池野と中条

April 17 [Mon], 2017, 11:12
長く根気のいるインプラント治療。
しかし、やっと治療期間が終わったといっても、ケアはそこで終わりではありません。
義歯を劣化させず長持ちさせるのは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。
歯磨きにも正しい仕方があります。
歯科で指導してもらえるはずですから、必ず守るようにしてください。
日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。
加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、異常に気付くのも遅くなります。
治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。
歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどれだけ痛いだろうと心配になると思います。
どこの歯科医の手術でも、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
麻酔の効き方を確認しながら手術するのが普通だからです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかもしれませんが痛みに備えて、頓服薬を処方されるので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、当然ながらデメリットもあります。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもまれではありません。
そして、治療にミスや失敗があると障害が残るような健康被害も起こりうるリスクも背負っています。
障害を負うにとどまらず、患者の死亡例も実際にあります。
費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。
実際のところ現状では確実な説はありません。
治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保たせることが可能と考えていいようです。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長い間自分の歯と同じように使えますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ歯周病など、異常が起こることがあるということを肝に銘じておくべきです。
入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。
使用年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。
ろくに歯磨きもしないでいると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。
口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、その分、人工歯の寿命も短くなってしまいます。
インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。
全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により以下に示す何通りかに分かれています。
人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。
この2ピースタイプはさらに、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。
歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根を骨に埋め込むことによって自分の歯と同じような強度があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてください。
安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。
様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんにお薦めします。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選択するという患者さんに適用されるのが普通です。
インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントはより自然な噛み心地を得られるため食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。
もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもリスクを背負っています。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけでインプラント治療ができないわけではないため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
人工歯としてのインプラントは自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはありがたみを実感する点です。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど丈夫に作られていることはいうまでもありません。
もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kazuma
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる