緒方でガッキー

December 21 [Wed], 2016, 19:54
最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。
それは、治療を行う歯科医の腕や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。
歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。
インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。
骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材を使っているためです。
インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費を覚悟しましょう。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。
インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的に治療をすすめていくので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを継続することによってより快適に、長期間使えるようになるのです。
長く根気のいるインプラント治療。
しかし、やっと治療期間が終わったといっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。
ずっと使い続けられるかは、治療後のメインテナンス次第なのです。
歯磨きにも正しい仕方があります。
歯科で指導してもらえるはずですから、毎日欠かさず行うようにしましょう。
歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。
また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。
治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。
手術によってインプラントを埋め込んだ後は極力安静を保って生活するよう気をつけてください。
力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、負荷がかかる身体運動は控えることが望ましいです。
血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。
日常的に運動を続けている方なら、歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくと良いでしょう。
インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることは本当に少ないという点です。
あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もかなり自然にうつり、この歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯を入れたと気づかれることは気にする必要はありません。
前歯など、自然に見せたい歯の場合は優先したい治療方法ですね。
一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。
口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。
また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、その分、人工歯の寿命も短くなってしまいます。
歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。
インプラント埋入手術では、術中、大して痛くないのが普通です。
局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術するのが普通だからです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたりだんだん痛くなってくることもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根が自分のものであるかどうかです。
虫歯などで義歯が必要になるケースでも、根のケア次第で上からすっぽりとクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。
抜歯した場合の選択は、入れ歯もありますが、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはインプラントにして良かった点の一つです。
自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。
だから歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。
ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに頑丈です。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:シオリ
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる