浅野だけどおぐにゃん

August 15 [Tue], 2017, 22:59
脂溶性であるV.D.は、カルシウムが吸収される行程を促すという事が知られており、血液の中のCa濃度を操作して、筋繊維の機能を操作したり、骨を生成してくれます。
よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化により血管の内側が狭まり、血流が途絶えて、栄養や酸素を心筋まで配達できず、筋肉細胞自体が壊滅状態になる怖い病気です。
汗疱状湿疹は主に掌や足裏、又は指の隙間などに小さな水疱が出る病気で、世間一般ではあせもと言い、足の裏に出来ると水虫と思い込まれる場合が結構あります。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というものは目覚めている覚醒状態で生命を保つ(鼓動、呼吸、腎機能、体温や筋肉の緊張の維持等)のに要る最も小さいエネルギー消費量のことを指しています。
3つのアミノ酸から成るグルタチオン(GSH)には、細胞の機能を悪くしたり突然変異をもたらす人体に害のある物質を身体の内側で解毒し、肝臓の働きを促すような特性が分かっているのです。
HMSの研究によれば、普通のコーヒーと比較して1日あたり2杯よりも多くノンカフェインコーヒーで代用すると、驚くことに直腸ガン発症率を約半分も減らせたとのことだ。
肥満というのは勿論あくまで食生活の内容や運動不足などが原因ですが、内容量の変わらないごはんであれ、短時間で終了する「早食い」をし続けたならば脂肪過多に陥っている肥満を招く可能性が高まります。
人の耳の内部構造は、外側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に分類できますが、中耳のところに様々なばい菌やウィルスなどが感染し、炎症がみられたり、液体が滞留する症状を中耳炎と言います。
季節性インフルエンザワクチン(seasonal influenza vaccine)では、膨大な研究結果により、予防の効能が期待されるのは、注射の約2週間後から約150日間程度だろうということが判明しています。
昨今、若い世代で長期間咳が続く結核(けっかく)に対抗できる免疫を保有していない人々が増加していることや、診断が遅れることなどが原因の集団感染や院内感染が多くなっているようです。
内臓が脂肪過多になっている肥満があり、脂質(lipid)、塩分の過剰摂取などによる「高血圧」、高血糖(こうけっとう)の中で2項目以上に当て嵌まるケースのことを、メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)と名付けています。
急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、一番よくある中耳炎で比較的子供によく起こる病気です。強い耳の痛みや38度以上の高熱、ひどい鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(みみだれ)など多岐に渡る症状が出ます。
暴飲暴食、体重過量、運動不足、遺伝、不規則な生活、仕事などのストレス、高齢化などの複数の誘因が組み合わさると、インスリン分泌が衰えたり、機能が悪くなったりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病を発病することになります。
基礎代謝(BM)とは人間が何もせずに横たわっていても燃焼してしまう熱量のことであり、5割以上を全身の筋肉・内臓の中で一番大きな肝臓・多量の糖質を必要とする脳が使っているのです。
トコトリエノールの機能の中では酸化を遅らせる機能がもっとも有名だと思いますが、他にも肌をきれいにする効果や、血清コレステロールの産生を抑えることが確認されています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:遥
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる