白戸と松橋

August 18 [Fri], 2017, 16:29
何のために日本語では英語でしばしば使われる「Get up」や「Sit down」という発音はカタカナで「ゲット・アップ」「シット・ダウン」と言う風な感じに発音するものなのか?こういった場合の発音は「ゲラッ(プ)」「セダン」と発音を繋げて言う方がこなれている。
雨みたいに英会話をかぶる際には、じっくりと聴きとるようにし、あまり聴き取れなかった単語を声に出して何度も読んで、次の回にははっきり聴こえるようにすることがとても大切だ。
最近よく聞くロゼッタストーンでは、堅実に訳して考察したり、言葉や文法のみを丸暗記することはなく、他の国で生活していくようになめらかに海外の言葉を会得することができます。
根強い人気のトトロや魔女のキキ、千と千尋の神隠しなどのDVDで、英語吹き替え版を観てみると、日本語バージョンとのちょっとした意味合いの違う感じを肌で感じられて興味をかきたてられると想像します。
携帯やスマホ等の英語圏の報道番組が見られる携帯ソフトを日々使用しながら、英語をしょっちゅう聞いてなるべく鍛えておくことが英会話上級者への手っ取り早い方法と言い切れます。
英語を知るためには、まず初めに「英文を読解するための文法」(学校の試験対策等の、文法問題を解くための勉学と分別しています。)と「最低限のボキャブラリー」を自分のものにする為の努力が急務です。
一般的に英語には多くの効果的学習方法があるもので、リピーティングメソッド、「速読速聴」のシャドウイング、耳と手が同時に要求されるディクテーションと、TVでも人気の海外ドラマや映画を利用した教材などもあり果てしない。
何かやりながら英語を聞き流す事自体は肝心なことですが、せめて1日20分程でも十二分に聞くようにして、スピーキング学習や英文法の習得は、最初にとことん聞き取る訓練自体をやってからのことです。
ある英語教室では通常レベル別に行われているグループ単位の講座で英語の勉強をして、次に英会話カフェに行って実践的な英会話をしています。学び、かつ使う事が肝要なのです。
よりよく英会話を習い覚えるためには、アメリカ英語、歴史のあるイギリス、イギリスの植民地でもあったオーストラリアなどの生まれつき英語を話している人や英語自体を通常話している人とよく会話することです。
コロケーションというものは、よく使われる複数の単語同士の連語のことを意味していて、ごく自然に英語で会話をするからにはコロケーション自体の記憶量が本当にポイントになってきます。
話す事は、初期のレベルでは日常会話でしばしば使われる基軸となる文型を規則的に繰り返し鍛錬して、単なる記憶だけではなく知らない内に言葉が出てくるようにすることが最も効果的である。
iPod + iTunesを使うことにより、購入済みの番組なら様々な時間に場所を問わず英会話レッスンすることができるので、ほんの少しの時間をも活用することができて、英会話の訓練を無理することなく続行できます。
楽しんで学ぶことを標語として英会話する際の総合力を修練する内容があります。そこではテーマに合わせたダイアログで会話力を、ニュースや歌といったバラエティ豊かな素材によって聞き取り能力を上昇させます。
評判の子供向けマンガなどの英語版の携帯アプリケーション、廉価なイングリッシュコミックスなども売られていたりするので、便利に使うと大変に堅苦しいイメージの英語がやさしいものとなる。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒロシ
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる