河田でCook

August 31 [Wed], 2016, 6:47
インプラン(考えや構想をいうこともあります)ト治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中にも喫煙の影響は無視できないものがあります。

インプラン(考えや構想をいうこともあります)ト治療は数ヶ月かけるつもりではじめなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラン(考えや構想をいうこともあります)トがあごにしっかり固定されることが治療の成否を分けます。

そのプロセスにおいて、タバコにふくまれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は相当の妨げになります。

この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、治療をうけている間は禁煙を決意して下さい。

気になるインプラン(考えや構想をいうこともあります)ト手術の内容とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものになります。

入れ歯とくらべて格段に手間がかかる分、見た目もキレイですし、ご飯も格段にしやすくなっています。

インプラン(考えや構想をいうこともあります)トの施術には、歯科医師に加えて、義歯を創る歯科技工士の高レベルの医療技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラン(考えや構想をいうこともあります)トとブリッジが代表的です。

インプラン(考えや構想をいうこともあります)ト治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、インプラン(考えや構想をいうこともあります)ト体といわれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

ですから、見た目を考えれば多くのケースではインプラン(考えや構想をいうこともあります)トが高い評価を得るでしょう。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛い面があります。

これはインプラン(考えや構想をいうこともあります)ト治療が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないといったケースです。

ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

インプラン(考えや構想をいうこともあります)トはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯を直接再生する治療と言えます。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると考えている患者さんには、インプラン(考えや構想をいうこともあります)ト治療を優先して良いでしょう。

インプラン(考えや構想をいうこともあります)ト治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗をゼロにすることはできません。

治療が失敗すると、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものの問題、患者の体調、アレルギーなどが原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題もあるのです。

失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はともかく慎重に決めて下さい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウ
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eanm1te5nerdec/index1_0.rdf