親友の話なのですが妊活中に薬のようなもの

December 26 [Mon], 2016, 16:09
親友の話なのですが、妊活中に薬のようなものを飲んでいたので、「妊活中に薬を飲んでもいいの?」と聞くと「漢方だよ」と教えてくれました。



彼女によると冷え性や虚弱体質といった体質を改善し、妊娠しやすい体にするために漢方を飲んでいた沿うです。

妊活中は薬を控えた方が良いと聞いていましたが、漢方であれば安全に服用できると思います。

漢方の効果かはよく分かりませんが、彼女は赤ちゃんを授かりました。
ずっと頑張っていたので、本当によかったと、私も嬉しく思っています。
妊婦が摂取することで胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げるという可能性から、「葉酸」は妊娠を計画する女性や妊娠初期の女性が摂取を心がけるように推奨されている栄養素のひとつであると知られています。


日常の食生活で十分な葉酸を摂れるのならば問題ありませんが、つわり等で体調が優れない時には、食事をするのも辛い時がありますよね。


沿うすると食べ物からの摂取が難しい時もありますよね。

沿うした場合、無理な食事は厳禁です。葉酸の摂取はサプリメントに代表される栄養補助食品を摂取することで不足した葉酸を確実に補給できますので、積極的に利用すると良いですね。



妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。できるだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸を多く含む代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性もいらっしゃると思います。
ですが、葉酸というものは熱に弱いため熱を加えてしまいますと葉酸が溶け出てしまっていることもあります。
一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、不足している、という場合もあります。


皆さんご存知のように、妊婦の体に必要不可欠といわれている葉酸、女性の不妊に関係する成分である鉄分は、どちらも不足しがちなものです。一般的な食事では、摂取量が足りません。ですので食事で摂取することに固執せずに、サプリを活用するのがお手軽でおすすめですね。葉酸と鉄分、どちらも入ったサプリも開発されています。こうしたものを利用することで、不足しがちな栄養素を簡単に摂取できますから、安心です。
葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。
一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが重要であると厚生労働省が発表しています。
ところで、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が必要ないのでしょうか。
確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。

ですが全く摂らなくなっても良いのかというとそんなことはありません。お腹の中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を減少指せるという有効性に限った話では、妊娠3ヶ月までの期間が重要な期間だという事です。ですので、この期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという所以です。
不妊治療や妊娠初期に有効と言われる葉酸は、細胞分裂を助けて造血に必須の栄養素です。この効果は不妊改善にも有効で、受精卵が着床しやすいようサポートしてくれ、妊娠のチャンスが直接的に増えることが期待できます。

また、葉酸で血液が増えれば酸素や栄養も運ばれやすくなり、ホルモンバランス(乱れることでニキビや肌荒れなどの皮膚トラブルや生理不順、子宮筋腫、不妊症などが起こるといわれています)が良くなり、不妊対策に良い結果を持たらすのです。不妊でクリニックに通うのはお金がかかりますし、タイムリミットを考えると精神的にもつらいものです。

市町村に申請すると助成金が得られるとはいえ、だいたい40歳以上になると給付回数が減らされる自治体が多いですね。私は40歳以上の人こそ支給回数を増やすべきで、減らすのは言語道断だと思います。私はもうじき40歳ですし、役所にまでリミットを設けられたようで悲しく、これではいけないと思うのですが、何も手につきません。



流産を経験しています。

ずっと欲しかった子供でしたので、とても落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、しばらく経ってから、「子供がほしい、諦めないよう頑張ろう」と決めて妊娠を考えて行動するようになりました。サプリ等で栄養を補給することは持ちろん、妊娠に適した体を創るために、以前から冷え症に悩まされていた私は、運動することを思いつきました。その結果、新陳代謝が良くなっ立ためか、低体温が改善し、基礎体温が上がったので冷え性が改善したんです。
妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」は大変密接に関わりあっています。それというのも、葉酸が、胎児の健やかな成長に働聴かけると言われているからです。

この話は持ちろん、妊娠中だけでなく、妊活中の女性にも同じことが言えますよね。妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、妊娠に適した体で赤ちゃんを授かれるように、妊活中には十分に葉酸を摂るように意識しましょう。



赤ちゃんはオナカの中で細胞分裂を繰り返しながら成長するのですが、ここで葉酸が大切なはたらきをするので、妊娠初期に葉酸が必要不可欠だと言われるのです。
今は葉酸のサプリも入手しやすくなっていますが、葉酸単体の吸収率はそれほど高くないのです。
ですので、総合サプリメントを選ぶと良いですね。総合サプリメントは大変利便性が高いサプリですが、妊婦にとってどんな栄養素が必要であるのか判断の基準がつかず、困ってしまうという方も居ますよね。総合サプリの選び方で悩まれている方は、信用できる赤ちゃん用粉ミルクの成分を目安に、サプリを選んでみましょう。
粉ミルクには赤ちゃんに必要な成分が揃っていますので、それを目安にサプリを選べば安全です。
葉酸の摂取について、最も理想的なのは食事で摂る事です。


具体的に、葉酸を多く含む食品は、夏が旬のモロヘイヤですとか、小松菜、菜の花などを挙げることが出来るでしょう。
また、他にも枝豆、納豆といった大豆製品や、ホタテなども含有量が多いです。

ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのが大変だという方は、無理をせずサプリ等、栄養補助食品を活用しましょう。サプリなんて、と感じる方も居るかもしれませんが、サプリでの摂取は厚生労働省も推奨している摂取法ですし、理想的な摂取量を簡単に摂取できるという所以ですね。

意外に思われるかもしれませんが、妊活中にも亜鉛をしっかりと摂取するようにしましょう。
その理由は、亜鉛が卵巣に働聴かけることで、グレードの高い卵子を成育するために、欠かせない栄養素だという事が報告されているからです。


女性のみならず男性が摂取した場合、健康的な精子の増加をサポートしてくれるのです。
妊活中のご夫婦ふたりで、十分な亜鉛摂取に取り組む事を初めてみてください。



妊娠しづらい状況を改善するためには、普段の食生活の見直しも大事でしょう。

精子や卵子は、パパ・ママの栄養をベースにして造られるのですので、乱れた食習慣を続けていては卵子や精子の活発さは、望むほうが無理なのではないでしょうか。



育児は体力勝負と言いますが、妊娠は健康が大事です。

健康的な食生活を続けていくことが大事です。


妊娠を望んでいる方や妊娠初期の方へのアドバイスなのですが、日ごろの食事に気を付けていただきたいことは持ちろん、それに加えて葉酸を補給することを厚生労働省が勧めており、各産婦人科やクリニックでも、沿うした指導がされるようになっています。
葉酸の適切な摂取は、胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。
サプリメントによる補給もおススメですが、赤ちゃんに悪影響が無いように、無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事を大事です。妊娠ひと月前から妊娠初期段階の妊婦において葉酸が大切なはたらきをすることを知っていますか。

胎内でげんきな赤ちゃんを健やかに育てるために、葉酸サプリメントで補いながら、葉酸不足に陥らないようにしてください。

理想的な摂取量としては、厚生労働省の発表によると一日に0.4mgを摂取する必要があるみたいですね。


これだけの葉酸を野菜だけで摂ろうとするとあまり現実的ではないんです。
ですので葉酸サプリで補給するのが良いと思います。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:マコト
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる