梶田と鳴瀬喜博

February 27 [Sat], 2016, 19:05
昨今は高齢化社会が進み、福祉施設でも看護師のニーズは拡大してきているのです。さらに、大きな会社になると医務室等にも看護師がいて、健康に関する相談や健康診断、ストレスといった精神面でのケアを実施しております。こういったケースは、その会社組織の社員として入社をすることもあるでしょう。看護師の勤めているところといえば、病院という想像がオーソドックスでしょう。しかし、看護師の資格を活用できる職場は、病院以外にも様々あります。保健所で、保健師の方と協力して、地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の仕事です。それに、福祉施設には医師が常に居るところは少なく、大抵の医療行為を看護師が行います。看護師の国家試験に受かることよりも、断然、看護学校を卒業する方が難しいと感じる人も多いのです。看護学校はそれほど厳しく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年だそうです。厳しい学校を卒業して、看護師国家試験にも合格した人は、ぜひ看護師として、現場に出て欲しいですね。当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長時間の勤務となっているので、仕事中に仮眠をとることが可能です。月に8回までと国の指針によって決められていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。勤めている病院の勤務シフトによっては、とても不規則な生活を送るようになったり、疲れが抜けにくかったりするのも、離職する看護師が多い理由の一部かもしれません。全国での看護師年収は平均437万円程度です。でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均して593万円くらいになるのです。公務員看護師は給料の上昇する率も民間病院より高くて、福利厚生も充実しているのです。準看護師だと、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。看護師になるための国家試験は、1年に1度行われます。看護師不足が深刻になっている日本にとっては良いことに、ここ数年における看護師資格の合格率は90%前後とかなり高い水準を推移しています。看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定の水準以上であれば合格を勝ち取ることのできる試験です。看護師免許を得るには、何通りかの方法があるでしょう。看護師免許を取得するには、国家試験受験の必要があるのですが、すぐに受験することは認められません。受験資格を手にするために看護専門学校(3年間)か看護系短大(3年間)、または、看護系大学のいずれかで、看護に関して学ぶことが必要だというわけです。看護士になりたい理由は実際、どんなことをきっかけにして看護師になりたいと思ったのかを入れるとイメージが良くなるでしょう。転職の場合、その理由はこれまでに培った経験を有効活用したい今以上に、人の役に立つ技術を取得したいなど、いい印象を与えられるものにしましょう。今までの勤務先についての良くないことは口にしないことが大事です。看護士だと、求人はたくさんありますが、希望通りの条件の求人があるとは言えません。看護師の資格を持っている方で就職できればいいと思っている方はあまりいないものです。できれば給料が高額で、職場環境が良く、夜勤がない病院などに勤務したいと思っている方が多いでしょう。望み通りのところに転職するには、情報の収集が重要になります。看護師の勤務の形態は、他の職業に比べてかなり特殊な上に、職場によっても異なってきます。職場では一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっているというケースが多いでしょう。2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制の方が人気があります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アイミ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/e7up0hto8rpgne/index1_0.rdf