自己負担とジェネリック医薬品

August 20 [Tue], 2013, 6:52

ジェネリック医薬品というのは新薬の特許が失効してしまった後に発売され、新薬とまったく同一の成分で金銭的な自己負担が小さくて済む(薬の金額が高価ではない)後発医薬品のことで、最近知られるようになりました。

アルコール、お薬、化学的な食品添加物などの成分を酵素で分解し、無毒化する働きの事を解毒(げどく)と呼んでおり、肝臓が果たす非常に大事な職責の一つであることは間違いありません。

基礎代謝量というのは目が覚めている状態で生命活動を維持していく(心臓、口や鼻からの呼吸、腎機能の活動、体温や筋緊張の維持等)のに必要な理論上のミニマムなエネルギー消費量のことを指します。

黴菌やウィルスなど病気を齎す微生物、即ち病原体が口から肺の中へ進入して伝染してしまい、肺自体が炎症反応を示している病状を「肺炎」と称しているのです。

通常ならば骨折は起こさない位の弱い圧力でも、骨の狭いポイントに何度も次から次へと力が加わってしまうことにより、骨が折れてしまう事もあり得ます。



筋緊張性頭痛というのはデスクワークなどでの肩こり、首こり、張りが要因の日本人に多い頭痛で、「締め付けられる強烈な痛さ」「重いような酷い痛さ」と言い表されることが多いようです。

子どもの耳管の特性は、大人のそれと比較すると幅が広くて短い形であり、しかも水平に近いため、菌が入り込みやすくなっているのです。大人より子供の方がよく急性中耳炎に罹るのは、この作りが関係しています。

日本における結核対策は、長年、昭和26年に制定された「結核予防法」に拠って推進されてきましたが、平成19年からはその他の感染症と等しく「感染症予防法」に従って行われる運びとなりました。

BMI(体重指数を算出する式はどの国でも同じですが、BMI値の評価は国単位でそれぞれ異なっており、JASSOではBMI値22を標準体重とし、25以上の場合だと肥満、BMI18.5未満を低体重と定義しているのです。

毎日のように横向きのままでテレビを見つめていたり、思いっ切り頬杖をついたり、ハイヒール等を毎日履いたりといった癖や習慣は体の左右の均衡を崩してしまう原因となります。



塩分や脂肪の大量摂取は避けて自分に合った運動を心がけるだけでなく、ストレスの少ない毎日を心がけることが狭心症を起こす動脈硬化を予め防ぐ知恵です。

結核菌(Mycobacterium tuberculosis)は、患者さんがゴホゴホと「せき」をすることによって外気に撒かれ、空中にフワフワ移動しているのを誰かが呼吸の際に吸い込むことによって感染していくのです。

現在の手術室には、トイレや専用の器械室、手術準備室を備えさせ、オペ中にレントゲン撮影するためのX線装置を備えておくか、そうでなければ近距離にX線装置の専門室を付属させるのが常識だ。

2005年2月1日以後新たにトクホ(特保)の入れ物には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意喚起のキャッチコピーの明記が食品メーカーの義務となった。

ダイエットに勤しむあまりカロリー摂取を抑える、食事を飛ばす、こんな生活を続けると結果的に栄養をも不足させ、慢性の冷え性をもたらすことは、多くの医療従事者が言われているのです。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:いmaki
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/e6kkppi3/index1_0.rdf