しおりで羽衣青文魚

October 20 [Fri], 2017, 17:39
肌の調子が戻らない、シワやシミが増えたかも鏡を見てつくづく思ってしまうようになってしまったら、思い切って毎日摂っている食事を変えてみるのがいいかもしれません。


食事の内容が変わると、肌の調子もだいぶ違ってくることがわかるでしょう。そして、シワ、シミなど肌トラブルの改善も期待したいところです。


毎日食べる食物によって、私たちの身体は作られている、というのはシンプルな事実です。難しく考えずに「暴飲暴食をしない」といった辺りから始めて、それから食事内容の吟味に進めばよいでしょう。

これは地味ながら究極のアンチエイジングかもしれません。


生活の質を変えることで肌に影響を与えるこの方法は、効果はゆっくりながら必ず表れます。いつしか顔にこんなに増えてしまったシワ、きれいさっぱり消し去ってしまいたいものです。


さてそのシワがどうしてできるのかということですが、これはズバリ老化であり、もう一つ、紫外線の影響によるものです。

シワ予防には紫外線カット、日焼け止めをちゃんと使い、日傘や帽子も使って一年を通して紫外線対策を行い、そこまでしていても日に焼けてしまった場合は、その日の夜にでも、肌を冷やしてこもった熱をとるケアを行い、肌に化粧水をたっぷり吸わせて美容液で保湿、シミやシワ、肌の乾燥を防ぎましょう。

こまめなケアでシミ、シワ改善となり、アンチエイジングできます。

広がった毛穴をキュッと引き締めるのに収れん化粧水でのケアを行う方もいますね。皮脂の分泌を食い止めてくれて爽快感もちゃんとあるので、特に汗をかく夏には助かるアイテムです。使う場合は顔を洗った後に通常の化粧水、乳液を塗ってから、その後に使うようにします。

たっぷりとコットンにとって、下から上に向かって念入りにパッティングを行ってあげましょう。季節の変化とともに皺は増えていきます。肌の調子が悪いなと思ったら、フェイスパックのようなスペシャルケアをしてみてはどうでしょう。


特に目元のシワには効果的です。

お家にあるもので作れるパックもあります。市販の無糖ヨーグルトに米粉(小麦粉なら少なめに)を混ぜたものを美容液のように肌に薄く塗り、数分したら水で洗い流します。含まれている天然の美容成分がペタつかず自然なもっちり肌で、小皺や部分的な乾燥にもしっかりアプローチしてくれます。

腸を整えると肌の調子も良くなるので、余ったヨーグルトは新しいうちに食べてしまいましょう。

個人差はあると思いますし、これはあくまで私個人の主観ですが、シワが顔と一体化し、顔の一部になる年齢は大体38歳だと思っています。この年齢は、夜にぐっすり眠っても朝に疲れが残っていたりと衰えを実感する頃ですし、目の下に横たわるクマとかほうれい線がなんだか急に顔の中で目立つ存在になってきたように思えます。こうなる前は、一日が終わって肌がすごく疲れていても、ケアして眠れば翌日には元気になっていたと思うのですけど、38歳になって、またそれ以降は元の調子に戻るまで、相当時間を必要とするようになって、もうずっと、疲れた状態が続いているように思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハル
読者になる
2017年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eandmepcasaatg/index1_0.rdf