お腹痩せが実現する骨盤ストレッチを知っていますか?

December 29 [Sun], 2013, 17:43
簡単に骨盤ストレッチを考えていませんか?
モテ脚を目指すなら骨盤ストレッチナビ!!

エアロライフ 骨盤あぐら座椅子 骨盤ストレッチナビとは…

あなたは姿勢で損をしていませんか?
姿勢美人をお手伝いするのがこの商品です。

下腹(したばら)のぽっこりで猫背気味、ちょっとどころではありません。



カッコ悪い姿勢ですよね。


一方コチラの姿勢は、きれいなヒップラインで、お腹まわりもスッキリ!!



若々しいスタイル=姿勢美人です!



同じ人で、姿勢が悪いと損をしていると思いませんか?

年齢よりも老けて見られています。
姿勢だけで見る側のイメージが変わることを知っていただきたくてお知らせしています。


姿勢が悪くなる大きな原因とは…

骨盤の傾きにあると言われています。

骨盤の周辺の筋肉が衰えてくることで、
骨盤が傾き→ぽっこりお腹になりやすくなるんですね。

そして、骨盤が後ろに倒れる→猫背の要因になるんです。
そこで、開発されたのが「エアロライフ 骨盤あぐら座椅子 骨盤ストレッチナビ」!


エアロライフ 骨盤あぐら座椅子 骨盤ストレッチナビの特徴とは…

姿勢だけではありません。

シェイプアップ効果も!!

考案したのはゴールドジム・スタジオトレーナーの浜中(はまなか)さんです。


効果のポイントは、骨盤ストレッチナビ独自の形状(傾斜)にあります。

特徴その1 20度の傾斜角度
この角度によって重心が前方に押し出され、自然と骨盤が立った状態と保ちます。

特徴その2 サイドスロープ
太ももへの圧迫感を軽減させるので、長い時間座り続けても疲労感がなくなります。

特徴その3 大型ストッパー
脚の開閉(かいへい)や座り位置など正しいポジションを意識することができます。

骨盤ストレッチナビは、正しい姿勢でストレッチ運動を行うことで、
筋肉の可動域を最大に広げやすくなることで骨盤を支える筋肉部分や
上半身の体幹(たいかん・手足と頭を除いた胴体部分)までが鍛えることが可能です。


前屈で床に指先もつかない人でも…

骨盤ストレッチナビ考案者の浜中トレーナーの指導のもと
正しい姿勢で基本ストレッチ5分間行うと…

なんと、何と13cmも前屈が可能になりました!

それは、何故なのか?



骨盤の位置にあります。

骨盤が後ろに倒れた状態で前屈を行っても
上半身(手)は下の伸ばすことは出来ません。

しかし、正しくストレッチ運動を行うことで、
骨盤が立った状態に戻り(正常な位置)前屈がしやすくなります。

骨盤ストレッチナビの基本のストレッチは、1日5分でOK!

さらに、椅子や床において座るだけでもいいんですね。

何度でも時間があるときの空き時間に見られるように、
初心者でもすぐに初められるDVD付きです。

どうですか、これだけ機能と効果を併せ持った「骨盤ストレッチナビ」!

美しいスタイル(姿勢美人)の基本は姿勢を正すことからです。

あなたも「エアロライフ 骨盤あぐら座椅子 骨盤ストレッチナビ」で
姿勢美人になっちゃいましょーーーーう!



骨盤の歪みによって姿勢が悪く、年齢より老けて見られている人は損!

December 29 [Sun], 2013, 11:58
骨盤の歪みとかズレって言葉が日常で使われるようになり、
座り方や歩き方といった日常の姿勢を意識することは大切なことですよね。

いつまでも若々しくイキイキしてカッコ良く見せたいのは誰でも考えることです。


駄菓子菓子!(だがしかし!)


日常の何気ない行動や、毎日の仕事などで、
使う筋肉はいつも同じ筋肉ではありませんか?


お年寄りのほうが外を散歩したり、親しいお仲間とゲートボールで動くことで、
普段使うことのない筋肉を使っていると思いませんか?

お年寄りは時間が自由に使えるから、忙しいいと言い訳の声が聞こえます。


時間が自由になる年齢まで待っていたら、筋肉には悪い癖が付き固まった状態のまま?
それを改善するには、大変な時間と労力が必要です。

1日5分でいいんです!!

