お久しぶりに・・・ 

December 19 [Mon], 2005, 9:17
ものすご〜くお久しぶりの書き込みです。

といっても、最近はブログを書いていたりして。実は違うブログに!!

なぜならば、こっちちょっと重いからイライラしてしまったので。。。ヤフーに書き換えました。

しかも、毎日書くことを目標として、会社で書いている日報をそのまま掲載という荒業に!!だから、ちょっとお堅い感じです。

よかったらみてくださ〜い。

http://blogs.yahoo.co.jp/ry0maeda2000

になってますので。ではでは。

つかれたぁああああああ!! 

October 17 [Mon], 2005, 1:41
久しぶりのご報告です。

というのも、最近あまりに忙しくて書く暇が無かった!!

毎日5時くらいに帰り、2,3時間ほど寝てまた会社、もしくはお客様のところに行くという生活。
正直ストレスもあれば、疲れもたまりまくりで、ちょっと体も壊したりして。

そんな中、やはり昼間に少し眠くなって仮眠を取ることがある。このペースは、毎日同じ時間に
訪れるわけだけど、これがきつい。お客様のところにいってもこれが出てしまう。

体というのは、予想以上に時間を覚えているもの。特に睡眠というものに関しては、覚えている。
だけど、仕事の時間はまだまだ体に染み付かない。だから夜中まで仕事をしているわけだ。

要は、トレーニングの差。トレーニングとまでは行かなくても、睡眠は毎日行うものであり、体が
どういう状態のときにどうなるのかを把握している。

仕事に関してはそのレベルにまだいけてないということなんだろうな。まだまだ修行が足りんねぇ。

コンサルは怖い 

September 02 [Fri], 2005, 23:09
コンサルってあくまで第3者。だから良い部分もあるけど、それだけに怖い部分もある。

信用されているときはいいけど、売上がさがったり、例えばつぶれたり、そんなときの言い訳じゃないけど、怒りの矛先もこっちにきたりする。

詳しくはかけないけど、最近嫌なことがあった。自分個人ではなく、会社としてだけど。

コンサルという仕事恐ろしさを改めて知ったし、うちの会社の恐ろしさもしった。さらに、うちの社長の恐ろしさも知った。。。

というか、今結構うちの会社の中身はやばいかも。と最近切に感じること。

明らかにおれが入った当初よりもつまらない会社になっている。これは辞める人も多そうだなぁ。。。

うれしいことやら困ったことやら 

August 31 [Wed], 2005, 3:19
またまたお困りごと。しかし、以前のとは違い、そんな暗い内容じゃなくて、どうしようっかなぁという内容のもの。

実は今度、私がこの会社に入って最初にお世話になったリーダーが会社を辞めることになった。そして外資系コンサルティング会社に転職する。

そして、そのリーダーから一緒に行かないかというお誘いを受けた。そのリーダーからは、高く評価してもらっているみたいで、やっぱりうれしいもの。話を少し聞くと、収入面もぐっと高くなるし、やっている内容のレベルも上がるとのこと。

もちろんそのリーダーには、自分を入れる権限なんてないだろうから、一度社長と一緒に食事にいこうなんて話になった。

さてさて、こいつはこまったものだ。うれしい反面、実は今は私は違うリーダーにお世話になっている。しかも、少しばかりではなくものすごく。ある業界のコンサルティングの立上げは、そのリーダーと一緒に行っている。

しかも、私の要望を聞いてくれて、それを手伝ってくれているという形。今そんなリーダーを裏切ることは出来ない。

多分、自分は意外と昔かたぎの人間で、勝負の世界に身をおきたいタイプではあるけれども、やっぱり義理と人情は自分の中で大きな要素なんだよね。

うれしいお話だったけど、やっぱり断ろうかなぁと思っております。

成長しない考えない男。。 

August 22 [Mon], 2005, 22:48
自分が成長するためには、考える力を身につけなければならない。それはそうだ。

そのことについて、今日リーダーからわかり易い話をもらった。
つまり、考えない人、いわゆる覚えてしまう人と、考えて行動する人の差は、言葉が自分の知っているものしか出てこないものと出てくるもの。さらにいえば、覚える人は成長しない。

