沢村の大森信和

March 11 [Sat], 2017, 18:56
日本にいる看護師の年収は平均437万円くらいです。



しかし、国立、私立、県立などの公立病院に在籍している看護師は、公務員として在籍しているため、年収は平均すると593万円ほどになります。

公務員として勤務している看護師は給与の上がる率も民間の病院より高く、福利厚生も満足いくものになっています。
准看護師として勤務している場合は、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いです。



看護師の資格を取るための国家試験は、年に1度催されます。看護師の人数の不足が深刻になっているわが国の為には喜ばしいことに、ここ数年における看護師資格の合格率はおよそ90%と非常に高い水準を示しつづけています。看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超過できれば合格可能な試験です。修学旅行やツアーなどに随行して、ケガや病気の簡単な処置や病院の手配をする看護師もいます。
おこちゃまのいる既婚者は週末が休みになっていたり、夜勤をしなくてもいい職場を願望しているものです。病院ではないところで働くには、その職場に適した専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格があると、採用されやすくなります。学校行事の旅行や一般向け旅行企画などに参加し、怪我や病気のその場での処置や現地での病院手配をする看護師もいます。
家庭をもっておこちゃまのいる人は週末は休暇であったり、夜の勤務が免除される職場を捜しているものです。病院以外の場所で務めるには、その場に適した医療の知見を習得し、認定を受けた看護師や専門看護師の資格があれば、働き口が見つかりやすくなります。


看護師の勤務しているところといえば、病院という想像が普通でしょう。
しかし、看護師の資格を使える職場は、病院の他にもさまざまとあります。
保健所で、保健師の方と協力して、地域にお住いの方の健康上の様々なケアをするのも看護師の職務です。
また、福祉施設の中には医師が常駐しているところは少なく、大概の医療行為を看護師が行います。


看護師の資格をもらうための国家試験は、1年に1度あります。看護師の不足が問題となっている日本にとってはうれしいことに、ここ数年の看護師の国家試験合格率は約90%と非常に高水準を維持しております。看護師の国家試験は、大学入学試験のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格できるものです。看護師の転職で失敗しないためには、未来のことを考え、早めに行動することが重要です。
それに、どのような条件を重視するのかを決めておくことをお勧めします。


将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、その願望が叶えられ沿うな転職先の情報をちょっとずつ集めてちょうだい。年収と職場環境、勤務形態など、自分にとって大事な条件もピックアップしておきましょう。
なぜ看護師になろうと思ったのかは実際、どんなことをきっかけにして看護師を志望するようになったのかを交えれば良い印象になります。転職の場合の志望動機はこれまでに蓄えたスキルを有効活用したいより誰かの役に立つ技術を身につけたいなど、ポジティブな印象を与えられるようにしましょう。
前の職場の批判や陰口は口にしないほうがいいです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユヅキ
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる