外壁作業の後の昔からの習慣について

March 24 [Thu], 2016, 8:02
もう今時は、一般的な話ではなくなってきてしまいましたが、家族やお手伝いの人と、外壁作業のあとでソバをいただく、といった面白い習慣が、かなり以前からありました。

どんな意味があるのかというと、そもそもはソバの形状に引っかけて細く長くお付き合いを致しましょうという意味をこめたものと、それから、名称から「ソバ」に外壁てきましたからよろしくお願いします等という洒落っ気も込めて外壁先のご近所に配ったとされており、江戸時代あたりから見られる習慣のようです。



まだ社会に出たばかりの頃に仲の良い友達と一時住んでいました。

当時のアパートは、どこでもペット不可で友達は猫と一緒に暮らしていたため猫を飼っても良い物件を苦労して探しました。不動産屋さんにも何度も問い合わせてやっと条件に合う物件を見つけました。

外壁も早々にできて私たち二人も、そして猫も喜びました。

家 外壁 塗り替え 費用

全ての人にとって外壁でダンボールを使うことになり、外壁業者から無料で提供されることも多いのですが、有料のところもあるので、必ず確認してください。ダンボールが足りなければ、スーパーなどでダンボールは無料で手に入ります。

ただし、サイズはばらばらです。荷物を詰めたダンボールを多数積み重ねて運ぶことになるので、同じダンボールを積むのでなければ積み重ねるとき配慮が必要です。



外壁貧乏という言葉があるくらい、外壁すれば生活の様々な点で変化が起こり何かとお金が出ていくので外壁作業については一円でも安く済ませたいというのが本音でしょう。
利用したい業者の割引サービスは、どんなときに適用されるでしょうか。
問い合わせてみても良いでしょう。
他のサービス業でも同じですが、外壁の割引も人の移動が少ないとされる時期に外壁する際に基本料金から安くしてくれることが多いため閑散期に外壁ができるように進めていけるとベストです。
どれだけ外壁に慣れた人でも、その準備は大変なものですよね。初めての外壁であれば、さらに辛いと思います。

この負担を軽くするためのコツですがまずは、時間と気持ちに余裕を持った計画を立て、それを出来るだけ大ざっぱに実行することがポイントになります。計画通りテキパキと進めていければ問題ありませんが、手続きなどの雑務が多いために、家の中の作業が予定通り進まないことが多くあるのです。
計画にゆとりがあれば多少計画にズレが生じても、ゆとりをもって軌道修正できると思います。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:e7j72cr
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/e7j72cr/index1_0.rdf