動物の体内にある最も主要なタンパク質

May 08 [Thu], 2014, 19:15
コラーゲンというものは、動物の体内にある最も主要なタンパク質で、皮膚、筋肉、内臓、骨、関節、眼、髪など身体の中の様々な場所に豊富に含まれており、細胞と細胞をつないで支える糊のような重要な役割を持っていると言えます。
体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃に最も豊富で、30代に入ると急速に減るようになり、40代の頃には赤ちゃん時代と比較してみると、約50%ほどに減少してしまい、60代以降にはかなり減ってしまいます。
「無添加と謳われている化粧水を選ぶようにしているので恐らく大丈夫」と考えている方、その化粧水が間違いなく無添加であると確認して使っていますか?実のところ、数ある添加物の中の1つを入れないだけでも「無添加」ということにして構わないのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆいとvw9p
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/e7yvukbt/index1_0.rdf