広島の豊田が引退=プロ野球歴代10位157セーブ 

2011年10月24日(月) 17時01分
 広島の豊田清投手(40)が24日、引退を発表した。本人が球団に申し入れ了承された。今季は32試合に登板して2勝1敗。右足内転筋を痛め、9月30日に出場選手登録を抹消されていた。このまま退団する。
 マツダスタジアムで記者会見した豊田は「自分のボールが投げられなくなった。みんなの支えの中、自分の器を超えてやってこられた。大満足です」と振り返った。
 豊田は同朋大からドラフト3位で1993年に西武入団。当初は先発で活躍したが、2001年以降はリリーフとなり、制球のいい直球とフォークボールを武器に2002、03年の最優秀救援投手に輝いた。フリーエージェント(FA)権を行使して06年に巨人へ移籍。今季から広島に移っていた。通算成績は558試合に登板し66勝50敗。プロ野球歴代10位の157セーブ、防御率は2.99。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111024-00000089-jij-spo
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します。


 


【お得情報】関連情報は楽天市場で最安値検索可能!通販はダンゼン安い&お得。