ブラックリストに載ったら一生消えない? 

May 20 [Fri], 2016, 20:42
ブラックリストという言葉は、多くの方が聞いた事があると思います。

借金を持ち、乱雑に借りすぎている危険人物だっというイメージもありますが、
このブラックリストに載るのは、銀行や、信販や、クレジット会社や、消費者金融業などの
金融機関と何らか取引していて、取引事故が起きた人が載るものなのです。

だから借金をしていて、常に延滞しまくっている注意人物や、債務整理をした人や、
自己破産をした人などが載っているものなのです。

でもこのブラックリストと言うのは、名前が正式な名ではないのです。

ブラックリストと言う、あだ名のようなもので、ブラックの人が載っているリストと言う意味合いで
解りやすく呼びやすいようにブラックリストと言うているのでしょう。

このブラックリストは、信用情報機関の個人信用情報に、ブラックな人ばかり、リストを連ねて載せているものです。

だから、金融機関などの取引で審査がある時に、審査で、信用情報機関に請求すると、開示できて、
それをチェックする事が出来るものなのです。

このブラックリストは、自己破産した人は永久的にリストに載ったままです。

しかしそれ以外の債務整理や、取引事故などの場合であれば、借金を完済出来てから、
5年後にはブラックリストから消え去るようなので、期間限定で載ることがあるのです。

債務整理をすることでブラックリストに載ることを心配する方もいるかもしれませんが、
一生残ってしまうわけではないので過度な心配は不要でしょう。