原発再稼働について。 …2か月前のものですが

September 11 [Tue], 2012, 6:47
原発関連で、家族共用のevernoteに親父から書き込みがあったのですが、さっきまで見落としていました。
完全に機を逸した感がありますが、一応載せておきます。
以下のコピペは専門家個人としての意見だそうですが、例のごとく、参考にするor軽い読み物程度で扱うように願います。
68に総理大臣が8月中に原発2基を再稼動するよと言いました。
理由は国民生活を守るためと説明しました。
さて、個人的意見を以下に述べます。
安全なの本当に安全なの安全です。
たぶん。
大飯原発2基は。
ですけどね。
まだ福島第一は収束してないし、原因もはっきりしないのに、いいの収束していません。
原因はほぼ津波です。
でも地震の影響もありそうです。
ただ、地震だけなら、あそこまでひどい状況にはなりません、たぶん。
で、いいのと聞かれれば、だめです。
ただ、安全の問題よりも、手続と説明責任が不足という理由です。
安全の面で言えば、最低でもストレステストの二次評価までしないとね。
ストレステストはしたんじゃないの一次評価はしました。
二次評価は半年前に終わらせると保安院が言ってましたが、電力会社は無視。
なので二次評価はしてません、たぶんわざとしてません。
二次評価までしてストレステストは完了です。
なんで二次評価しないのしちゃうと、運転できないという結果になる原発があるから、たぶん。
日本海側の新しいめの原発は、二次評価に耐えられる、たぶん。
でも、古い原発と新しくても太平洋側の原発は耐えられないと思う。
なんで、たぶんクリスタル 悪質を連発するの電力会社がデータをすべて公開しないからです。
都合の悪いデータは小学生のように隠しています。
じゃあ、原発再稼動はどうやって決めたらいいと思うの安全性や経済性は三番目以降だと思う。
一番重要なのは、みんなが知識を増やして感情を理性に近づけること。
二番目は、国や電力会社が信用されること、です。
感情を理性に近づける原発を動かすと潜在的な危険が生じます当たり前です。
仮に、自分の子供を青い自動車に乗せると、20万分の1の確率で死亡する、ことが事実なら、世の中のお母さんは青い車には乗せません。
当たり前です。
でもそれは、実は感情的です。
原発再稼動はこんな感じだと思います。
さて、自動車事故で死ぬ確率は、1万分の1です。
また、一生涯で交通事故に遭う確率はなんと、2分の1です横浜市調べ。
この確率を感情的に判断したら、すべての色の自動車に乗れないし、しかも、外へ出られないですね。
じゃあ、どうしたらいいのよ国や電力会社が信用できるデータをすべて出す。
そして、理性的に判断するということです。
そうすればおのずと安全性や経済性のことも、きちんと判断できる状態になります。
判断結果がみんな同じになるわけないじゃん最後は多数決しかないですね。
理性的になればなるほど、個々の状況が判断基準になっちゃいますし。
つまり、原発で地域が潤う人たちや経済界は賛成する人が多いでしょうし、それ以外は反対する方向でしょう。
あかんやん、なんかあかんやん。
結局、先進国っぽい生活はしたければ、一部の原発再起動を許す。
昭和50年代もしくは北朝鮮っぽい生活でよければ、原発すべて再稼動反対。
でも、原発による精嵩I圧力ないし、子供たちや子孫が少し幸せになる。
つまりこのタイミングでの原発再稼動は江戸時代のやり方、これはあかん。
将来の再稼動は各自自分で判断しましょう。
おまけ確率とか使わずに説明できないの確率をゼロにできないの原発には潜在的な危険があります。
まあほとんどの科学技術はそうです。
それが顕在化しないようにできるだけ確率を下げるのです。
飛行機が墜落して死ぬ確率はあります。
これを避けてゼロにするには墜落しないようにしましょう。
空を飛ばないことです。
安全装置はあくまで確率減らしです。
つまり答えは、新幹線かなんかで移動するです。
これで墜落死の確率はゼロです。
今回の原発事故は電気がなくなって、水を送れなくなって、冷やせなくて水素爆発メルトウン。
じゃあ、答えは、電気がなくても、水がなくても冷やせればいいんです。
つまり空冷です。
しかも電気なしの自然冷却で空冷です。
んなことできるのかって20年前からそういう原子炉の設計を日本原子力研究所現日本原子力研究開発機構でしてます。
高温ガス炉です。
で、設計上は空冷可能です。
実現するための研究はまだまだ技術的なハードルがありますが、一番うっとおしいのは、経産省と電力会社と原研や大学の高速炉好きな人たちが間接的に研究の邪魔することです。
まあ、文科省は助力も邪魔もしないだけマシです。
さて、今後どうなるかはわかりませんが、科学技術を進歩させて、贅沢に生きるのも答えのひとつ、だと思います。
逆に文化的な生活を捨てて、自然と共に生きるのも答えのひとつ、です。
でもこれするとワイルドだろー824現在ではまだ全国の原発のストレステストが終了していない様なので、いざ再稼働、という段階ではないようですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:e4mnnsyxv1
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/e4mnnsyxv1/index1_0.rdf