順張り・逆張り

May 19 [Wed], 2010, 18:36
FXの取引で良く使われる言葉、順張り・逆張りについてです。

順張りか、逆張りか。
順張りと逆張り。
読んで字のごとく、順張りは、相場が上昇していれば、相場の流れに乗って「買い」をする。相場が下降していれば、同じように相場に乗って「売り」をする。
逆張りは、順張りの逆。相場が上昇しているところで(そろそろ下降すると考えて)売りをする。また、相場が下降しているところで、(そろそろ上昇すると考えて)買いをする。

FXに関する本はたくさん読みましたが、その多くが、「初心者は順張りのほうをおすすめします」的なことが書いてあります。

自分はFXを始めたばかりのころは、逆張りの注文をすることがすごく多かった。
「こんなに値が下がったから、もう上がるだろう」と。でもこの「もう上がるだろう」っていう予想は、初心者だから当然何の根拠もない予想だったんですが。

予想ができないから、とりあえず動いている方向に流れて注文するようになったら、負ける回数は減りました。

たとえば、図中の「A」で逆張りをすれば、大きく利益をあげることができる。でも、プロの人の多くが、底値を見極めるのは不可能だって書いてます。

逆張りのほうが大きく稼げるイメージがあるかもしれません。順張りが簡単なわけではないですが、初心者の場合だと逆張りで稼ぐのは結構難しいと思います。
2010年05月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像こんにちは
» 順張り・逆張り (2011年05月25日)
Yapme!一覧
読者になる

P R
http://yaplog.jp/e9mkgr/index1_0.rdf