種まき

September 13 [Mon], 2010, 18:33
どこのお家でも、どんな会社でも、今ご飯が食べられているからといって、来年の準備をしない家庭も会社もありません。農家であれば、今年食べる米と来年植える籾を分けて、どんなに食べるお米に困っても、種籾までは食べてしまわないし、口蹄疫でも問題になったように、食用の牛と種牛は区別して、なんとしても「種牛だけは守りたい」として、6頭の内の一頭が罹患しましたが、残りの5頭は助けられました。企業も今年の決算がよいからといって、来年の新商品開発を怠ると、一気に他社の新製品に水をあけられて、苦戦を強いられますから、「今売れているヒット商品が一台も売れなくなるような新製品」を開発するのに、血みどろの戦いをしています。漁師さんだって、多額の借金をして、優秀な漁船を買い、魚群探知機を買い、優れた漁具を買って、夜中に起きて危険な海で魚を採ってくる。当然、元を注ぎ込まなければ、食べる収入はないわけです。お医者さんも新しい医療器械を購入して、病院のリニューアルをして、患者の治療技術だけでなく、設備環境の充実に投資をするわけで、今ある施設のメンテナンスだけでは、患者さんの満足をいただけませんから、私財をなげうって今後のための施設の充実を図ります。ところが日本政府の行き方は、「問題があるぞ」といわれた局部に対して、常に「応急処置」をする方向で、政策がとられています。昨日発表された「新成長戦略事実現に向けた三段構えの経済対策」をご覧になりましたかその中で「5の柱」といわれている「新卒者の雇用」「投資」「消費」「地域の防災対策」「規制制度改革」に9128億円を緊急に使うというものです。まり、「雇用」に対しては「新卒採用奨励金」を出すといいますが、それだと企業側が従来「奨励金なしで採用していた分」を「奨励金き」に変更するだけで、必ずしも「新卒者の採用増枠」になるとは限りません。「キャリアカウンセラーやサポーター制度を作るといいますが、そんな仕組みがないから新卒が就職できないのではなくて、企業側の募集が少ないから就職できないのです」。「投資」にいても、「返済負担」が重いとか「金利」が高いという理由ではありません。要は「需要」が冷え込んで、物があまり「デフレ」が起きているときに「借金」までして、「設備投資」をする民間企業が少ないのです。このように、「原因に」ではなく「結果生じている現象」に対する対策を打っても、「もぐらたたき」の「いたちごっこ」でやってもやってもキリがなく、効果はほとんどありません。それよりもむしろ今からご説明する韓国の「スマートシティ」の建設のような、来年も再来年もの日本人が食べていける「新規ビジネスの種」にこそ、政府が積極的に取り組むべきだと思います。詳しくは上記の記事をお読みいただく方が分かりやすいと思いますが、かいまんで言うと、韓国の仁川空港の近くソウルから50のところに「松島新都市」という6万5千人が住む新都市建設が進められて、すでに8000人が入居した。アメリカのディベロッパー「ゲールインターナショナル」と「シスコシステムズ」を参加させて、「エコシティ」の拡大モデルを実験するというので、希望者が殺到し、30倍以上の倍率となったといいます。特徴はエアコン、照明の自動制御や電力使用量の確認だけでなく、集中制御端末から、インターナショナルスクールにアクセスして、トップレベルの授業が受けられるほか、双方向機能を使ったグループ学習も展開され、いながらにしてカリフォルニアやソウルの先生と英語のやり取りができるといいます。インフラとしては地下鉄が2路線入っており、燃料電池バスの乗り入れやごみの自動集積システム、ガス発電システムなどの最先端システムが導入されているといいます。これを「仁川経済自由区域庁」が音頭をとって実現し、シスコシステムとともに「世界標準」を作って、今後「世界展開に発展」させるとのことです。「テレビ会議システム」を使って、「英会話教室」や「ヨガ教室」を開き、住民から料金を徴収して、また一方、サービスを提供する「企業」や「行政」から利用料収入が得られることから、従来の「ネットワーク構築や通信機器販売という収益構造から新たな収益構造への収益モデルが追加されることになります。このためシスコシステムは5年間に20億ドル(1700億円)を投じて、韓国に「研究開発センター」をくり、韓国は「国際協業」で「新都市づくり」のウハウを手に入れます。このプロジェクトに日本企業の名前はありません。たとえば、このような案件を僕は冒頭に申し上げた「明日の稼ぎの種」として日本政府が取り組むべきだと申し上げているのです。このような「インフラがらみ」の案件は、新たな発展を生みますから、私企業が単独で勝手に推し進めることは困難で、世界の方向としてアメリカでも「スマートシティ」構想は立ち上がっているわけですから、わが国が指をくわえてみているだけということは情けないと思います。今からでも遅くはないのですか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eaokcsudvl
読者になる
2010年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eaokcsudvl/index1_0.rdf