+*+*+エア・ギア小説2+*+*+ 

May 23 [Fri], 2008, 20:53

『じゃ、海人さん。僕は咢探してきますんで』

とかなんとかでキューブの中に大侵入。
海人に声をかけたが海人はその辺の奴にゴム弾を打ちまくっていた。

『・・・・チッ。     さてと!咢はどっこかなぁ〜』

-----三分後-----
『ぉおっと!!咢発見!!ってぉい、海人サンもいるし』

海「モノホンの檻ン中に叩き込んでやるぜ、ウンコクズが」

『あちゃ-・・・こうなった海人サン、誰にも止められないんだよね・・・ドンマイ咢』

海「嬉しいぜ、別れてまだ一ヶ月っきゃ経ってねーのに千年も離れ離れになってたみてェだ。懐かしいなぁ、咢」
((ゴム弾打ち込みながら))

『ぇ?なに?海人サン・・・ブラコンですか!?ある意味ブラコンですよね!?それ!』

咢「・・・て・・・てめェら・・・」

海「なんだァ?その口の聞き方は、実の兄と未来の姉に向かって」
((ムチで叩きながら))

『いや、未来の姉ってなんだよコノヤロー、僕のことですかコノヤロー』

海「そんなもん10代前から決まってンだよ。お前は俺と結婚すんだよ」

『え?なんですか、こんなところでプロポーズ?ふざけんじゃねぇよ』

海「とまァ、そんなことよりおしおきしねェとな。この際だ、ベロに大き目のピアス開けてやるよ。なァに、なに食ってもちょっと味分からなくなるだけだ。そのピアスに引き縄つけて散歩したら楽しいと思わねぇか?咢」

隊員A「お・・・おい」
隊員B「や、やりすぎじゃねぇのか?アレ・・・」
??「・・・・・いいのよ。昔からああいう形でしか感情を表せない人なの。ボスはね」

そう言うと彼女は海人の方を見た。

??「とっても・・・楽しそう」

海「ハァ・・・・さあて・・・と」

海人はアキラの方を向くと立ちふさがっている蓮に銃を向けた。

海「邪魔だ・・・・どけ」

『海人サン!!??』

海「てめぇは黙ってろ・・・・・・ゴム弾でもこんだけ近けりゃ穴、開くぞ?」

蓮「・・・・!!」

しかし連はアキラの前から動かなかった。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:彩愛&夜深
読者になる
2008年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像亜矢
» 主人公設定 (2008年05月18日)
Yapme!一覧
読者になる