カヴァイヨン

September 10 [Sat], 2011, 14:32



フランスでの生活中、
私の好きなフランス映画『地下鉄のザジ』(Zazie dans le m?tro)の
撮影クルーだった老紳士と飲み仲間になるという
ひょんな出会いもあったものである。

様々な土地へ赴き撮影をして来た彼に
一押しの場所は と尋ねると、間髪入れず『カヴァイヨンだ』という答えが返って来た。

忘れられないフランス人の元彼が暮らした土地でもある
其処への旅を決意するのに時間は掛からなかった。




乾いた岩肌が露わな崖と、その小さな街を見下ろす教会。
パステルカラーなのか、はたまた陽射しの強さで
色褪せたか分からない淡い色合いの家々が立ち並ぶ道。

聖母像が飾られる辻。


刹那 私の思いを土地に染み込ませたところで
余所者を居なかったことにするかのように
この街は知らん顔で乾かしていくのだろう。


エロスとタナトス

September 10 [Sat], 2011, 6:15



エロスとタナトスという言葉をご存知だろうか?

エロスもタナトスも、ギリシャ神話の神の名前である。
アフロディテの娘であり、キューピッドとも称される愛の化身エロスに対し
死そのものを神格化したといわれるタナトスは、『夜』の息子といわれる。

この対極にある二人の名前がよく対となって用いられる理由を解明するには
フロイトの言葉を借りなければならないのだが、ややこしいことは割愛。
簡単に言ってしまえばエロスは『生と創造』、タナトスは『死と破壊』を表し、
その対極にあるもの同士が混在しているのが人間であって、
その内包する矛盾と対峙しながら限りある生を全うすることを目的としながら
両者間を生きており、どちらも同等の価値があるから ということらしい。

最近、このことを良く考える。私自身がこの両者間を迷走している。
論文のテーマでもあり、自身の人生の命題でもあるエロスとタナトスの狭間で
自分を表現していくことを目的として、このブログを開設した次第である。




ご挨拶

September 09 [Fri], 2011, 18:31


ヤプログに出戻ってきました

やっぱりここの雰囲気はいいですね。



*things 'bout me*

・24歳 女

・映画、美術、写真、語学が趣味

・美味しいお料理、お酒が好きです

・きれいなもの一般が好きです

・元美容室カタログのモデル

・キャンペーンガール、コンパニオン、MC 歴任

・フランスに一年いました

・CMちょこちょこ出てました


若者らしくはじけるときもありますが、実は根暗。

哲学的かと思いきや、行き当たりばったり。

恋愛体質なのに、恋愛に臆病。




いろいろUPしていきます^^


プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:annie
読者になる
綺麗なものを見て、美味しいものを食べて、美しくなりたい24歳。
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eandt/index1_0.rdf