友人に教えてもらった化粧水は、とても気にしていた私のアト

August 05 [Fri], 2016, 21:32

アトピーにとても効く化粧水を使用し続けています。







友人に教えてもらった化粧水は、とても気にしていた私のアトピーを思いのほかキレイに治してくれたのです。







今まで嫌いだった鏡を見るのが、たいへん楽しみになりました。







手で顔を触る度に素肌がサラサラしていることを感じています。







実は、オリゴ糖は乳酸菌の増殖を助ける成分として注目の存在となっています。







事実、オリゴ糖を給餌された乳酸菌の働きはアクティブになり、胃や腸、の悪玉菌の増殖を減らし、腸内環境を正常な状態に近づけてくれます。







乳酸菌とオリゴ糖は双方ともお腹の機能増進や健康の維持には必要不可欠な成分であるといえます。







アトピー性皮膚炎の患者の角質層はセラミドが問題がない状態のときよりも少ない状態になっていて、肌の水分を保つ力や守る役割が低くくなっています。







これを補足して正常な状態に近づくようにするには、保湿が最も大事です。







それ故に、お肌の表面を保護して、水分が抜けないように保湿剤を使う事が必要なのです。







私には乳酸菌サプリと言えば、何てったってビオフェルミンです。







小さい頃から売られていたサプリであり、便秘や下痢やお腹が痛む時でも、いつも私のお腹を守ってくれていました。







「人には人の乳酸菌」とCMで言われていますが、私にとっては効果がある乳酸菌サプリとはビオフェルミンです。







もし便秘になっても、薬を飲めばいとも簡単に、解決することができるとは思いますが、薬頼りになってしまうのはよくないので、やはりまず最初に食事を見直してみてください。







食物繊維を多く含んでいる食事を摂取すると効果的で、不溶性と水溶性の2種類の食物繊維をバランスよく摂ることが重要です。







野菜、きのこ、海草などもすすんで摂ってください。







近年、アトピー性皮膚炎の治療に利用される薬は、年ごとに高い効果を得られるようになっています。







もちろん、必ず医師の指示の下で適切に用いるということが大事です。







もし、異なる治療方法や薬を試したい時には、医師とよく話し合うか、担当の医師以外の医師に意見を求めるといいでしょう。







自分の考えだけで判断することはよいことではありません。







実は乳酸菌を摂ると色んな効用があります。







例えば、腸内にいる善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、お腹を良くしていきます。







結果、免疫力が上がり、沢山の健康に対する良い効果が得られます。







アトピーに良い効果があったり、インフルエンザといった感染症の予防にも効果を発揮します。







乳酸菌は体に対して健康にいい効果が高いとされているのです。







毎日続けて摂っている乳酸菌のおかげで私の体はとっても健康的になることができたのでした。







朝起きたら毎日欠かさず、ヨーグルトを摂取するようにしています。







ヨーグルトは工夫次第でいろいろと味を楽しめますし、便秘にならずにすみます。







乳酸菌を摂ることにしてから、肌の方も調子がよくなってきて、ダイエットにもなりました。







ベストな乳酸菌の摂取時間ですが、どれくらいを、どのくらい摂るかは商品のパッケージに、まずはそこから始めて下さい。







摂取するのと比較した時、こまめに分けた方が身体に行き渡るということから効果が期待できます。







インフルエンザに感染したことが判明すると学校に出席することが5日間できなくなります。







仮にインフルエンザに感染した場合でも、2、3日で発熱は治まるので、つい、登校する気になってしまうかもしれません。







平熱に戻っても、体内にウィルスはまだ残っており、他の人にうつしてしまうこともありえます。







なので、お休み期間は守ることが集団感染しないためには重要なことです。







実は乳酸菌を摂ると様々な良い結果がもたらされます。







善玉菌を数を多くして悪玉菌の数を抑え、いい方向へと働きかけます。







疫力アップにつながり、多くの健康効果を実感することが出来ます。







例えば、アトピーに対しても改善効果があったり、インフルエンザ等の感染症予防にも効果が期待できます。







乳酸菌は身体の健康をより良くする働きかけが高いんです。







大便が出なくなると、体に不要なものが体外に出ないため、口臭が感じられるようになります。







どのように毎食後歯ブラシをして、歯のすきまの掃除、洗浄液で口内をきれいに保っても、口臭は腸から胃を伝わって不要なものを排出しようとし、口臭の原因になるのです。







このような状態の時、便秘が改善されると、口の臭いも自然と亡くなると言われています。







便秘にいい食べ物を毎食摂っています。







どういうものかといえば、バナナとヨーグルトでなんですね。







来る日も朝食べています。







食べている間に、便秘が解消してきました。







あんなにも頑固で、大変だった便秘が治って便秘薬を飲む必要がなくなりました。







現時点でポッコリしていたお腹も、へこんできていて嬉しいです。







インフルエンザに感染したことがわかると学校の出席が5日間できなくなります。







インフルエンザに感染したとしても、発熱の症状は2、3日で治まりますので、登校しようと思ってしまうかもしれません。







たとえ平熱に戻っても、くしゃみなどにウィルスはまだ潜んでおり、他人にうつる危険性があります。







なので、お休み期間は守ることが集団感染を防ぐのに大切なことです。







アトピー性皮膚炎患者の角質層はセラミドという成分がなにもない状態の皮膚よりも少なくて、肌の水分を保つ力やバリア機能が下がっています。







これを補足して健康に近づけるには、保水保湿が大変大事です。







そのために、お肌の表面を保護して、水分が抜けるのを防ぐ保湿剤を使う事が必要なのです。







ご存知かもしれませんが、乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作り出すというところでは一緒なのですが、ビフィズス菌にはそのほかにも、酢酸などの成分も、作り出す力があるのだそうです。







ノロウィルスの対策に良いと言われているのでしょう。







最近では、様々な感染症の話を聞くので、できるだけ意識しながら摂取するといいかもしれません。







いわゆる乳製品でなくても、乳酸菌が入った食品があることを知り、乳酸菌とは一体何か調べてみました。







いろいろ調べてみたら、実は乳酸の菌という意味ではなくて、化学反応によって乳酸を作り出す菌類全般のことなのだそうです。







これは常識なのですか?生まれて30年以上生きて来て、生まれて初めて知った事実です。







乳酸菌がお腹や体の健康に良いのはみんな理解しています。







ですが、乳酸菌は胃酸にやられてしまうので、せっかく摂取しても胃でなくなって効果が出ないのではというふうに期待していない人もいます。







実際は乳酸菌が生きてるとか死んでるとか関係なく摂るだけで腸の免疫機能がアップして、体の健康維持のために大変効果的です。







子供がアトピーだとわかったのは、まだ2歳のときでした。







膝の裏がかゆいと動作で訴えていたので、かゆみ止めとしてステロイドを貰いました。







そうしてステロイドを2年と少し続けて、気にしながら様子を伺っていましたが、かゆみや皮膚の赤みは一旦ひいてもまたすぐにぶり返し、ぜんぜん良くなりません。







結局、保湿剤を漢方薬に変えて、色々見直してやっと、小学生になる頃にはすっかり症状は収まりました。







私が便秘になった理由は、運動不足にあるのだと思います。







毎日の通勤は車なので、歩く事もめったにありません。







飼い犬などもいないので、散歩に行くようなこともないのです。







そういった理由で、私は便秘なのでしょう。







便秘の改善や予防のためにも、ウォーキングを今日から始めることにしました。








http://o5zqnbo.blog.shinobi.jp/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:e7zo0ta
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/e7zo0ta/index1_0.rdf