それはなぜか。それは覚える人が知っていることの中から言葉を捜すため、自分の知らない話題になると、一気にお客様の声が聞こえなくなるからだという。お客様に成長させてもらうことができないのだ。

さらにいうと、自分の知識の中で仕事をする人の限界は100%でしかない。成長のために
は120%で仕事をすることが必要になる。

成長のためには考えなくてはならないし、ましてやコンサルタントとして仕事をしていこうと考えるならば、覚える仕事なんぞ絶対してはならんのだなと感じるお話だった。

経営者と従業員の違い 

August 16 [Tue], 2005, 19:45
最近お客様のもとでおもしろいことをやりました。

それは、マインドマップと言われるものなんですが、まぁ写真のようなものなんだけど、読者の方はご存知でしょうか。。。

これは、アイディアを思いついたり、まとめたりするのに使うんだけど、先日お客様のところで「企業の成長のための課題」ということで、このマインドマップを経営者、従業員2名、そして私とリーダーの5名で行ってみた。

要は、みんなが今後の成長のために必要なものというものを頭の中から抽出していくという作業なんだけど、見事に経営者と従業員では違う結果に。

従業員は、やっぱり人の育成という部分がものすごくウェイトが高い。そのためには、どういう過程が必要だとか。あとは新規のお客さんをどれくらいとるとか、いわゆる日々の売上系。

しかし、従業員の場合は、当然人の部分は入っていたけど、それよりも資金繰りやブランディングといった、より経営の根幹に関わるというか、要はマクロ的な視点であったわけだ。

同じ課題でも経営者と現場の人間ではやはり考え方というか、ポイントの置き方が変わってくるというのが改めてわかっておもしろかった。

ただ、残念なのが、自分のマインドマップはどちらかといえばまだ従業員側に近かったということ。リーダーは完全に経営者のマインドマップ。

まだまだレベルが足らんということだなぁ。

頼むから躾をしっかりしてくれ!! 

August 14 [Sun], 2005, 19:08
世間はお盆休みという中、遠くはるばる小倉への出張。まったくお盆だということを忘れていて、新幹線も予約なしでいってみたら、行きは何とかすわれたものの、帰りは普通に座れなかった。たって新幹線に乗ったのは、学生以来だ。

さて、その新幹線で2日連続嫌なことがあった。
昨日は、新大阪から座ると、前に座った人のゴミが残っていた。ものすごくブルーだった。まじ捨ててくれ。

今日は、小学生のご兄弟様が、新幹線内を走りまわっていた。夏休みだもんね。新幹線なんか普段は乗らないだろうし、楽しいでしょう。だけど、走り回るのはどうかと。というか、注意を全くしようとしない、親はなんなんだ!!新幹線の中で遊ぶことをお前らはおしえたのかぁ!!!とものすごく不機嫌に。

だいたいこれらの2つの行為を、新幹線内で行うことはお門違い。新幹線が提供するサービスというのは、「移動」。終着駅でゴミを残すことは、まだいいでしょう。掃除の人が入るし。(自分はそれもほんとは好きじゃないけども)。

「移動」を本来的機能として提供している新幹線内において、ゴミの処理や遊び場としての機能を期待するのはどうかと思う。

まぁ商売の世界で『お客様は常に正しい』から、これらの行為に対して、サービス提供側が注意すべきではないけれども、サービスを受ける側のマナーというものの必要性は改めて感じる。

最初にあげた2点は、あきらかに他者に迷惑をかけている。ここまで来ると、個人の「躾」の問題だろうけど。。

否定することはしない。 

July 27 [Wed], 2005, 21:33
さて、本日は徹夜になろうとしています。
といっても、私自身はすでに終わっているのですが。これがまだ下っ端の悲しいところ。報告書製本のためには、最後まで私がのこらにゃならんのです。そんなこんなで遅くなりそうです。

『否定することはしない』
今回の表題になっていることば、これはデール・カーネギーの「人を動かす」というほんの中の、『人を動かす3原則』の一つに書かれている言葉です。

人間否定されると、いらっとしたり、沈んだり、要はあまりいい気はしません。逆に褒められると、それがお世辞だったとしても、喜んだり、良い気分になったりします。

人を良い方向に動かそうとするためには、なるべく褒めてあげて、否定しないことがいいそうです。

いうことは簡単ですが、さてこれは実行するのは難しい。

特に、自分はこれまで否定するという行為は多かったように感じます。その中で「褒める」人間になるのは大変なことです。しかし、褒めれる人間というのはとてもすばらしい。
人はどうしても短所が目立ってしまう、そしてそれを注意することは簡単なこと。逆に、いいところって見つけるのが大変。褒めれる人は、それを見つけることの出来る人なわけだから、よほど洞察力がいい。

ちょっとほめるということを意識してみようかと思います。

困りごと。。 

July 18 [Mon], 2005, 19:41
ただいま自分は最悪の状態にあります。

はっきりいって、モチベーションがものすごく低い状態。とても仕事をするのがいやな状態。いったいなぜかと思っちゃいます。

最近、同期がものすごい勢いでやめています。うちの代のやつらは、やりたいこととかがあって、それと今とのギャップに悩みやめていくことが多いよう。

まわりがそうやってやめていくと、どうしてもモチベーションが下がってしまう、おかしなもんです。

自分自信やりたいことはありますが、それは「やりたいこと」であって、「やらなければならないこと」とは違う。

「やらなければならないこと」というのは、企業人として雇われている以上、成果を上げるための活動。つまり稼がないといけない。

自分に言わせれば、今までやめていった人たちは、その責任を放棄した人たちに思えて仕方がない。でも現実にそういう人が多かったのがうちの代。なんかすごく残念。

なんかモチベーションが上がるいい方法ってないものか。。しばらくは大変そうです。

自分の形を早めに決めることの功罪 

July 14 [Thu], 2005, 21:49
昨日の夜中3時頃のこと。寝る前にふとテレビを見ていると、素人さんから歌手を発掘しようといった企画の番組がやっていた。昔のアサヤンみたいなものか。。

何人もの素人さんが歌を歌っている。その中でものすごい上手い人がいた。まじびっくり!その人の歌唱力には審査員のほとんどがうなっていた。

しかし、その人は合格しなかった。理由は、
「20歳なのにすでに自分の形が出来上がってしまっている。」
とのこと。

プロからしてみたら、その人に対しての「伸びしろ」を感じることができなかったのだそうだ。
「伸びしろ」、自分にはまだどのくらいの伸びしろがあるのだろうか。ふと考えてしまう。

うちの会社で稼ぐためには、出来るだけ早く自分のスタイルを確立する方がいい。それは間違いない。しかし、重要なことはその過程である。伸びる可能性を自ら消すようなことをしていないか?ということ。

変にまとまってチャレンジすることを忘れていないか?
チャレンジするということは、たぶん受け入れられないことも多くある。しかし、それこそが自分の成長の「伸びしろ」なのだ。だとすればチャレンジをしなくなることは、「伸びしろ」を失うことになる。

そしてチャレンジするということは若いうちだからできること。それは生かさなければならんな。
人気blogランキング
最新コメント
アイコン画像mae-chan!
» うれしいことやら困ったことやら (2005年09月02日)
アイコン画像tera
» うれしいことやら困ったことやら (2005年08月31日)
アイコン画像mae-chan!
» 困りごと。。 (2005年07月26日)
アイコン画像brad
» 困りごと。。 (2005年07月26日)
アイコン画像MNZ
» 困りごと。。 (2005年07月25日)
アイコン画像mae-chan!
» 困りごと。。 (2005年07月19日)
アイコン画像てら
» 困りごと。。 (2005年07月19日)
アイコン画像mae-chan!
» 理不尽から得るもの (2005年05月26日)
アイコン画像Brad
» 理不尽から得るもの (2005年05月25日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eaglesmaeda
読者になる
Yapme!一覧
読者になる