毎日が趣味のページの日記

毎日が趣味のページの日記ではサイト運営記録や、ゲーム日記を書いています。

サイトへのリンク
最新コメント
Access:counter
アーカイブ
«2011年01月 | トップページ | 2009年04月»
2010年新年明けましておめでとうございます / 2010年01月01日(金)
 2010年、新年明けましておめでとうございます
 昨年9月にロードオブザリングがサービス終了となってしまい、今は以前少しだけしていたファンタジーアースゼロをやっています。

 ロードオブザリングはグラフィック、システム、ストーリーどれをとって見ても、日本で出来るMMOの最高峰だったと思います。
 揺れる草木や幻想的な世界、そして多分無料ゲームではおおよそ想像も出来ない広大な世界、他のゲームと似た使い勝手にさえ変えられるカスタマイズ性の高さ、又、私が2年やって辿り着いたのは序盤ともいっていい位でトンでもないストーリーの奥深さ、これも全て原作の膨大な設定があってこその内容だと思います。
 それ故にPCの性能もそれなりに要求され、無料ゲーム全盛の日本で月額課金という事もあって、いまいち浸透せずに残念ながらサービス終了となってしまいました
 サービスは終了となってしまいましたが、私としてはキンシップのメンバーに恵まれ、楽しく過ごせた時間は大変いい思い出になりました。
 キンシップの皆さん、長い間本当にありがとうございました

 因みに日本と違って、本場アメリカでは沢山のサーバが立っていて、かなりの賑わいのようです。生涯課金もあるようで、一緒にやっていたキンシップの方も何人か移住されています。
 私も2年してやっと序盤を終え、これからの長いストーリーをぜひ続けて行きたいと思っていましたが、日本語が使えないのもあり、中々決断出来ていません。
 という訳で一旦ロードオブザリングから離れる事になりましたが、暫くしてまたどうしてもあの世界観に浸りたくなったら再開したいなとは思っています

 後、一旦離れるという事でロードオブザリングの原作についても少し触れたいと思います。
 私はゲームを始めてから読みましたが、ファンタジー小説としては今読んでも凄く楽しめると思います。誰でも知ってるホビットはこの原作から生まれ、今尚様々なファンタジーで出てきますし、その壮大な時代背景、最後の壮絶な戦闘描写は小説でありながら圧倒的な臨場感をもたらしてくれます。
 映画もかなり流行ったみたいですが、映画ではかなり省略されている部分もあって、その省略された部分に重要な人物が出てきたりします。私としては映画以上、MMOと同じ位に引き込まれたので、興味がある方は一度読んでみて下さい。きっと海外サーバでこの世界を楽しんでみたいと思いますよ

 又、最近やっているファンタジーアースゼロですが、ロードオブザリングにはグラフィック、システム、ストーリーどれをとってもかなり引けをとりますが・・・そこは流石に専用ゲームなだけあって対人戦に関してはロードオブザリングに引けをとってないと思います。
 私はMMOではいつも育成やストーリー進行を重視して殆ど対人はしてこなかったのですが、興味がない訳ではなかったので、ファンタジーアースゼロも楽しく遊んでいます。
 しかも、誘われるままに加入させて頂いた部隊がとても皆さん良くしてくださる部隊で、対人戦の苦手な私に色々教えてくれたり、部隊と部隊で戦う勝ち抜き戦のバンク大会があったのですが、全然ダメダメな私なのに死んでも文句一つ言わず、逆に戦い方を教えてくれて代表に出してくれたりして、暖かく見守ってくれます。
 バンク大会自体は残念ながら2回戦で敗退しましたが、部隊の皆さんが強かったのもあって1回戦は見事に突破出来ました
 始めてすぐに誘われるままに加入したのですが、私はネトゲでは部隊というかキンシップというか、そういうのにとても恵まれているなって感謝しています。
 部隊にも恵まれたのもあって、暫くはファンタジーアースゼロを続けていけたらなって思っています

 話は全然変わりますが、年末に久しぶりに映画を見ました。
 アバターなのですが、私は映画は普通に好きでもわざわざ映画館に行くというのは滅多にありません。
 でもアバターは3Dという事もあって家では見られないと思ったので、公開初日に行って来ました。
で、これがとても驚きました
 ジェームズキャメロン監督という事で映像、ストーリーどれをとって見ても楽しめるのは間違いないですが、最近の3Dの臨場感に圧倒されました。
 ちょっと前までは3Dと言えば、目の前に突然物が飛び出して来てビックリさせるような使い方が主で映像自体はそれ程でもない印象を持っていたのですが、アバターではそんなシーンは殆どなくて、今そこに自分がいるかのような臨場感が味わえる作りになっています。
 ジュラシックパークであの本当に生きているかのような恐竜のCGの凄さに驚いたのを覚えていますが、今回の3Dはその時と同じ位にビックリして最近の技術って凄いなって思いました。
 これは映画館で3Dで見るのが絶対お奨めです

 久しぶりの更新でこれまで書いてなかった事を沢山書いて長くなってしまいましたが、今年もどうか宜しくお願いします
 
コメントの表示と投稿(0)
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:のびきよ
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる
 主にネットワーク入門サイト、ホームページ入門サイト、The Elder Scrolls V: Skyrim紹介サイトの運営記録を書いています。
 又、以前やっていたロード・オブ・ザ・リングス(LOTRO)、トリックスター、出会い系サイト的スペルバウンドの攻略サイトの話題にもたまに触れていきたいと思っています^^
2010年01月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Yapme!一覧
読者になる
Global Media Online INC.