サルと北斗

January 15 [Sun], 2017, 18:30
皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。妊活中の方をサポートし、栄養補給や体調管理のためのサプリは数多くの種類がありますね。選ぶ基準としては、特に葉酸を含んだサプリだと言えます。ビタミンの一種である葉酸には、貧血を予防してくれる効果が認められていますし、正常な細胞分裂を促進する事で、赤ン坊が先天的な異常を発症するリスクを下げることが出来ます。それから、あまり知られていませんが、男性の精子の染色体異常を軽減してくれる効果があります。ですから、夫婦どちらに対しても効果的な、妊活中の夫婦には必要不可欠なサプリだと言えるでしょう。親友の話なのですが、妊活をがんばっていた頃、よく漢方を飲んでい立と思います。彼女によると漢方には、妊娠しにくい体質を改善指せる効果があるようでした。妊活中は薬を控えた方が良いと耳にしていましたが、漢方であれば安心感があると思います。漢方の効果かはよく分かりませんが、彼女は赤ン坊を授かることが出来たそうですから、本当に嬉しいです。一度流産を経験しました。だいたい一年位たってから、「コドモがほしい、諦めないようがんばろう」と決めて妊娠にむけて、準備を始めるようになりました。今回の妊活では体づくりにも注意しました。冷え性を改善するために運動を始めてみました。結果は、意外と上手にいきました。新陳代謝が上がっ立ため、基礎体温(平均体温が1℃上昇すると、免疫力が約60%も活性化するといわれており、風邪などで発熱するのも体の防衛反応の一環だと考えられているのです)があがって、冷え性を治すことが出来ました。自分の体が改善されたことを実感できて、ますます妊活をがんばろうと思いました。妊娠に不可欠な栄養素として有名な「葉酸」は、多彩な食品に含有していますが、水溶性ビタミンであるために、熱に弱いという側面を持っています。ですから、食材を調理して摂取しようと考える場合にはポイントがあります。葉酸を出来るだけ失わないよう、加熱しない調理方法が一番おススメなのですが、熱をとおす必要があるならば、加熱時間を短時間にして熱はとおす程度にした方が良いと思います。しかし、毎日のご飯で、こうした調理を続けるのはナカナカ大変だと感じる方も多いのではないでしょうか。そんな時はサプリを利用するのが手間がかからず良いと思います。妊娠しやすい体を造る食べ物は、おとうふや納豆、魚などがあります。卵、ブロッコリー、ごまといった食材のほか、好き嫌いは分かれますがレバーにも妊娠に必須の栄養が多いので、日常のご飯に積極的に取り入れたいものです。ただ、総合的に言えば、偏らないご飯にするのが理想であることはミスありません。一方、妊娠を妨げる可能性のある食品群は産後までは我慢したほうが良いですね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shuri
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる