声通話+データ通信を用意、ドコモXi/FOMA 3Gネットワーク対応)や、黒いSIMトレイピンなどが含まれる。

●シンプルな外観で持ちやすいブラックボディ

 VAIOノートを思わせるブラックで統一されたボディは、余計な装飾がなく、実にシンプルなたたずまいだ。カラーはブラックのみで、カラーバリエーションは用意されない

。そのため、男性のユーザー向けで、ビジネスユースに適したデザインに思える。

 正面と背面はガラス素材で光沢仕上げ、側面はソフトタッチ塗装による非光沢のマットな質感だ。側面から背面は、曲線を描きながら斜めにカットされており、側面のマッ

トな質感も相まって、握りやすい。最新のスマホとしては少し厚いが、持ってみると極薄ボディよりグリップが安定する。シンプルさと持ちやすさへのこだわりが感じられる

部分だ。

 本体サイズは71(幅)×141.5(高さ)×7.9(奥行き)ミリ、重量は約130グラム。5型液晶ディスプレイ搭載のスマホとしては標準的なサイズで、手に持つとかなりの軽さ

を感じる。バッテリー容量は2500mAhで、連続通話時間800分、連続待ち受け時間500時間としている。

 ちなみに本体の製造自体は海外のEMS(電子機器製造受託サービス)が行っており、VAIOのPCがウリとする「安曇野FINISH」(長野県安曇野工場における細かな最終品質チェ

ック)は採用していない。

 VAIO Phoneのスペックは、OSがAndroid 5.0 Lollipop、プロセッサがクアッドコアの1.2GHz、メモリは2Gバイト、ストレージは16Gバイト、ディスプレイは720×1280ピクセ

ル表示の5型液晶(IPS)だ。発表会に展示された実機のプロセッサは、Androidの設定メニューによるとQualcomm MSM8916とあり、旧世代のメインストリーム向けSoC

「Snapdragon 410」を搭載していた。

 プロセッサは最新の「Xperia Z」シリーズが搭載するSnapdragon 800番台より性能面でかなり譲るが、VAIO Phoneはミドルレンジ向けという位置付けなので、この選択は妥

当だろう。
シャネルiphone6 ケース
 対応ネットワーク周波数帯は、3Gが2100/800MHz、4G/LTEが2000/1800/800MHz。IEEE802.11a/b/g/nの無線LAN、Bluetooth 4.0、GPS、加速度センサー、近接センサーを内

蔵する。Wi-Fi、Bluetooth、USBのテザリング機能も持つ。

 一方、国内の他社製スマホに見られるNFCやおサイフケータイ、テレビ視聴/録画、ハイレゾ音源再生、防水防塵(じん)といった付加機能はなく、基本的な機能に絞り込ん

だ製品となっている。

●Xperia Z3、iPhone 6/6 Plusと並べてみた

 参考までに、ソニーの5.2型Androidスマホ「Xperia Z3」、アップルの4.7型スマホ「iPhone 6」および5.5型スマホ「iPhone 6 Plus」とVAIO Phoneを並べ、サイズを見比べ

てみた。
シャネルiphone6 ケース
 これらの比較対象はハイエンドクラスの製品で、VAIO Phoneが狙う「格安スマホとハイエンドスマホの中間にあるミドルレンジクラス」とは異なるため、内部のスペックや

ボディ設計にかけているコストは当然差があり、VAIO Phoneが不利になる。あくまで現在人気があるスマホと並べた場合のサイズ感の目安としてご覧いただきたい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sebee
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eatbxv/index1_0.rdf