飛蚊症はレーザーで治療する

February 25 [Wed], 2015, 18:23
後部硝子体剥離に伴う場合は自然に改善するのを待つのが一番です。突然症状が重くなってきたときは、「網膜裂孔」の可能性がありますので、受診が必要になります。手術で除去することもできますが、網膜剥離になるリスクがありますので、手術はおすすめできません。網膜裂孔に伴う場合には、レーザーによる予防が必要です。網膜に裂け目ができると、眼内の水分が網膜の下にしみこんで、網膜剥離を起こす可能性が高いからです。レーザーは網膜剥離にならないための予防であり、厳密には飛蚊症を治すための治療ではありません。よく聞く話ですが、レーザーをしたが治らないと、話される方がいらっしゃいますが、これは、予防であり、飛蚊症の治療ではないので、飛蚊症の現象は起こることがあります。あくまでも、網膜剥離にならないための治療です。あまり神経質にならずに、自然と症状が移動してくれることを待ちましょう。失明や視力の低下などの恐れはありません。m字ハゲ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あつこe99sgi88
読者になる
2015年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/e99sgi88/index1_0.rdf