悪い姿勢や楽だと持って筋肉の命令(悪い癖)のまま座り続けていると、
日常の癖により、骨盤周辺の筋肉が弱くなり結果、骨盤の歪みとなります。

ビルや家は傾くとどうなるでしょうね。
ちょっとした振動で倒れますよね。

しかし、人間は倒れると生活ができなくなるので、支える機能が装備されています。
脳は筋肉に倒れる(歪み)方向と逆の方向に引っ張るように命令します。

これが歪みを作ります。
これくらいの状態なら、筋肉を柔軟にすることで正常に位置に戻ります。

整体やマッサージに通う人もいますが、一時的に楽になるだけで、
歪みの原因は根本から治っていません。

日常生活の悪い癖を改善しない限り、筋肉は元に戻ってしまいます。
筋肉は使わないと衰えるだけなんです。

黄色信号を危険な赤信号にならないうちに、
筋肉の柔軟にしながら、筋肉を鍛えることが大切です。

骨を支えているのは、筋肉なのですから。

骨盤の歪みやズレを正常の位置に戻すためには、
人の力ではなく、普段の歩き方や座る姿勢、電車などで立っている時に決まります。

物を持つときにも意識して同じ手で持たないとか、
椅子に座るときには足を組まない、組んでも時々変えるなどがいいでしょう。

骨盤や体の歪みの初期段階でしたら、このようなことを意識するだけも
歪みは正すことは出来ますが、筋肉に悪い癖が付いてる人は難しいです。

そこで、登場するのが「エアロライフ 骨盤あぐら座椅子 骨盤ストレッチナビ」!

正しい姿勢で正しい基本のストレッチ運動が出来ます。
1日5分間です。

1日5分間も出きない人は、何にも出来ない人です。

効果に個人差はあると思いますが、なかなかウエストが痩せなかったのが
たった5分のストレッチ運動1回だけで、マイナス3cmに効果が出てビックリしています。

血流がよくなり基礎代謝が高まるとダイエット効果も期待できます。


骨盤の歪みは、座り方を気をつけるだけではダメ!筋肉の柔軟性も大事ですよ

December 28 [Sat], 2013, 23:48
誰にも体の悩みやコンプレックスってありますよね。

肺が肋骨(あばらほね)で守られているように、
下腹部の内蔵は骨盤で守られているのです。

骨盤は左右の寛骨(かんこつ)(腸骨ちょうこつ、坐骨ざこつ、恥骨ちこつの複合)
腰椎の下の仙骨(せんこつ)、尾骨(びこつ)が組み合わさった骨格のため
歪みやすいんですね。

また、股関節の深層筋の腸腰筋(大腰筋と腸骨筋)を伸ばすのは
骨盤矯正と転倒防止に役立ちます。

体調不良の多くは、運動不足とストレスが原因と言われています。

普段のオフィスワークや日常の家事、生活行動で大きな筋肉を力いっぱい
使うことなんてほとんど不可能ですよね。

パソコンでの作業や車の運転に代表されるように、
手指、腕といった小さな動きばっかりを毎日繰り返し、
肩、背中、腰はいつも同じ姿勢で固まった状態を強いられています。

そのため、慢性疲労、腰痛、肩こり、ひざ痛、冷え、むくみ、便秘
と言った体調不良を招きます。

それに加えて、仕事上、生活上の精神的ストレスも、自律神経の働きを
乱されて体調不良に拍車をかけます。

体調不良を軽く見ていると、いけませんよ!

生活習慣病やうつ病といった、取り返しの付かない重大な病気につながりかねません。

例えば、ひざ痛が原因で転倒骨折したり、頭を打って脳の血管障害を起こし、
お年寄りは寝たきりの生活や認知症になるというようなことです。

体調不良の改善には全身運動と筋肉トレーニングが最適なのは分かりますよね。

長期間運動不足で体力が低下している人にはストレッチ運動から
始めることが合理的なんです。

筋肉が萎縮し、関節、じん帯の柔軟性が衰え、体が硬くて思うように
動かせない人にとって、ストレッチ運動は負担をかけないで安全に出来るからです。

体調不良には、気分転換を兼ねてのストレッチのような運動でも
即効性が期待できますよ。

体調改善効果が実感できたら、屋外へ出て天気がよく、雨や風のない日は、
ウォーキングや筋肉トレーニングなどの運動意欲も自然に高まると思いませんか?