ジョウビタキだけどモノサシトンボ

September 09 [Fri], 2016, 12:05
冬は乾燥が気になって皮膚のケアをしますが、それが反対に吹き出物の数が多くなる引き金になっているように思うことが時々あります。普段は使用しないようなオールインワン化粧品などを使用することが表皮への刺激になり、毛穴のつまりや炎症をもたらして、冬でもニキビが出来てしまうケースがある沿うです。私のニキビケア方法は、幾ら眠くても化粧は必ず落として眠ることです。

メイクを施すことにより、肌へのダメージが大きいと思うので、お肌に休む時間をあげたいのです。



化粧落としにも気を使っています。オイルで落とすタイプや拭き取るタイプなど各種のものを使ってきましたが、ミルク系の化粧落としがお肌を傷つけにくいと思いました。


ニキビ跡としてよくある悩みが、肌にくぼみができてしまうことや肌に黒い跡が残ってしまうことです。クレーターの問題はきちんと皮膚科で診察を受けないと除外することはできませんが、お肌の黒ずみの治療は美白化粧品を使って少しずつ薄くするという方法もあるのです。

私が成人になった時、背中がとても痒くなったので確かめてみると、数えきれない吹き出物ができていたんです。



すぐに皮膚科にかかりました。すると、先生から、「吹き出物はニキビです。
原因は栄養分の偏りなんですが、脂肪分の多いものばかり食べているんじゃないですか?」と通告されてしまいました。チョコがもっともニキビができやすい沿うです。
ニキビは男女にか替らず、一筋縄でいかないものです。


少しでもニキビにならないように気を付けている人は多数いると思います。
ニキビのお手入れ法として有効なものの一つに水洗顔が知られています。ニキビができた途端に、洗顔を何度もしてしまったり、洗浄力の高い洗顔料で顔を洗う方がよいと思ってしまいますが、これは危険なのです。

ニキビが炎症を起こしてしまった場合、洗顔などでちょっと指が触れただけでも痛みを感じたり刺激を感じたりします。
ですから、ニキビが炎症を起こしてしまったら、幾ら気になっても指で触ったりすることは絶対にやめてください。触ると痛いからというだけではなく、それが原因で指から雑菌が入って、もっと炎症がひどくなることがあります。

皮脂腺の炎症を予防するために、私は毎朝、果物を食べるようにしています。その時期の旬のフルーツをどのような状況でも食べています。

果物を摂取するようになってから、お肌を褒める人が多くなり、生理前でも吹き出物が現れなくなりました。



お通じが改善されたことも、吹き出物が発生しなくなった一つと言えるかも知れません。つやつやお肌を保ちつつ、洗い流すことが、ニキビケアの絶対条件。特に大人ニキビのケースは、主要因が乾燥だとされているため、皮脂を取り除きすぎない洗顔がポイントです。

牛乳石鹸ならそれができます。ミルクバターをまぜあわせた牛乳石鹸なら、肌の潤いキープ&汚れ落としで、効き目のあるニキビケアになります。ニキビができてしまう理由のひとつに、乾燥が含まれています。



ニキビは余分な油脂が原因でできているんじゃなかったの?と驚いている人も多いかも知れません。



持ちろん、余分な油脂がせいで毛穴が詰まるのも原因のひとつではありますが、だからといって油脂を落としすぎると、そのせいで肌が乾燥し、それが原因でニキビができてしまうのです。


母親がすさまじくニキビ肌で、私本人も中学からニキビに悩まされ、大人になった現在でも、すぐにニキビができてしまうので、お手入れは意識してしています。そして、みっつになる娘もすでに毛穴に角質がつまり始めています。
残念なことに絶対にニキビのできやすい肌になり沿うです。遺伝は恐怖に値すると思いました。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:莉桜
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/e5prtbu8lepuoo/index1_0.rdf