村岡が岩根

November 15 [Wed], 2017, 3:19
三つ目は豆腐や豆類などのたんぱく質を十分に摂れていないバナナ型という名で呼ばれているタイプで、外見は筋肉があまりついておらず、ほっそりとした人が多く、男女比は同じくらいです。このタイプの人の場合、太りにくい体質と言えるのですが、その反面一度太ると簡単には痩せにくいタイプです。どんな時でももうちょっと体重を減量したいと感じている人は多いことと思います。

しかし、痩せたいと思ってテレビで見たダイエットに挑戦してみたものの痩せない、本で紹介されている方法を試しても全然ダメ、という方は多いのではないでしょうか。このタイプに分類される人は、体質的には痩せやすいと言えますが、反面としてリバウンドもしやすいタイプと言えます。

このタイプの人の場合、糖質が少なめの食事を摂ると同時に、糖質を燃焼してくれると思われているビタミンB1を多めに摂ることで、減量効果が期待できるでしょう。

まず始めに、検査をやってくれる企業から検査キットを取り寄せます。







それから、検査キットの中には綿棒が入っているため、この綿棒を使ってほほ近辺にある粘膜を取ってください。

そして最後にその粘膜を付けた綿棒を返送しましょう。





このタイプに分類される人は、脂質を制限した食事を摂ると同時に、唐辛子あるいはショウガなど温熱食材と言われている食材を摂るようにして体を温めるよう心がけるとダイエット効果が望めます。それから、約2〜3週間程度で検査結果が書かれている紙が自宅に届きます。検査キットの料金は各企業毎に少しの差はあると言えますが、おおよそ5000円〜6000円ほどです。肥満のタイプには四種類あり、三種類の肥満遺伝子変異が原因のものと遺伝子の変異はなくて生活習慣が元となるものに区分されます。



一つ目はパンやごはんなどの糖質の代謝がうまくできないリンゴ型という名前のタイプで、内臓の周りに脂肪がつきやすく、女性よりも男性に多くみられます。



実はそれは、自分に適したダイエット法ではないからかもしれません。一昔前なら、どうして体重が減らないんだろうと一人で悩んでいたかもしれませんが、現在は容易にその要因を調べることが可能なのです。二つ目は揚げ物及びジャンクフードのような脂質の代謝がうまくできない洋ナシ型という名で呼ばれているタイプで、お腹周りなどに皮下脂肪がつきやすく、男性よりも女性に多めです。

このタイプにおいては、痩せようと努力してもすぐには痩せないタイプです。

自分がどういう体質なのか、どうやったら減量することができるのかを「遺伝子検査」を行い調べられるのです。

一昔前までは遺伝子検査というものは医学上の検査だったのですが、最近では誰でも簡単に自宅にいながら遺伝子検査が可能となったのです。
コメントする
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:夏希
読者になる
2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる