池谷の大越

October 26 [Wed], 2016, 14:42
なかなか妊娠できない体質から抜け出すのに、普段の食生活の見直しも重要なことだと思います。栄養をもとに卵子も精子も作られているので、不健全な食習慣の下では受精しやすい活発な卵子(精子)というのは、望めません。妊娠前にも、妊娠後にも役立つことですから、規則的で栄養バランスに配慮した食事を大事にしていくといいでしょう。葉酸が持つ働きは、妊娠の母体と胎児の健やか成長に働きかけるため、国民の健康に関する業務を管轄している厚生労働省が適切な時期での十分な摂取を呼びかけています。では、葉酸をたくさん摂った方が期待できるのでしょうか。実は葉酸は、水溶性であるため、尿、汗と共に体外に排出され、体内に溜まっていくことはほぼ無いと言っていいでしょう。ですが、葉酸をたくさん摂ればいいのかと言うと決してそうではなく、過剰摂取によって副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性があるそうです。サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意し、規定量を必ず確認しましょう。妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が推奨されています。ところで、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が必要ないのでしょうか。確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。ですが全く摂らなくなっても良いのかというとそんなことはありません。お腹の中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、妊娠3ヶ月までの期間が注意が必要な期間ですので、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。葉酸の摂取について、最も理想的なのは食事で無理なく摂取できるというのが理想的かと思います。葉酸は様々な食材に含まれていますが、含有量の多いものといえば、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花や小松菜などにも多く含まれています。あるいは枝豆、納豆、ホタテなどの食品です。ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのが難しいということもあるでしょう。特に妊娠初期は、つわりなど体調が不安定になりがちですので、食事自体がつらいという時もありますね。そうした時にはサプリメントなどの栄養補助食品の助けを借りるのも良いでしょう。サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、食事で得るものよりも効率が良いと言われていますし、サプリであれば毎日の摂取が負担にならずに摂取できます。意外に思われるかもしれませんが、妊活中にも亜鉛をしっかりと摂取するようにしましょう。なぜかと言うと、亜鉛は卵巣に作用し、グレードの高い卵子を成育するために、欠かせない栄養素だという事が報告されているからです。妊活中の女性以外にも、男性側も、十分に亜鉛を摂取するようにしましょう。亜鉛は卵巣に働きかけるだけでなく、質の高い精子をつくることを助けてくれるんですね。妊活中のご夫婦ふたりで、十分な亜鉛摂取に取り組む事を始めてみるのが良いと思います。友達と会う機会があったので、妊娠についての話をしていたのですが、葉酸の話になって、その中でもサプリについての話で盛り上がりました。友達はベルタから出ているサプリが一番良いらしいって教えてくれました。葉酸のサプリって、妊娠前から飲んでいると妊娠しやすい体になるし、赤ちゃんにも良いと以前教えてもらったことがあったので、妊活中の彼女に勧めておきました。やっぱり、友達が幸せだと私も嬉しいし、元気な赤ちゃんの顔を見せてほしいなって応援しています。葉酸は様々な食品に含まれている天然の栄養素です。青菜系の野菜に多く含まれている事が有名ですが、果物に限った話では、イチゴが有名です。あまり耳馴染みが無いかもしれませんが、ライチも葉酸の含有量が多いと有名です。または、柿やキウイフルーツ、アセロラもそうですし、元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。十分な葉酸を簡単に摂取するためには、オレンジジュースで補うのも良いと思います。妊娠を望んでいる方や妊娠初期の方へのアドバイスなのですが、普段の食生活以外に、さらに葉酸の補給をするように厚生労働省が推奨しているのをご存知ですか。なぜかと言うと、必要な量の葉酸を摂取することで、胎児の神経管閉鎖障害発症のリスクを下げる効果があるからです。サプリメントで葉酸を摂取される方も多いと思いますが、その場合、サプリメントでの補給が、かえって悪影響にならないように、化学合成のものや、添加物が入っていない天然由来の葉酸が入ったサプリを選択することが大事です。葉酸は大変重要な栄養素ですが、熱に弱く水に流れやすいという特徴を持っています。ですので、食材を調理して摂取しようと考える場合にはポイントがあります。具体的には、なるべく火を使わずそのまま食べられる方が良いのですが、食材の種類によって加熱しなければいけない場合、短時間の加熱で済ませられるようなメニューを選び、早めの加熱調理で終わらせた方が良いでしょう。いくつかのポイントを紹介しましたが、このような調理が手間で負担になる場合には、サプリによる葉酸摂取が簡単ですから、おススメです。2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。長女が生まれているので夫は夫婦二人での受診には消極的で、くどく言うと怒られそうな気がしたので、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、妊娠できなくて、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。相乗効果なのか、全部飲み切らないうちに、赤ちゃんを授かることができて、これ以上待たなくて良いのだと思ったら気が楽になりました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルヒ
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eacrinpophctnr/index1_0.rdf