1本の山県渠

September 17 [Thu], 2015, 17:05
上流のどこから来たのを知らないで、しかしそれの下流の山の外へと続く。以前、私たちは雌豚にまでとりで柴刈りにゴミ拾いは多くこの条に沿って山県渠。印象の中で、平坦での渠岸、広々としたルート・色の渠水を選んでいて柴を疲れて、ややしばらく堀端に乗って、のどが渇いては渠で掬一掬の水しっとりして喉清洌洌。今、この道は曲がりくねっ渠荒廃して、1本の途切れ途切れの堀、巢は雑乱の草むらの中で。

長い長い坂道を登って、1基の山の頂には、道の左側は一面の木の花は雑木林の櫟。はっきり覚えているのはその年の初秋の一日、私は、いくつかの仲間には森ながら反応兵営を持って、林の中に柴刈りまでに鎌。私の小道に沿って一心に薪を探す時、突然目の前に発見できない何歩遠いところが横たわる1本の休暇の太い蛇のように、太陽の光に輝いて暗い。私はびっくりして、「うん」と言って、すぐに退いて二歩、仲間を呼んで拾って一斉にそのヘビに石を打つと、あの蛇「ふっ」に入って、急速なジャングルに山下が、両方のチガヤ「ふふ」の外に分かれ、像はすきに開いた条小溝。私はびっくりして出た冷や汗、これからここを通るたびにすべて1種の不気味な感じ。

また山を越え、私が見たその花びらに茶畑と松林。その時、私は耀华と甥と一緒に、この茶畑週辺柴刈り。ふと隣の松の林の中に発見が積んでひと山の更生させ沤肥茅たちに用いて、ごちゃごちゃに山を像座丘、ひそかに喜び:、必要のない大きな力に行って料を切って、何が選ば担が帰って、しかしまた恐らく更生させらが見つけた止め。私たちに相談して、慌ててもういい薪を切って選んで下りて、寄せては河東が仲間のうちは月光、往復の「盗」二回、鶏と二度力尽き、やっと村辺のわらの山に掘った穴が寝て朝まで丸々、またででに三荷輸送を薪から波止場。すくいはをすくい、帰ってから薪をで窑厂で売れた10元のお金で、一泊二日の週りに苦労は眠くて空腹で、人のほとんどが巢登った。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:easr
読者になる
2015年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/easr/index1_0.rdf