涼を求めて。

July 22 [Fri], 2011, 4:31
昨日、県北部の養父市大屋町にある明延鉱山跡へ行ってきました。目的の1は明延鉱山と神子畑にあった精錬所を結んでいた明神電車、別名円電車の動態保存に乗車すること。もうの目的は鉱山跡の坑道へ入ることでした。目の円電車は明延復興館に保存してあったものを、月に回運転をしているようです。乗車時には昔の運賃と同じく円以上を寄付金として納めて、乗車できます。当時の切符と同じ切符をいただくことができます。蓄電池で走る機関車と当時の客車の両が短いながら、レールの上を往復します。その後、坑道へ入っていきます。ここも円電車の運転日に合わせて見学できるようで、普段の日に行くと入抗料のほかに指導員の代金も必要とか。お出かけの際には注意をまず、坑道の入り口まで各々の車で移動。そこでさらに点呼を受け、ヘルメット着用。坑道入り口で説明を受けるのですが、とにかく寒い坑道の中の温度は度とか。外はうだるような暑さだったのに、めちゃくちゃ過ごしやすい。でも、地下水がひっきりなしに出ているので足元が悪い。トロッコのレールが至るところに残り、坑内の案内のほか、当時のエピソードを聞くなど、時間半ほどのツアーでした。配線マニアとしては案内よりもレールが気になってしまった。画像は別途、を予定しています。真夏の暑い時に訪れるのもいいかもです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:e9anlzbldq
読者になる
2011年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/e9anlzbldq/index1_0.rdf