水俣病未認定訴訟、和解勧告へ=原告、被告双方が上申書−熊本地裁(時事通信)

January 15 [Fri], 2010, 23:35
 水俣病未認定患者団体「水俣病不知火患者会」(熊本県水俣市)の会員約2000人が、国や熊本県、原因企業チッソを相手取り損害賠償を求めた集団訴訟で、原告と被告の双方が15日、熊本地裁に和解勧告を求める上申書を提出した。次回22日の口頭弁論で和解勧告が出される見通し。
 不知火患者会は2005年の提訴当初から裁判を通じた救済を求め、09年11月まで追加提訴を繰り返してきた。同年7月に成立した水俣病救済特別措置法にも、「被害者ではなくチッソ救済を図るものだ」と反発していたが、環境省が同年10月、患者会と和解を目指す方針を表明して以降、両者で和解に向けた事前協議が進んでいた。
 会員の高齢化で早期解決を目指す必要があると判断したとみられ、園田昭人弁護団長は「国がようやく解決のテーブルに着いた。早期の補償実現を目指したい」などと話した。 

【関連ニュース】
水俣病、来年5月に救済開始を=環境副大臣
追加提訴で原告2000人超える=水俣病集団訴訟
水俣病集団訴訟、県が和解意向=知事「国と連携し対処」
未認定患者ら、全員救済求める=新潟水俣病4次訴訟

<交通事故>自転車の高2、車にはねられ死亡 愛知・豊川(毎日新聞)
「霞が関」直接要望続ける、岡山県知事が強調(読売新聞)
出納責任者に懲役1年6月求刑=民主後藤氏陣営の選挙違反事件−熊本地裁(時事通信)
法廷外から訴訟に参加=ネット活用、弁護士ら実証実験−福岡(時事通信)
ホームで吐く高校生、電車と接触し死亡(読売新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/e9ezj0rs/archive/9
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。