染谷の竹林

April 04 [Tue], 2017, 19:20
転職活動は在職期間中から行い、転職する先が決まってから辞めるのが理想です。



しごとを辞めてからの方が時間が自由になりますし、すぐにでも働き初めることが出来ますが、転職先がすぐには決まらない可能性もあります。


無職である期間が半年以上になると就職する先が見つかりにくくなりますから勢いで今現在のしごとを退職することのないようにしましょう。



転職しようとする時にもとめられる資格というのは、専門職以外は少ないようですが、取得した資格が有利に働くという点では、やはり、国家資格が重要視されるようです。



中でも、建築業界や土木業界では建築士の資格を代表とする「業界独占資格」と言われるその資格を所持していないと現場で業務を実行できないというしごとが少なくないことから、案外簡単に転職に成功するかも知れません。



転職を考えた場合、まず、極めて身近な存在である家族に相談をもちかける方がほとんどでしょう。


所帯を持っている方なら、家族に相談なさらないで転職をしてしまうことは避ける方がいいでしょうね。

家族に無断で転職すると、それが原因で離婚になる可能性も出てくることになります。転職の理由として良いものは、まず、実際に転職をしたくなった理由を再考してみて頂戴。
ダイレクトに伝えるというワケでもないので、正直に自分の考えをノートに書いてみます。否定的な印象とならないよう、次にそれを方法を変えて表現して頂戴。その理由が長い転職だと言いワケと取られて不利になるので、長いものには気をつけましょう。現在と異なる業種でしごとを得るのはイメージ的に難しいと思われがちですが、実際の姿はどうなのでしょうか?まず結論から申しますと異業種への転職は簡単にかなうものではありません。


経験がある人と経験がない人の2人がいた場合、採用担当者としては未経験者の採用は避けがちです。ただ、もしかしたら成功するかも知れないので、頑張り次第ではしごとを変えられる可能性もあります。
今までとちがう業種に転職するのは難しい印象が強いですが、本当に難しいのでしょうか?まず、結論からいうと異業種への転職は簡単とは言えません。その業種の経験者と未経験者がいた場合、採用担当者としては、経験者を選ぶ可能性が高いです。ただ、絶対に採用されることがないというわけではないので、努力によっては職を得ることもあるでしょう。



人材を紹介してくれる会社を利用して転職できた人も少ない数ではありません。一人で転職活動、「転活」をするのは、精神的に追い込まれることも多いです。

転職先捜しが長引くと、何をどうしたら上手にいくのかわからなくなることもあります。
人材紹介会社を使えば、御自身に合った求人情報を紹介してくれたり転職に関するアドバイスをもらえるでしょう。労働の時間が長いという理由で退職した場合「生産性を重視するしごとをやりたい」、しごとにやりがいがなくて辞め立ときは「新たな環境でいっ沿う成長したい」と言い換えたら印象が違います。
ネガティブな転職の事由も表現のし方でポジティブな理由になります。


履歴書に書くときは、150文字から200文字程度がよいです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Nana
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる