隅田だけど本橋

November 19 [Sat], 2016, 20:24
家を売って借金を返すことが必要になってしまったので、知人に教えてもらって情報を得るのが不動産屋さんに騙されない秘訣と言えるでしょう。最初に知るべきことは、いくらくらいの金額なら売ることができそうなのか、不動産屋さんに関する情報を得ること、この2つの知識・情報が間違いなく必要です。金額が分からないで商談を開始してしまうと取引後に入る金額がつかめませんし、不動産屋さんが決まりませんと希望する程度の価格で売ることができません。
不動産の価格を知るための一般的な方法の1つは、REINSを使うことです。REINSは無料で誰もが利用することができます。REINSなら不動産の相場を把握することができますので、売却を考えている不動産の値段をだいたい知ることが可能です。不動産屋さんへ行く前からだいたいの金額を分かっていると、シロウトだと思って適当にあしらわれて不当な金額で売却しないで済む可能性が高まります。
土地や建物を売る時は、意外と色々な種類の経費がかかるものです。経費はたくさんかかるということを知っておくほうが良いです。経費のうち、代表的なものは不動産屋さんに支払う仲介(媒介)手数料です。売れた金額の3.24%+64800円という計算式(上限)になるので、6000万円の不動産なら200万円くらいのお金になります。この他に税金(所得税、住民税)も必要ですし、マイホームを売るのであればリフォーム費用もかかることが多いです。たとえ4000万円で物件の取引が成立しても、全額を収入としてアテにしてはいけないわけです。
不動産を売る代表的な理由の1つとして、相続によって引き継いたケースがあります。権利関係が複雑な形で不動産を相続することもあります。相続で遺産を分割した結果、どうしても1つの不動産を1人だけで受け継ぐことができない場合、換金してからそれを複数の相続人で分けることもあります。相続税は通常、現金で納めるものですが、現金では納められないと遺族から申し出があれば物そのものを納める物納という方法もありますが、可能な限り現金で納めた方がいいです。
駐車場経営はよくある土地活用の方法の1つとして、かなり人気があります。少額の投資でうまくいけばそれなりの収益が確保できるからでしょう。駐車場経営をする時、月単位で貸す(月極め)もありますし不動産屋さんのアドバイスにしたがって決めるのが良いでしょう。オーナーは一番が儲かるかどうかなのは当たり前ですが、お客さんの立場を忘れると、儲けることは難しくなってしまいます。
住宅はそう簡単に売れませんので、焦って売却しようと思ってはいけません。短くて3ヶ月、だいたい6ヶ月くらいの期間がかかるのが普通です。売り主が売り急いでいることが買い手に悟られてしまうと、不当に低い価格で契約せざるを得なくなり、予想外に少ない収入になる危険があります。住宅を住み替えのために売るなら、住み替える家の購入に必要なお金を含めて住宅ローンとともに支払えるのが理想的ですので、よく考えて納得のできる契約をしましょう。
家を売る場合は買い手が直接、自宅を見に来るわけですが、その時の注意点について解説します。なるべく物件を高額で売りたいなら実践すべき内容です。マイホームに限った話ではありませんが、まずは第一印象が大事です。購入を考えている人が訪問した時、まず目に入る玄関に汚れが目立つようだと、綺麗好きな買い手の心象を損ないます。あと、誰もが気付くような目立つ汚れは取っておき、室内の臭いを取り除くために窓を開けておくと売り主がきちんとした人であるということが伝わり、積極的に購入を検討するようです。
不動産を売却すると税金を取られますが、とても金額が高いですよね。1回の取引で税金を100万円以上も払うなんてバカバカしく感じてしまいます。不動産を売却した時の利益は「譲渡所得」と言いまして、この譲渡所得を元にして、所得税と住民税、2つの種類の税金を納めなければなりません。さらに、土地の場合は取得してかあ短期間で売却すると、実はそうでなかったとしても、土地転がしだったと決めつけられ、とても高い税率がてきようされます。所有期間によって、倍くらいの差がでてしまいます。
土地はモノが一つしかないのに、「一物四価」とか「一物五価」などといって、複数の価格がつきます。求め方はそれぞれ違うのですが、一般の人がそれを知る必要はありません。おおまかに言えば、税金を計算するためのものと、取引をする上で必要なものとに分けられます。路線価や固定資産税評価額は税金を計算するための価格で、これらはだいたい公示価格の8割弱になることが多いです。時価も公示価格も実際の取引の上で参考にはなりますが、最終的な価格は、時価や公示価格とは違うのが当たり前です。現場の不動産屋さんは直近の相場を認識していますから、古いデータであるそれらを使うことはまれなのです。
マイホームを買うことは庶民の夢です。サラリーマンにとっては普通、生涯に何度もない、一大イベントになります。そのため、買うためにたくさんのことを勉強する必要があります。税金の話や、不動産屋さんとやりとりをする上でのテクニックは大事ですが、土地や近隣に住んでいる人の雰囲気を自分で確認することがお金のことよりも一番、大事なことだというのが私の考えです。イメージで土地の印象を判断してしまいがちなので、注意が必要です。三軒茶屋など、若者に人気の街なんていうのがありますよね。生活の場と遊びの場は分けた方が正解です。ですから、いきなり契約せずにきちんと現場を知ることが必要です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:イッカ
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ea6e0rtaisccpb/index1_0.rdf