母の滴プラセンタEXを使ってみると

April 17 [Wed], 2013, 23:52
母の滴プラセンタEXも使ってみたいですね。温泉(規定の成分が含まれていなくても、湧き出た時の温度が25℃以上なら温泉法の定義では、温泉となります)には、その源泉の種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)によりさまざまな効能があることが知られています。当然、更年期(日常生活を送ることすら難しくなるくらいの不定愁訴が起こることも多いでしょう)障害にも良いとされている温泉(規定の成分が含まれていなくても、湧き出た時の温度が25℃以上なら温泉法の定義では、温泉となります)があるのです。更年期障害は閉経(骨粗しょう症になりやすいといわれていますね)に伴い女性ホルモン(卵胞ホルモンのエストロゲン、黄体ホルモンのプロゲステロンの二種類が有名で、分泌量が減ると様々な不調が現れます)が減少するため、ホルモンバランスが崩れて起きるかも知れませんね。ですので、特定の期間を過ぎれば解消するとも考えられているのですが、その期間も人それぞれにさまざまで、何年もひどい症状が続く人もいらっしゃるみたいです。ホルモンバランス(一般的には、女性ホルモンであるエストロゲンとともにプロゲステロンのバランスですね)が崩れることで自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症と呼ねれる状態になります)が正常に機能しなくなる為、体調不良(不良が使う不良用語の中には、一般的に使われるようになったものも少なくないでしょう)のみならず精神的に不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)定になることも知られています。サプリメント(中には粗悪品もありますから、信用できる会社の商品を選ぶことが大切です)や薬を服用しても、人によっては改善度合いには結構な差があると思います。そのために、女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)同士でも割と症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が軽い人には症状が重い人が理解できずに、「甘えている」と思われがちなところがあるんです。そんな更年期(日本産科婦人科学会の定義によると、閉経の前後五年間をいいます)障害に良いと言われているのが、硫黄泉・放射能(発電以外にも、レントゲンやガンマ線滅菌など、様々なことに利用されています)泉(ラジウム泉)・食塩泉です。源泉の種類(それぞれに違いがあるものです)により効能には差があるみたいなので、温泉(塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、単純温泉、二酸化炭素塩泉、硫黄泉、放射能泉、酸性泉、鉄泉などがあります)ならなんでも同じと言った訳ではありません。更年期障害の温泉療法は、1日2回、十五分から約二十分度の入浴(江戸時代には男女混浴の銭湯が珍しくなかったのだとか)を出来れば2週間以上続けるのが理想だといわれているようです。もともと温泉(規定の成分が含まれていなくても、湧き出た時の温度が25℃以上なら温泉法の定義では、温泉となります)の湯治は最低2週間程度は必要と言われており、これは更年期(日常生活を送ることすら難しくなるくらいの不定愁訴が起こることも多いでしょう)障害の温泉療法に限られた事ではないのです。週末にちょっと温泉(塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、単純温泉、二酸化炭素塩泉、硫黄泉、放射能泉、酸性泉、鉄泉などがあります)旅行しただけでは、気休め程度だと思った人がいいでしょうね。湯治に出掛けるのは一般人にはなかなか簡単な事ではないのですが、同じような効能を持つ入浴(お風呂に入るだけでなく、水や水蒸気を浴びて体を清潔に保つことをいうようです)剤を使うのも良いでしょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かいとzsn0
読者になる
2013年04月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる