時に人命に関わることもある看護師という

January 03 [Sun], 2016, 12:21

時に人命に関わることもある看護師というシゴトは、大きなやり甲斐と意義を感じることが可能です。しかしながら、反面、この職業ならではの苦労もつきものとなっています。中々きついシゴトであることは確かですし、勤務時間の問題もあります。2四時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、医療現場である以上、緊張の度合いも相当大きく、そこでスタッフ同士の見解のちがいなどから、ぎくしゃくするようなこともあるでしょう。大変だと知りつつ、看護師という職業を願望し、勉強に励む人が多いわけは、良くない点を打ち消せる程に良い点がたくさんあるという事なのでしょう。



看護師の存在は法律上、どういった資格かというと、医師の診療を補助するものとされています。看護師の医療行為というものは実は認められていないのですが、医師から指示された場合は、可能な場合もありますとはいえ、患者の状態が悪くなり、緊急の場合や、急を要する場合には、キャリアのある看護師には部分的に医療行為も行って良いのではないかと思っています。病院では、看護師が一日中途切れないよう、交代制という形の勤務になりますが、そのため、業務の引き継ぎを行なう必要があり、これが申し送りです。


患者さんにおこなわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、追加されたり改められたりした諸々の伝達事項を直接、顔を合わせて話します。


患者さんに関する大変重要な情報も含むので、内容が相手に100パーセント伝わるよう話すようにします。



業務に就いている人間が少なくなる時間を極力作らないように、手早く済ませる技量持とても大切なことです。新卒や既卒で看護師としての就職先が見つからずに失敗がつづくという場合、年齢が壁になったのかもしれません。実際の求人には表面上年齢について書いていない場合も、事情によっては病院側が独自に何歳以下だけを採用すると設定している事もあります。



特に未経験で30歳以上の方が条件の良いはたらき口を見付けるには、難しくなります。



看護師のシゴトといっても、配属された科の診療内容によって、看護技術や処置の方法も異なります。




看護師のローテーション研修は、配属部署以外を回るのですが、自分の部署には無い幅広い看護技術を修得できますし、それぞれのシゴトに対する姿勢を学び、多くの事を学べる機会です。


将来を考えるキッカケになりますから、看護師としてのやる気も上げられるとされているのです。



女の子が憧れることが多い看護師になるためには、広く知られているとは思いますが、学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるんですね。


授業の内容などはそこまで変わらないのですがちがいを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と専門卒の場合と比較すると、ちょっと高い給料がもらえます。対する専門学校の利点は何でしょうか。





それは、学費が大学にくらべて安いということと実習時間が多く設けられているため、すぐに戦力として使える人材になれることだと思います。国民の四分の一ほどが高齢者、それほどに高齢者人口が増えたこともあって、このところ次第に医療機関を利用する人口が増加しています。なので、病院で勤務する看護師についてももっと多くの方手が必要とされているのですが、現実にはどこでも常に人手不足を訴えているような状況です。


しかし、人材が不足している、ということはつまり、それによって求人も多くなりますから、転職を願望している看護師にとっては、転職先を見つけやすい等の助かる点もあります。


看護師が外科に勤務する時の考えられる良い側面と良くない側面を知っておいた方が無難です。




手術をうける前の患者や術後の患者のケアをおこなうことにより、看護師に必要な力を身に着けやすいという事でしょう。残念なことは、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、長期間じっくりと患者のケアをおこなえないことが挙げられます。男性も増えてはきたのですが、まだまだ看護師として働くのは女性がかなりの割合を占めている職業なので一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、比較的離職率が高い職業です。



加えて、働く時間が規則的でないこととか、ハードなシゴト内容であることが原因で離婚率についても高くなっているでしょう。自分一人のお給料だけでコドモを育てていけるというのも離婚に至るハードルが下がってしまう要因ともいえるでしょう。


そもそも看護師といえば専門職であり、生かせる技能は多岐に渡ります。そして、医療現場を始め、いろんなところで常に必要とされています。なので再就職を願望したら、それはすぐに実現できるでしょう。しかも、丹念に当たってみるなら、自分にとって、かなり条件が合う職場にであうことも可能でしょう。




近頃ではインターネット上に看護師を対象とした転職、求人を扱うホームページなどもかなりの数があるんですね。なので、沿ういったところを利用して優良な職場を捜してみてはいかがでしょうか。



転職の際には、看護師のみんなも履歴書が必要なのですが、一つ注意しておかなければならないことがあるんですね。



それは何かと言いますと、特に履歴書の中の志望した動機について、どのように表記するかということになります。



雇用条件であったり、労働環境であったりが良かったのが志望のきっかけだとは言わずに、「ステップアップすることが出来沿うだから」とか今までやってきたことを生かすことが出来沿うだというような理由など見ただけでやる気を感じられるような志望動機がいいと思います。看護師の勉強をするための学校には大学と専門学校という二つがあります。それでは、大学はどんな特長があるんでしょうか。


最先端医療の知識など高度な技術に触れることができることや、一般教養科目を受講する事で、より多方面の分野についても学べるということが挙げられます。


その一方で、専門学校の場合はどうでしょうか。専門学校では、カリキュラム的に、実習の割合が多く、実践的であり、すぐに戦力として使える人材になれるでしょう。



また、学費が心配という場合が多いと思いますが、それについても専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。病棟勤務に就いている看護師の勤務形態ですが、病院によりますが、2交代制か3交代制で誰もが夜勤を経験します。



日勤と違って夜勤は人手がだいぶ減ってしまい、夜中の少人数体制の中でナースコールが鳴りやまない、重体患者の容体が悪化したなど、通常の業務外に、対応するべき案件がとても増えます。


当然、通常業務もこなしますから、トータルの作業量としては、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。看護師をやるからにはほぼ夜勤の必要が出てくるわけで子育てをしながら働く看護師にしてみると不安材料となります。





小学生になる前のコドモだったら、費用はかかりますが、24時間保育が可能な保育所を頼ったり、託児室を完備している病院に勤務する場合はそちらに預けるなどのやり方もありますねが、現実問題として、就学してしまうと預け先が極端に減るということがあります。




ですので、子育て中の看護師の中にはパート勤務に移行していくという方もかなりの割合で存在しています。実は同じ看護師でも格差があるのはご存じでしょうか。



例えば正社員として働く看護師は月給制です。


でも、もしパートなら、給料の支払いは時給計算になるでしょう。





その時給ですがこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのがパート看護師の時給としての相場です。時間いくらのパート勤務にしては良い時給なのかもしれません。




しかし、看護師として、人命にか代わる業務をこなし、かなりの激務をこなしていることを思うと、つくづく安い値段ではないでしょうか。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yui
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eacietetyilpqu/index1_0.rdf