ジャーマン・ロングヘアード・ポインターがあき

November 17 [Thu], 2016, 23:05
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。









他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再手術を迫られ、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。









埋入するのもリスクがあって、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。









完全に歯がなくなってしまった部位にも使える治療法であるインプラント。









ですが、制約もあるので覚えておきましょう。









何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているということです。









これは重要な事実です。









どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするケースがあり得ます。









そのような場合は別の方法に頼るしかありません。









インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯にはセラミックが用いられることが最も一般的だといえます。









セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。









人工歯の製作には、高い技術と美的センスを持ち合わせていなければなりません。









これには大変な手間と時間がかかりますから、その分、インプラントの人工歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。









インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといって治療後はほっておいていいとは誰も言っていません。









傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病を引き起こすこともあるのです。









自分の歯に対する手入れと同じで良いので必要なお手入れをきちんと指導してもらい、完璧なセルフケアを目指してください。









また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。









どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医の治療を受けようとすればどこの国までも治療を受けに行くというのもありえます。









インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。









長期間快適に使える歯を手に入れるため、すぐにあきらめることなく、できる限りの情報を手に入れることが夢をかなえるためには大事です。









様々なインプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。









その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった口コミがあったかもしれません。









それは違います。









MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。









当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。









インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、そのため、MRI検査は問題なくできます。








P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ホノカ
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる