一人親方労災保険に加入したい方に知っていただきたいこと 

August 29 [Tue], 2017, 14:39
労災保険料の支払いが難しいばかりに、一人親方労災保険の加入を見送った方がおられませんか?
一人親方団体労災センターでは、その保険の分割払いができますので、無理のない支払いで万全な守りを手にすることができます。

初年度に限り3,000円の入会金を支払うのに加えて、月々1000円の組合費と労災保険料があれば加入できるのも嬉しいところ。
一人親方にも十分な補償を与えたい!と強く願う一人親方団体労災センターの心遣いがよく表れているではありませんか。

一人親方労災保険に加入できる職種は、ガス工事や道路工事、橋げた工など様々です。
どの職種がその保険の加入条件を満たしているのかを確認することも、強力な補償を味方にするためのポイント。

鉄筋工事に屋根工事、舗装工事も加入可能職種ですので、大抵の一人親方は一人親方労災保険に加入できるのだろうと見受けられます。
一人親方の味方になってくれる保険ですし、該当職種の多さで加入率を高めることは当然なのでしょう。

一人親方に十分な補償を与える一人親方労災保険が人生を変えるかもしれません 

August 11 [Fri], 2017, 4:42
一人親方労災保険は加入しにくいとお思いの方は、一人だけでは加入できないと感じていませんか?
一人でも加入できるので、わざわざ人数集めて一人親方団体労災センターで加入手続きしなくても良いです。

とは言え団体だと入会金の割引が効くので、可能であれば団体で申し込むに越したことはありません。
ご参考までに、5名様以上で1,500円になり、10名様以上だとタダになります。

得意先が一人親方を頼りにしているならば、一人親方が不慮の事故で職場復帰が困難になるのは避けたいですよね。
一人親方労災保険ならば労働者さながらな補償を与えるので、仮に怪我などで働けなくなっても手厚い補償で職場復帰を容易にします。

一人親方の特別加入は、一人親方のみならず他の方にもプラスになることだと言っても過言ではありません。
一人親方労災保険ならば治療費が無料になるため、治療費の捻出が難しくて中々怪我の完治に至らないなどの問題に直面せずに済みます。
労働者でなくても十分な補償が受けられることが、その保険の大きなメリットではないでしょうか。

一人親方労災保険は補償がしっかりしている上に追加費用が掛かりません 

August 10 [Thu], 2017, 11:19
一人親方として活動する上で足枷になるのが補償問題であり、労働者のように万全な補償が受けられません。
大きな事故に見舞われたときに多額の治療費が発生してしまうことを想像しただけで、安心して働こうという気になれないのは勿体ない話です。
安心が確保されなければ仕事のモチベーションが下がってしまい、仕事の質にも影響を及ぼしかねません。

そのため一人親方団体労災センターが一人親方労災保険の加入を推し進めるようになり、補償の足りなさで喘いでいる一人親方の力になっています。
労災事故が起きても追加費用が掛からない保険なので、一人親方にお勧めです。

余計な費用が掛かってしまうと予想外の出費を考えなければいけなくて気が滅入ってしまいがちに…。
そうならないための一人親方労災保険は、金銭的な問題を抱え込ませない良心的なところが高く評価されているのではないでしょうか。
大工や電気工事などに携わっている一人親方が加入対象なので、一人親方団体労災センターで特別加入を済ませることもお考えください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:a9q
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる