Edyは提携している会社も多く、さまざまなシーンで活用することができます 

August 24 [Mon], 2015, 5:48
携帯電話が財布のように利用でき、クレジットカードからチャージすることも簡単にできます。キャッシュカードやクレジットカードだけでなく、Edyは様々なものに付帯されています。

ショッピングの精算をクレジットで行うことで、Edyポイントも入ります。Edyを他のポイントに移行させたり、逆のケースも可能です。

クレジットカードは様々な理由で作りたくないという方でも、電子マネーだけを使うという方法は便利な存在となります。学生証や社員証にEdy機能をつけるというところもあります。

クレジットカードではないけれど、ポイントカードがEdyと連動している店もあります。WAONカードは、JALのクレジットカードと提携をしています。

電子マネーは現金払いのような買い物ができます。クレジットカードと提携しているということもその最たる物です。

EdyはNTTと提携しているため、Edy機能がついている携帯電話をお財布携帯として使うことで、キャッシュレスの便利な買い物ができます。例えばANAカードの場合は、EdyポイントにANAのマイレージポイントを回すことができるようになっています。

生活の中で活用できる電子マネーの便利な点として、お財布携帯があります。Edyは提携している会社も多く、さまざまなシーンで活用することができます。

クレジットとは別にEdyを使うこともできます。