これマジイイ!!

October 02 [Sun], 2016, 0:46
紫外線にはA波とB波があり、A波にはB波の100倍程度が太陽にある言われています。

A波はエネルギー自体は弱いと言われていますが、肌の奥まで到着する特長があるので、くすみやシワ、ソバカスの原因を引き起こします。

一方ではB波ですがサンバーンと言われているのですが、ヒリヒリ、肌を赤くさせます。

紫外線は晴れだけと思われがちですが雨などの天気の悪い時でも影響を受けています。

紫外線ですが通常は眩しくなく、熱くないので海など行く以外は認識する事はあまりないでしょう。

しかし、一般生活でも太陽の紫外線は肌に影響を与えているかもしれません。

太陽が照っている時以外でも雨の日、曇の日でも常に紫外線を浴びているという事を知っていますか?紫外線が少しでも積み重なれば肌がシミができるので紫外線ケアを考えたスキンケアが重要です。

時間の経過とともに肌に負担ができてくるのです。

敏感肌の女性であれば紫外線を意識したスキンケアをすべきだとおもいます。

肌にとって紫外線は影響があるものですので日々のスキンケアで常に考える必要性があります。

シミやそばかすが気になるのであれば紫外線に特化したスキンケアをしておくことが大事です。

敏感肌が美白になりたいと思ったら、普段のスキンケアとは別に紫外線対策をしながら、ケアをしてあげることが重要です。

紫外線の怖い所は被害を受けている感じが全くないので、敏感肌の場合は、冬や曇の日には日焼け止めなど塗っていない事が普通です。

肌が弱い敏感肌の女性はUVケアをしても思っても、肌に刺激が強いので日焼け止めクリームなどを塗れないと思ってるかもしれません。

そうは行っても、敏感肌は肌のバリアが弱い状態が続いているので意識して日傘をさしているだけではUVケアを行っているとかいえないのです。

敏感肌の女性は、UVケアが後回しになりますので、お肌がクスミが出来たり、シミやソバカスも出来、肌年齢が老け顔と捉えられるようになります。

敏感肌でもシミない化粧品を使ったりして太陽を浴びた肌の肌ケアをすることが大事です。

日焼けをするとどんな肌の問題があるのでしょうか?ソバカスやしみ、コラーゲンの劣化などはもちろん、光発ガンや肌老化をおこします。

紫外線は熱くなったりすることが無いので、ずっと何も感じず、肌老化として現れるのです。

日々のスキンケアで紫外線を意識した対策が大事です。

普段でも紫外線を浴びていると思うほうが敏感肌で悩んでいる方にとって大事な要素だといえるでしょう。

敏感肌でも紫外線を意識してあげないと肌には悪いことばかりです。

肌バリアが弱い敏感肌は吸収率がすごい為、普段から紫外線対策をすることが大事です。

一般的に敏感肌は普通の肌よりも肌の防御機能が弱くなっていますので紫外線を多く受ける肌です。

紫外線というものは、対策を全くしない場合、肌に蓄積されていきますので、シミやそばかすの原因を作ってしまうのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ryouta
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/earriv6gdybwel/index1_0.rdf